健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > JHNFA、混乱の「認識ない」(前)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年03月26日

JHNFA、混乱の「認識ない」(前)

JHNFA消費者庁の新・機能性表示制度をめぐり、(公財)日本健康・栄養食品協会(JHNFA)が第三者認証制度をアピールしたことで、昨夏以降、健康食品業界は混迷したが、25日に開催された「メディア懇談会」でJHNFA首脳陣は、業界を混乱させたという「認識はない」との見解を示した。こうした発言は、JHNFAが要望する第三者認証制度に振り回された業界関係者の間で波紋を広げそうだ。

 メディア懇談会でNET-IB記者が、JHNFAが昨夏に開催した一連のセミナーで、第三者認証制度が導入されるという誤解を業界関係者に与えたことについて質問し、「業界を混乱させたという認識はあるか」と問いただした。それに対し、JHNFAの青山充事務局長は「ありません」と回答。下田智久理事長も「そのとおり」と答えた。

 さらに、青山事務局長は、消費者庁が第三者認証制度を導入する可能性がまだ残っているという、独自の見解を示した。

 しかし、第三者認証制度については、森雅子消費者相をはじめ、消費者庁は導入を否定している。この日開かれた国会でも、森消費者相は第三者認証制度について「『企業等の責任において』という趣旨からすると、非常に困難」と明言。また業界内でも、消費者庁の検討会で米国型制度の議論が進んできたことから、現時点では、国が第三者認証制度を導入すると考える関係者はほとんど見当たらなくなった。青山事務局長の発言内容は、JHNFA独自の”発想”として関係者に受け止められるものとみられる。

 JHNFAは昨年7月、「トップセミナー」を2度にわたって開催。講演で、あたかも第三者認証制度が導入されるかのような話を展開した。その結果、業界では「米国型制度の導入」と「第三者認証制度の導入」という情報が錯そう。昨年末あたりまで、関係者の間で混乱が続いていた。JHNFAの責任を問う声もささやかれるなか、今回の首脳陣の発言に対し、業界関係者の批判が強まるのは必至だ。

 また、今回のメディア懇談会では、第三者認証制度の問題について協会トップの下田理事長が発言するシーンはほとんどなかった。NET-IB記者が執拗に発言を求めた結果、ようやくひと言を発した程度だった。

(つづく)
【木村 祐作】

おススメ記事

遺伝子組み換え表示、コーンフレークの追加を見送り

<検査法の再現性、確認できず>  消費者庁の「遺伝子組み換え表示制度に関する検討会」は17日、遺伝子組み換え(GM)表示制度の対象品目に追加する方向で検討していた「コーンフレーク」について、再現性のある検査法が確立されて […]

ジャパンライフ、1年以内に3度目の行政処分

<3月の行政処分を受け、新たなビジネス>  装着タイプ磁気治療器の販売取引で特定商取引法に違反したとして、消費者庁は17日、ジャパンライフ(株)(東京都千代田区、山口ひろみ社長)に対し、業務提供誘引販売取引について12カ […]

2017年11月17日

フジッコ、黒大豆種皮抽出物で臨床試験終了

 フジッコ(株)(本社:兵庫県神戸市、福井正一社長、TEL:078-303-5925)は、黒大豆種皮ポリフェノールを豊富(58%以上)に含む『クロノケアSP』で、機能性表示食品制度への届出準備に入った。  今年3月に開催 […]

2017年11月17日

コトブキ薬粧、大阪の展示会で新サービス提案

 コトブキ薬粧(株)(本社:大阪市中央区、和田洋治社長、TEL:06-4963-2877)は28日から30日までの3日間、インデックス大阪(大阪市住之江区)で開催される「中小企業新ものづくり・新サービス展」に出展する。大 […]

クリスマス限定パッケージの『Newヤクルト』発売

 (株)ヤクルト本社(本社:東京都港区、根岸孝成社長)は11月下旬~12月下旬の期間、クリスマスシーズン限定パッケージの乳製品乳酸菌飲料『Newヤクルト』、『Newヤクルトカロリーハーフ』を全国で発売する。容器にクリスマ […]