健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > DgS業界、新制度対応で始動(後)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年11月19日

DgS業界、新制度対応で始動(後)

<健康食品市場の半分以上をDgSで>

 現在、薬系ルートの健康食品市場規模は2,000億円強。健康食品市場創造研究会の宗像守氏は、「DgSは将来、健康食品やサプリ市場の半分以上を販売するようになる。健康に良い食材は、スーパーが約7割を売るようになるのではないか」と予想する。

 新・機能性表示制度は、健康食品だけでなく食品全般を対象とする。このため、宗像氏のもとには、大手食品メーカーなどの幹部クラスが日参している。今後のDgSルートでの展開をにらんだ動きとみられる。

 DgSの新たな取り組みに対する健康食品業界の反応はどうか。宗像氏は「セミナーの講演後に名刺交換を行った際、その数の多さに驚いた。原料メーカーや受託製造企業などの薬系ルートに対する関心の高さに驚いている」と話す。「今回の新制度は一般食品も対象になる。大手チェーンDgSが食品部門、とくに機能性食品に関心を示していることから、改めて大手食品メーカーがDgSルートの開拓に意欲をみせているのではないか」としている。

<「健康食品を制す者、ドラッグストアを制す」>

 新たな市場の創造へ向けて、顧客満足にこたえるためには、商品体系や商品構成から陳列、情報提供まで、従来とはまったく異なる新しい方法で取り組む必要がある。また、健康食品の販売を担う店頭スタッフである薬剤師や登録販売者、管理栄養士などが、表示内容を顧客に適切に説明できるように、メーカー側が情報提供することも重要になる。

 そこでDgS業界では、新制度に対応した業界標準商品体系を確立し、健康食品の商品開発をメーカーに働きかけていく考えだ。健康食品の商品づくりでは、重要な役割を担う受託製造企業への協力要請も行う。

 新制度は一般食品や生鮮食品の機能性表示も認めることから、健康食品市場創造研究会では、農産品についても商品体系の確立を目指す。スーパーマーケットはもちろん、DgSでも食品の扱いが増えており、機能性を持つ農産品に対する消費者の関心も高い。2つの商品体系によって、多様化する消費者ニーズに対応していく。
 「健康食品を制す者、ドラッグストアを制す」(DgS業界)、「ドラッグストアを制す者、健康食品を制す」(健康食品メーカー)という考え方のもと、健康食品やサプリメントなどで1兆円超の市場創造を目指す。

【大川 善廣】
※詳細はI.Bヘルスケア22号に掲載

おススメ記事

母乳中のオステオポンチン濃度、産後日数にともない低下

<日本・中国・韓国・デンマークの4カ国による共同研究>  雪印ビーンスターク(株)(本社:東京都新宿区、平田公孝社長)は21日、日本・中国・韓国・デンマークの4カ国間の共同研究で、母乳中のオステオポンチン(OPN)濃度が […]

2018年05月22日

25-ヒドロキシビタミンD3摂取で風邪の症状軽減

 (株)ファンケル(本社:横浜市中区、島田和幸社長)は21日、「25OHDを考える会」との共同研究で、ビタミンDの代謝物である25-ヒドロキシビタミンD3(25OHD)の摂取により、風邪(上気道感染症)の症状が軽減する可 […]

2018年05月22日

イチョウ葉エキスと抗うつ薬で昏睡状態に

 (国研)医薬基盤・健康・栄養研究所は21日、素材情報データベースに、イチョウ葉エキスの安全性情報を掲載した。  イタリアでアルツハイマー型認知症の女性(80歳)が、イチョウ葉エキス(80mgを1日2回)を摂取中に、抗う […]

エバラ食品工業、「エ・バ・ラ、焼肉のたれ」のサウンドが音商標に

 エバラ食品工業(株)(本社:神奈川県横浜市、宮崎遵社長)は21日、テレビCMなどで使用している「エ・バ・ラ、焼肉のたれ」のサウンドを「音商標」として登録出願し、特許庁から許可されたと発表した。  音商標は2015年4月 […]

組み換え表示の見直しでしょうゆメーカーに公開質問状

 食の安全・監視市民委員会は21日、遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーンなどと共同でしょうゆメーカーに送った「遺伝子組み換え表示」に関する公開質問状の結果を公表した。  6社はキッコーマン(株)、ヤマサ醤油(株)、正 […]