健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > JHNFA、混乱の「認識ない」(後)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年03月26日

JHNFA、混乱の「認識ない」(後)

(公財)日本健康・栄養食品協会(JHNFA)が25日に開催したメディア懇談会で、JHNFA首脳陣とNET-IB記者の間で、新たな機能性表示制度について質疑応答が行なわれた。主なやり取りを報告する。

 記者 消費者庁が導入する新たな機能性表示制度について、昨春以降、JHNFAは「第三者認証制度」の導入を要望してきたが、現在も求めているのか?

JHNFA 昨年7月に「トップセミナー」で考え方を示したが、「企業等の責任において」ということで、団体としてやるのならばこういうスキームが考えられる、ということを提示した。

 記者 トップセミナーに参加した業界関係者は、第三者認証制度が導入されて、JHNFAが認証団体になると誤解し、その後混乱が続いた。業界を混乱させたという認識はあるか?

 青山氏 ありません。

 記者 先ほどの青山事務局長の説明では、スキームを説明しただけということだが、それならば、鴨下一郎議員や山東昭子議員などの政治家の力を借りて、第三者認証制度を導入しようとするのは、矛盾ではないか?

 青山氏 JHNFAの会長は山東議員であり、会長が食品の機能性表示を円滑に遂行したいということで、議員の先生たちと勉強会を開いている。

 記者 山東議員が自ら(研究会の発足を)発案したのか。JHNFAからは一切、依頼していないということか?

 青山氏 議員の勉強会なので、山東議員が中心になって行なっている。

 記者 JHNFAが依頼した事実があるのか、ないのか?

 青山氏 山東議員はJHNFAの会長であり、当然、協会内のことは知っているので、自分のところでしっかりと動かなければならないという判断だったと理解している。

 記者 先ほど青山事務局長は、混乱を招いたという認識は「ない」と答えたが、下田理事長も同じ認識か?

 下田智久理事長(以下、下田氏) (発言せずに、首を縦に振る)

 記者 コメントしてもらえないか?

 下田氏 (青山事務局長の発言内容について)そのとおり。

 記者 消費者庁が第三者認証制度ではなく、米国型制度を導入することについて、前回のメディア懇談会でJHNFAは「1担当官の見解」との考え方を示したが、現在の認識はどうか?

 青山氏 消費者庁は検討会の結果を受けて、具体的な方針を正式に公表すると思っている。

 記者 米国制度を参考にして、企業の自己責任で表示する制度を作ることは、すでに明確にされているが。

 青山氏 「企業等の責任において」ということで「等」が入っている。

 記者 素直に考えた場合、「等」に第三者認証制度が入っているとは思えないが、入っていると考えているのか?

 青山氏 選択肢の一つとして、そういうこともあり得るだろうと考えている。

 記者 日本抗加齢医学会では、新たな機能性表示制度に関連するガイドラインの策定を進めていて、業界団体はそれに協力している。JHNFAでは、国のガイドライン以外に、日本抗加齢医学会がガイドラインを作る必要性があると考えているか?

 青山氏 直接コンタクトを取っているのは健康食品産業協議会であり、JHNFAはその構成員として参加している。日本抗加齢医学会が精力的にガイドラインづくりを検討しているため、非常に注目している。

 記者 質問は、国のガイドラインとは別に、もう一つガイドラインを作る必要があるのかということだが?

 青山氏 そういう特別なところで作る必要があるのか、ないのかについては、まったく考えていない。

(了)
【木村 祐作

おススメ記事

2017年05月29日

健康食品産業協議会、木村会長が再登板

<4分科会で機能性表示食品制度に対応>  (一社)健康食品産業協議会は26日、総会後の講演会で、新たに就任した木村毅会長をトップとする新体制と、2017年度の活動方針を発表した。  木村氏(サプリメント・エブセクティブ会 […]

2017年05月29日

【7/22】データ・マックス、通販ビジネス6カ月集中講座(レベル2)キックオフ

 (株)データ・マックスは7月22日、高橋貞光の通販講座シリーズを都内で開講する。本講座は「成功する通信販売のつくり方 6カ月集中講座(レベル2)」。3月23日(東京)、4月28日(大阪)、5月15日(福岡)で開催した実 […]

2017年05月29日

マツモト交商、乳清由来の新原料「ラクトセラム」を発売

  (株)マツモト交商(本社:東京都中央区、松本俊亮社長、TEL:03-3241-5164)はこのほど、健康食品原料の『ラクトセラム』の供給を開始した。  同原料は、かつて第3類医薬品として使用されていたが、2011年の […]

消費者庁、無資格の医業類似行為に警鐘

 消費者庁は26日、「整体」「カイロプラクティック」などの法的な資格制度がない医業類似行為の手技による事故情報が1,483件寄せられていると発表した。治療期間が1カ月以上となる神経・脊髄の損傷などの深刻な事故も240件を […]

今村彰啓著の電子書籍『できる男のスキンケア・ヘアケア』が発刊

<男性の肌・髪の10大悩みを化粧品で解決>  ごきげんビジネス出版(運営元:スターティアラボ(株)、北村健一社長)はきょう(29日)、男性向けスキンケア・ヘアケアの対処法をまとめた電子書籍『できる男のスキンケア・ヘアケア […]