健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > DgS業界、新制度対応で始動(前)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年11月18日

DgS業界、新制度対応で始動(前)

<「健康食品市場創造研究会」が発足>

 新・機能性表示制度のスタートに向けて、DgS業界は対応に乗り出した。「健康食品市場創造研究会」を発足させ、商品開発や情報提供のあり方などを研究し、DgSによる健康食品販売1兆円超を目指す。

 同研究会は当面の間、日本リテイル研究所(NRK)に事務所を置き、同研究所の宗像守代表が責任者として運営にあたる。これはDgS業界やスーパーマーケットなどの小売が主体となって、新たな健康食品市場を創造するための組織。商品開発や販売方法の開発などについて、製配販の連携によって取り組む。

 (一社)新日本スーパーマーケット協会、日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)、ドラッグストアMD研究会(DMS)、(一社)日本薬業研修センターなどが協力。同研究会は、(1)新しい健康食品マーケットの創造、(2)メーカーの製品開発や、流通・店舗との連動を円滑に効果的に進める、(3)DgSやスーパーなど小売店舗の効果的な健康食品の販売体制をつくり、マーケット拡大を実現、(4)情報提供などの製配販連携による健食マーケットの育成と販売強化、(5)製配販の発展を通じてセルフメディケーションを推進――などを目的としている。

 同研究会では、健康食品市場の商品群をダイエタリーサプリメント(クラスA)、健康機能を期待して飲食するヘルスフード(食品・クラスB)、健康に良い成分が含まれているヘルシーフード(食材・クラスC)に3分類する。各群の市場を創造するためには、商品体系(部位別・素材別構成など)の整理や、利用者が求める情報を提供するシステムの整備などが必要となる。

 同研究会の宗像氏は、「健康食品市場を牽引して新たな市場を創造するためには、顧客の使用目的に合った豊富な品ぞろえと、信頼される専門情報の提供体制の整備が重要。それが可能な唯一の業態がDgSであると考えている。市場の拡大はDgSの取り組みが握る」と強気の構えだ。

【大川 善廣】

おススメ記事

2017年10月18日

機能性表示「NG表現集」は効力なし

 健康産業新聞など一部の業界紙がNG表現集などとして報じた機能性表示のいわゆるネガティブリストについて、健康食品産業協議会は「効力を持つ文書としてこのようなものが存在することは承知していない」とその存在を否定した。消費者 […]

北海道、「ヘルシー・Do」フェアを大丸札幌で開催

 北海道経済部食関連産業室は18日、北海道食品機能性表示制度「ヘルシー・Do」の認定を受けた商品を販売する「ヘルシー・Do フェアin大丸札幌店」を大丸札幌店(札幌市中央区)地下1階でスタートさせた。24日まで開催する。 […]

2017年10月18日

プロテインケミカル、機能性表示食品『グルコサミン』の届出を変更

 プロテインケミカル(株)(本社:東京都千代田区、飯田公則社長)は18日、グルコサミン塩酸塩を配合した機能性表示食品『グルコサミン』の届出内容を変更し、消費者庁のホームページに公開されたと発表した。同社は論文を4報追加し […]

ユーグレナ、オールインワンスキンケアクリーム発売

  (株)ユーグレナ(本社:東京都港区、出雲充社長)は17日、オールインワンスキンケアクリーム『oneオールインワンセンシティブスキンクリーム』を新発売する。同社のECサイトで扱う。ユーグレナエキスを配合し、オールインワ […]

コカ・コーラシステム、『リアルゴールド 牡蠣ウコン』を発売

 全国のボトリング会社や日本コカ・コーラ(株)(本社:東京都渋谷区、ホルヘ・ガルドゥニョ社長、TEL:0120-308509)などで構成するコカ・コーラシステムは30日、炭酸飲料『リアルゴールド 牡蠣ウコン』(100ml […]