健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > JHNFAの新ビジネス、500万円以下で
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年11月25日

JHNFAの新ビジネス、500万円以下で

<確認するが、「説明責任はあくまで事業者に」>
 (公財)日本健康・栄養食品協会(JHNFA)はきょう(25日)、「食品の新たな機能性表示制度に向けて」と題するセミナーをヤクルトホール(東京都港区)で開催し、消費者庁の新制度を利用した新たなビジネスについて説明した。約500人の業界関係者が参加した。

 新ビジネスは、新制度で企業が届け出るシステマティック・レビュー(SR)の結果や安全性情報などについて、JHNFAが「確認」するという内容。JHNFAの既存サービスのGMP認定制度や安全性自主点検認証制度も活用する考えを示した。”セット販売”で500万円以下の費用になると説明した。

 パネラーから「(500万円は)ちょっと高いかな」の指摘も。これに対し、JHNFA理事長の下田智久氏は「フルコースの場合で500万円を超えない。GMP認定をすでに取得している企業では、その分を差っぴく」と述べた。また、JHNFAがSRの結果などを確認したとしても、「説明責任はあくまでも事業者にある」と強調した。

<望まれる事前登録の普及>
 前消費者庁長官の阿南久氏は講演で、国民の4割が健康食品を摂取している状況を挙げ、適切な表示を企業に要望。企業と消費者がよい関係を作り、健全に成長していくことを求めた。

 JHNFA「機能性評価委員会」座長代理の唐木英明氏は、SRの考え方について解説した。利益相反については、企業から費用をもらった研究は成果が甘くなりがちと指摘。利益相反がある場合はその分を差し引いて論文を見るべきと述べた。出版バイアスについては、ネガティブな試験結果でもその成果を残しておくために、試験の事前登録の普及が望ましいと主張した。

 (株)AFC-HDアムスライフサイエンス・専務取締役の西村健一氏は「健康食品業界が『食品の新たな機能性表示制度』に望むこと」をテーマに講演。定量・定性の確保のために、GMP準拠の生産管理が望ましいとし、自社工場の取り組み状況を紹介した。

【越中 矢住子、木村 祐作】

おススメ記事

香港衛生署、健康食品から医薬品成分検出

 (国研)医薬基盤・健康・栄養研究所は18日、香港衛生署が医薬品成分を含む健康食品について注意喚起したことを公表した。  香港衛生署が買い上げ調査を実施した結果、インターネット上で痩身効果を標ぼうして販売されていた『マッ […]

山田養蜂場、『はちみつバーモントドリンク』発売

 (株)山田養蜂場(岡山県苫田郡、山田英生代表、TEL:0120-38-38-38)は18日、健康飲料『はちみつバーモントドリンク』(125ml×24本)を直営店と通信販売サイトで発売した。  完熟ハチミツを発酵させたハ […]

2018年06月19日

天真堂、『sakuraim オールインワンクール美容液』キャンペーン実施

 医薬部外品・化粧品OEM事業の(株)天真堂(本社:東京都江東区、児玉和之社長)は29日~7月8日の期間、『sakuraim オールインワンクール美容液』のプレゼントキャンペーンを実施する。  インスタグラムで「アカウン […]

「お試し」定期購入トラブル、改正特商法の施行後も一向に減らず

<18年度は前年度を上回るペース>  昨年12月1日の改正特定商取引法の施行後も、健康食品などの「お試し」定期購入トラブルに関する消費者相談件数が一向に減少していないことが19日、健康情報ニュースの取材でわかった。  健 […]

秋田県、「あきた発酵ツーリズムロゴマーク」の使用規程を発表

 秋田県は18日、県内の発酵食品のPRを目的とする「あきた発酵ツーリズムロゴマーク」の商品使用規程を制定したと発表した。発酵食文化を誘客に活用する「あきた発酵ツーリズム」と連動した取り組みとしている。  規程によると、ロ […]