健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > JHNFAの新ビジネス、500万円以下で
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年11月25日

JHNFAの新ビジネス、500万円以下で

<確認するが、「説明責任はあくまで事業者に」>
 (公財)日本健康・栄養食品協会(JHNFA)はきょう(25日)、「食品の新たな機能性表示制度に向けて」と題するセミナーをヤクルトホール(東京都港区)で開催し、消費者庁の新制度を利用した新たなビジネスについて説明した。約500人の業界関係者が参加した。

 新ビジネスは、新制度で企業が届け出るシステマティック・レビュー(SR)の結果や安全性情報などについて、JHNFAが「確認」するという内容。JHNFAの既存サービスのGMP認定制度や安全性自主点検認証制度も活用する考えを示した。”セット販売”で500万円以下の費用になると説明した。

 パネラーから「(500万円は)ちょっと高いかな」の指摘も。これに対し、JHNFA理事長の下田智久氏は「フルコースの場合で500万円を超えない。GMP認定をすでに取得している企業では、その分を差っぴく」と述べた。また、JHNFAがSRの結果などを確認したとしても、「説明責任はあくまでも事業者にある」と強調した。

<望まれる事前登録の普及>
 前消費者庁長官の阿南久氏は講演で、国民の4割が健康食品を摂取している状況を挙げ、適切な表示を企業に要望。企業と消費者がよい関係を作り、健全に成長していくことを求めた。

 JHNFA「機能性評価委員会」座長代理の唐木英明氏は、SRの考え方について解説した。利益相反については、企業から費用をもらった研究は成果が甘くなりがちと指摘。利益相反がある場合はその分を差し引いて論文を見るべきと述べた。出版バイアスについては、ネガティブな試験結果でもその成果を残しておくために、試験の事前登録の普及が望ましいと主張した。

 (株)AFC-HDアムスライフサイエンス・専務取締役の西村健一氏は「健康食品業界が『食品の新たな機能性表示制度』に望むこと」をテーマに講演。定量・定性の確保のために、GMP準拠の生産管理が望ましいとし、自社工場の取り組み状況を紹介した。

【越中 矢住子、木村 祐作】

おススメ記事

正栄食品工業、東証1部へ昇格

 正栄食品工業(株)(本社:東京都台東区、本多市郎社長)は21日、28日付で同社株式が東京証券取引所市場第2部から第1部銘柄に指定されることになったと発表した。  同社では、国内外から厳選された安全・安心の食品を提供する […]

2017年07月24日

バイオヘルスリサーチリミテッド、2件目のアンチ・ドーピング認証

 サプリメントのアンチ・ドーピング認定機関であるLGC社(英国)の日本総代理店を務める(有)バイオヘルスリサーチリミテッド(東京都文京区、池田秀子代表)は24日、日本ハム(株)の『イミダの力(粉末)』が、LGC社のインフ […]

2017年07月24日

味覚糖とのコラボ商品、バカ売れで販売一時停止に

 (株)コンプ(本社:東京都千代田区、鈴木優太代表)は、7月11日から販売しているグミタイプの栄養補助食品『COMPグミ』が、当初の想定を大幅に上回る販売量で供給体制が追い付かないことから、販売を一時停止すると発表した。 […]

2017年07月24日

神明、雪国まいたけの株式取得

 (株)神明(本社:神戸市中央区、藤尾益雄社長)は21日、Bain Capital Private Equity, LP(ベインキャピタル)から(株)雪国まいたけ(本社:新潟県南魚沼市、足利巌社長)の株を49%間接取得す […]

2017年07月24日

【7/26】WFJ、レセプションパーティー開催

 食と健康の展示会「ウェルネスフードジャパン(WFJ)事務局は26日、東京ビッグサイト(東京都江東区)東2ホール「インターナショナルラウンジ」でレセプションパーティーを開催する。参加費は1人2,000円。出展社は2人まで […]