健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > JHNFAの新ビジネス、500万円以下で
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年11月25日

JHNFAの新ビジネス、500万円以下で

<確認するが、「説明責任はあくまで事業者に」>
 (公財)日本健康・栄養食品協会(JHNFA)はきょう(25日)、「食品の新たな機能性表示制度に向けて」と題するセミナーをヤクルトホール(東京都港区)で開催し、消費者庁の新制度を利用した新たなビジネスについて説明した。約500人の業界関係者が参加した。

 新ビジネスは、新制度で企業が届け出るシステマティック・レビュー(SR)の結果や安全性情報などについて、JHNFAが「確認」するという内容。JHNFAの既存サービスのGMP認定制度や安全性自主点検認証制度も活用する考えを示した。”セット販売”で500万円以下の費用になると説明した。

 パネラーから「(500万円は)ちょっと高いかな」の指摘も。これに対し、JHNFA理事長の下田智久氏は「フルコースの場合で500万円を超えない。GMP認定をすでに取得している企業では、その分を差っぴく」と述べた。また、JHNFAがSRの結果などを確認したとしても、「説明責任はあくまでも事業者にある」と強調した。

<望まれる事前登録の普及>
 前消費者庁長官の阿南久氏は講演で、国民の4割が健康食品を摂取している状況を挙げ、適切な表示を企業に要望。企業と消費者がよい関係を作り、健全に成長していくことを求めた。

 JHNFA「機能性評価委員会」座長代理の唐木英明氏は、SRの考え方について解説した。利益相反については、企業から費用をもらった研究は成果が甘くなりがちと指摘。利益相反がある場合はその分を差し引いて論文を見るべきと述べた。出版バイアスについては、ネガティブな試験結果でもその成果を残しておくために、試験の事前登録の普及が望ましいと主張した。

 (株)AFC-HDアムスライフサイエンス・専務取締役の西村健一氏は「健康食品業界が『食品の新たな機能性表示制度』に望むこと」をテーマに講演。定量・定性の確保のために、GMP準拠の生産管理が望ましいとし、自社工場の取り組み状況を紹介した。

【越中 矢住子、木村 祐作】

おススメ記事

厚労省、2020年版食事摂取基準の検討開始

<高齢者の低栄養・フレイル予防など課題に>  2020年度から使用する食事摂取基準を策定するため、厚生労働省の「『日本人の食事摂取基準』策定検討会」は20日、初会合を開き、検討に着手した。来年3月までに報告書を取りまとめ […]

山形県、健康づくりステーション創設支援事業を開始

 山形県はこのほど、やまがた健康づくりステーション創設支援事業の企画提案の募集を開始した。採択件数は広域集客型が2件(補助金額:最高265万円)、地域密着型が10件(同:最高20万円)。5月23日に締め切る。  広域集客 […]

2018年04月20日

【5/9】バイオバンク活用の補助制度説明会

 (公財)北海道科学技術総合振興センター(ノーステック財団)と札幌市は5月9日、「バイオバンク活用のための補助制度説明会」をTKP札幌駅カンファレンスセンター(札幌市北区)で開催する。  ノーステック財団と札幌市は、北海 […]

ファミリーマート、全粒粉サンドを発売

  (株)ファミリーマート(本社:東京都豊島区、澤田貴司社長)は24日、超微細粉末の全粒粉を使用した食パンのサンドイッチ『全粒粉サンド 野菜ミックス』と『――半熟たまごとサラダチキン』を全国のファミリーマート、サークルK […]

新・大手食品営業マンの告白~カバちゃん伝説(3)

山笠太郎 <カバちゃん一世一代の危機>  ゲス6人組は、大手食品メーカーの本部長クラスのお歴々と、日本でも有数な食品卸・△△商事の「泣く子も黙る」土井本部長だった。幸いにも、そこに小生はいなかった。カバちゃんのお供をして […]