健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > DgS業界、新制度対応で始動(前)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年11月18日

DgS業界、新制度対応で始動(前)

<「健康食品市場創造研究会」が発足>

 新・機能性表示制度のスタートに向けて、DgS業界は対応に乗り出した。「健康食品市場創造研究会」を発足させ、商品開発や情報提供のあり方などを研究し、DgSによる健康食品販売1兆円超を目指す。

 同研究会は当面の間、日本リテイル研究所(NRK)に事務所を置き、同研究所の宗像守代表が責任者として運営にあたる。これはDgS業界やスーパーマーケットなどの小売が主体となって、新たな健康食品市場を創造するための組織。商品開発や販売方法の開発などについて、製配販の連携によって取り組む。

 (一社)新日本スーパーマーケット協会、日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)、ドラッグストアMD研究会(DMS)、(一社)日本薬業研修センターなどが協力。同研究会は、(1)新しい健康食品マーケットの創造、(2)メーカーの製品開発や、流通・店舗との連動を円滑に効果的に進める、(3)DgSやスーパーなど小売店舗の効果的な健康食品の販売体制をつくり、マーケット拡大を実現、(4)情報提供などの製配販連携による健食マーケットの育成と販売強化、(5)製配販の発展を通じてセルフメディケーションを推進――などを目的としている。

 同研究会では、健康食品市場の商品群をダイエタリーサプリメント(クラスA)、健康機能を期待して飲食するヘルスフード(食品・クラスB)、健康に良い成分が含まれているヘルシーフード(食材・クラスC)に3分類する。各群の市場を創造するためには、商品体系(部位別・素材別構成など)の整理や、利用者が求める情報を提供するシステムの整備などが必要となる。

 同研究会の宗像氏は、「健康食品市場を牽引して新たな市場を創造するためには、顧客の使用目的に合った豊富な品ぞろえと、信頼される専門情報の提供体制の整備が重要。それが可能な唯一の業態がDgSであると考えている。市場の拡大はDgSの取り組みが握る」と強気の構えだ。

【大川 善廣】

おススメ記事

アサヒ飲料、カフェイン・脂肪ゼロのラテ発売

 アサヒ飲料(株)(本社:東京都墨田区、岸上克彦社長、TEL:0120-328-124)は5月8日、清涼飲料水『アサヒ クリアラテfromおいしい水』(600ml)を新発売する。  低カロリー、カフェインゼロ、脂肪ゼロに […]

米国の「クラトン」問題、死亡事故44例に拡大中

<クラトンを含む全製品が販売中止に>  米国で疼痛や薬物中毒の治療に使用されてきた「クラトン(別名:アヘンボク)」が健康食品でも使用され、健康被害が拡大中だ。このため、米国政府は関連製品の使用禁止を勧告した。因果関係は明 […]

2018年04月24日

香港日清とカゴメが合弁会社、香港・マカオの野菜飲料販売を展開

 日清食品ホールディングス(株)(本社:東京都新宿区、安藤宏基社長)は23日、子会社の日清食品有限公司(香港日清)とカゴメ(株)が、香港・マカオでの野菜飲料販売事業の合弁会社設立に関する契約を締結したと発表した。  香港 […]

2018年04月24日

JHNFA、機能性表示食品の届出事前確認 5月7日開始

 (公財)日本健康・栄養食品協会(JHNFA)は23日、機能性表示食品の届出支援の1つとして、「届出資料事前点検」の受付を5月7日から開始すると発表した。  「事前点検(初回)」と「再点検(2回目以降)」の2種類のコース […]

2018年04月23日

【4/27】玉川テラス、講座&試食「雑穀とドライフルーツ」を開催

 会員制サロンの玉川高島屋S・C玉川テラス(東京都世田谷区)は27日、講座&試食「雑穀とドライフルーツのある食卓」をテラス内のアクティビティスペースで開催する。定員24人、参加費4,500円。  日本雑穀協会認定の雑穀ク […]