健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > DgS業界、新制度対応で始動(前)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年11月18日

DgS業界、新制度対応で始動(前)

<「健康食品市場創造研究会」が発足>

 新・機能性表示制度のスタートに向けて、DgS業界は対応に乗り出した。「健康食品市場創造研究会」を発足させ、商品開発や情報提供のあり方などを研究し、DgSによる健康食品販売1兆円超を目指す。

 同研究会は当面の間、日本リテイル研究所(NRK)に事務所を置き、同研究所の宗像守代表が責任者として運営にあたる。これはDgS業界やスーパーマーケットなどの小売が主体となって、新たな健康食品市場を創造するための組織。商品開発や販売方法の開発などについて、製配販の連携によって取り組む。

 (一社)新日本スーパーマーケット協会、日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)、ドラッグストアMD研究会(DMS)、(一社)日本薬業研修センターなどが協力。同研究会は、(1)新しい健康食品マーケットの創造、(2)メーカーの製品開発や、流通・店舗との連動を円滑に効果的に進める、(3)DgSやスーパーなど小売店舗の効果的な健康食品の販売体制をつくり、マーケット拡大を実現、(4)情報提供などの製配販連携による健食マーケットの育成と販売強化、(5)製配販の発展を通じてセルフメディケーションを推進――などを目的としている。

 同研究会では、健康食品市場の商品群をダイエタリーサプリメント(クラスA)、健康機能を期待して飲食するヘルスフード(食品・クラスB)、健康に良い成分が含まれているヘルシーフード(食材・クラスC)に3分類する。各群の市場を創造するためには、商品体系(部位別・素材別構成など)の整理や、利用者が求める情報を提供するシステムの整備などが必要となる。

 同研究会の宗像氏は、「健康食品市場を牽引して新たな市場を創造するためには、顧客の使用目的に合った豊富な品ぞろえと、信頼される専門情報の提供体制の整備が重要。それが可能な唯一の業態がDgSであると考えている。市場の拡大はDgSの取り組みが握る」と強気の構えだ。

【大川 善廣】

おススメ記事

農水省、食品安全専門の「人材教育コース」検討へ

 農林水産省は20日、食品衛生法の改正によるHACCP制度化や国際競争力の強化に対応するため、「産学官連携による食品安全専門人材育成研究会」を立ち上げて、食品安全管理を専門とする人材の教育コースを検討すると発表した。   […]

公取、紅屋商事に勧告

 公正取引委員会は20日、食品・日用品小売業の紅屋商事(株)(青森市新町、秦勝重代表)に対し、消費税転嫁対策特別措置法に基づく勧告を行ったと発表した。  同社は2014年4月1日以降、今年3月分まで、食品や日用品を納入業 […]

消費者庁長官、ビワ種子の健康茶を引き続き注視

 ビワの種子を使った健康茶や健康食品について、消費者庁の岡村和美長官は20日の定例記者会見で、「現時点で重大事故の報告はないが、引き続き事故情報の収集を行う」と述べた。  (独)国民生活センターが14日に、ビワの種子を含 […]

日清オイリオグループ、鮮度のオイルシリーズ『スヌーピーボトル』発売

 日清オイリオグループ(株)(東京都中央区、久野貴久社長)は7月1日、「鮮度のオイルシリーズ」のラベルにスヌーピーのイラストを施した『スヌーピーボトル』を発売する。  同シリーズには、『日清アマニ油145gフレッシュキー […]

2018年06月20日

美容で「ナッツ類・ドライフルーツ」が人気

 挙式の経験がある、または予定している20~30代女性では、美容のために「ナッツ類・ドライフルーツ」を食べる人が多いことが、ワタベウェディング(株)(京都市下京区、花房伸晃代表)の調査で浮かび上がった。  調査は今年5月 […]