健康情報ニュース.com >  健康食品  > 企業 > JIHFS、5月より原材料GMPスタート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年04月24日

JIHFS、5月より原材料GMPスタート

 (一社)日本健康食品規格協会(JIHFS)は24日、東京・上野にある東京文化会館で記者発表を行った。JIHFS理事長の池田秀子氏は会見で、5月1日より新たに「GMPIM(Good Manufacturing Practice for Imported Materials)」認定事業をスターとさせることを明らかにした。

説明する池田秀子理事長

 JIHFSはこれまで、健康食品の製造における品質・管理体制が適切に行われているかどうかをチェックする健康食品GMP認定、健康食品に使用する原材料が適切に製造・管理されているかをチェックする原材料GMP、海外から輸入されている健康食品の品質管理のあり方をチェックする輸入健康食品GMPIを運用してきた。5月から輸入原材料の品質管理体制をチェックする健康食品輸入原材料GMPIMを実施する予定。

 同認証は原産国における「品質管理体制の確認・監査実施」、「輸送による品質への影響」、「ロットごとまたは輸入ごとの同一性確認」などを品目別に認証する。
 料金は初回認証がJIHFS会員40万円、非会員が65万円。1年後および2年後の中間監査は会員が15万円で非会員が25万円。3年後の認証更新料は会員が40万円、非会員が65万円の予定。

GMPIM規範書 導入の背景には、我が国で4月1日から機能性表示食品制度がスタートし、健康食品の安全性がより重要視されるようになったことがある。「品質が表示に反映される」と同理事長。民間の責任で、研究レビューによる実証により機能性表示が可能となる新制度下では、「一定の安全性と品質が確保されているかどうかを確認することが一層重要になる」としている。

 また、安全性確保対策で消費者庁が推奨しているGMP工場による製造だが、原材料の100%同一性試験を義務付けている米国のcGMPでさえ「不十分」と池田氏は言う。サプリメントメーカーがcGMPですべての原材料においてロット毎に100%同一性を確認することは至難の技とし、「分析力」「試験の選定法」など、事業の規模や方針によってバラツキが出るだろうとの考え。実際に米国では「cGMPが義務化されて5年経過したが、実施状況は惨憺たるもの」(同)という。
 有効性と安全性を担保するのが品質で、最終的に表示に反映されるが、池田理事長は「我が国では輸入原材料の品質確保についてどうするか、管理体制をどう取るかが論じられてこなかった。これが大きな課題だった」と述べ、「原材料サプライヤーによる自社製品の品質を保証をすべき」との考えからGMPIMの実施に踏み切ったという。

【田代 宏】

 

おススメ記事

2018年06月29日

【7/18】消費者行政新未来創造オフィスシンポジウム

 消費者庁は7月18日、「消費者行政新未来創造オフィス・愛媛県・愛媛大学シンポジウム」を愛媛大学・南加記念ホール(愛媛県松山市)で開催する。定員250人、参加費は無料。  プログラムは「食べきり侍 参上!」、「学生が運営 […]

伊藤園、ポケモンパッケージの『ポケットべジ』発売

 (株)伊藤園(東京都渋谷区、本庄大介社長、TEL:0800-100-1100)は7月2日、(株)ポケモン(東京都港区、石原恒和社長)とタイアップし、パッケージにポケモンたちをデザインした野菜・果実ミックス飲料『充実野菜 […]

永谷園、黄金しじみエキス配合のみそ汁を数量限定発売

 (株)永谷園(東京都港区、飯塚弦二朗社長)は7月から、黄金しじみエキスを配合した『1杯でしじみ70個分のちから みそ汁』『――塩分控えめ』を数量限定で順次発売する。黄金しじみは、台湾の花蓮にある水産養殖専業区で育てられ […]

ル・パティシエヨコヤマ、洋菓子を自主回収

 消費者庁のリコール情報サイトは28日、(有)ル・パティシエヨコヤマ(千葉県習志野市)による洋菓子の自主回収情報を掲載した。  対象商品は『谷津干潟の卵』。アレルゲン(小麦)の記載漏れのため、自主回収している。連絡先はT […]

2018年06月29日

ビフィズス菌が産生する酸に新たな作用

 協同乳業(株)(東京都中央区、尾崎玲社長)は28日、腸内ポリアミンが複数の腸内細菌の代謝経路を経由して生合成され、その生合成経路はビフィズス菌などが産生する酸によって作動することを確認したと発表した。研究成果は学術誌『 […]