健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > JHNFAの新ビジネス、500万円以下で
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年11月25日

JHNFAの新ビジネス、500万円以下で

<確認するが、「説明責任はあくまで事業者に」>
 (公財)日本健康・栄養食品協会(JHNFA)はきょう(25日)、「食品の新たな機能性表示制度に向けて」と題するセミナーをヤクルトホール(東京都港区)で開催し、消費者庁の新制度を利用した新たなビジネスについて説明した。約500人の業界関係者が参加した。

 新ビジネスは、新制度で企業が届け出るシステマティック・レビュー(SR)の結果や安全性情報などについて、JHNFAが「確認」するという内容。JHNFAの既存サービスのGMP認定制度や安全性自主点検認証制度も活用する考えを示した。”セット販売”で500万円以下の費用になると説明した。

 パネラーから「(500万円は)ちょっと高いかな」の指摘も。これに対し、JHNFA理事長の下田智久氏は「フルコースの場合で500万円を超えない。GMP認定をすでに取得している企業では、その分を差っぴく」と述べた。また、JHNFAがSRの結果などを確認したとしても、「説明責任はあくまでも事業者にある」と強調した。

<望まれる事前登録の普及>
 前消費者庁長官の阿南久氏は講演で、国民の4割が健康食品を摂取している状況を挙げ、適切な表示を企業に要望。企業と消費者がよい関係を作り、健全に成長していくことを求めた。

 JHNFA「機能性評価委員会」座長代理の唐木英明氏は、SRの考え方について解説した。利益相反については、企業から費用をもらった研究は成果が甘くなりがちと指摘。利益相反がある場合はその分を差し引いて論文を見るべきと述べた。出版バイアスについては、ネガティブな試験結果でもその成果を残しておくために、試験の事前登録の普及が望ましいと主張した。

 (株)AFC-HDアムスライフサイエンス・専務取締役の西村健一氏は「健康食品業界が『食品の新たな機能性表示制度』に望むこと」をテーマに講演。定量・定性の確保のために、GMP準拠の生産管理が望ましいとし、自社工場の取り組み状況を紹介した。

【越中 矢住子、木村 祐作】

おススメ記事

2017年09月22日

ライオン、機能性表示食品『歩むチカラ』を発売

 ライオン(株)(本社:東京都区、濱逸夫社長、TEL:0120-056-208)は26日、機能性表示食品の粉末清涼飲料『歩むチカラ レモン味』『――アップル味』『――フルーツヨーグルト味』(5.5g×30本)を発売する。 […]

公取、カネスエ商事とワイストアに不当廉売で警告

 キャベツなどの価格を不当に引き下げて販売したとして、公正取引委員会は21日、食品スーパーを経営する(株)カネスエ商事(愛知県日進市、牛田喜博代表)と(株)ワイストア(愛知県津島市、伊藤彰浩代表)に対し、不当廉売を行わな […]

2017年09月22日

日本雑穀アワードデイリー&テイクアウト食品部門、2社5商品が金賞

 (一社)日本雑穀協会(東京都中央区)は21日、日本雑穀アワードデイリー&テイクアウト食品部門<2017・秋>の金賞受賞企業と商品を発表した。金賞を受賞したのは2社5商品。同協会は28日午後2時から、製粉会館(東京都中央 […]

糖尿病が強く疑わる人、過去最多の1,000万人に

<高齢女性の「低栄養」も増加傾向>  「糖尿病が強く疑われる者」が全国で過去最多の約1,000万人に上ることが21日、厚生労働省の調査結果からわかった。  2016年国民健康・栄養調査の結果によると、「糖尿病が強く疑われ […]

2017年09月22日

機能性表示食品で新たに届出2件を公表

 消費者庁は21日、機能性表示食品で新たに2件の届出を公表した。公表されている届出件数は合計1,097件となった。  (株)ビオメディクスのサプリメント『ビフィミン』は、ビフィズス菌BB536を含有し、「腸内環境を良好に […]