健康情報ニュース.com >  介護・病者用食品  > 行政・政治

行政・政治 一覧

消費者庁、特別用途食品制度に関する検討会を開催

 消費者庁は17日、「第2回特別用途食品制度に関する検討会」を都内で開催し、特別用途食品制度に「糖尿病食品」といった新たな食品区分を追加する仕組みについて検討に入った。中村丁次座長(神奈川県立保健福祉大学学長)は、「○○ […]

農水省、「そしゃく配慮食品」JAS規格(案)を公表

 農林水産省は19日、そしゃく配慮食品の日本農林規格(JAS規格)(案)を公表した。6月17日までパブリックコメントを募集する。案では、そしゃく配慮食品の定義を「通常の食品に比してそしゃくに要する負担が小さい性状、固さそ […]

農水省の部会、新JAS規格「そしゃく配慮食品(仮称)」(案)で合意

<5月までにパブコメ実施>  農林水産省の農林物資規格調査会部会は6日、介護食品JAS規格「そしゃく配慮食品(仮称)」(案)について大枠で合意した。同省は5月までに、案についてパブリックコメントを募集する予定だ。  前回 […]

消費者庁、特別用途食品で1件を許可

 消費者庁は24日、特別用途食品として申請された1件を許可したと発表した。許可されたのは、乳児用調整粉乳『和光堂レーベンスミルクはいはい』(販売元:アサヒグループ食品(株))。  表示内容は、「赤ちゃんにとってはお母さん […]

農水省、「介護食品」JAS規格調査会部会の初会合開催

 農林水産省は2月29日、農林物資規格調査会部会の初会合を開催した。昨年末、スマイルケア食普及推進会議で決定した「噛む機能に問題がある人に向けた食品」(黄マーク表示で区分)をJAS制度で管理運用するという方針を受けて、具 […]

消費者庁の「特別用途食品制度検討会」が初会合(後)

<「とろみ調整食品」の位置づけで意見分かれる>  初会合では、「とろみ調整食品」を特別用途食品制度に位置づけることについて議論した。その対象者を病者に限定し、現行の「病者用食品」の扱いとするかどうかについては、「加齢によ […]

消費者庁の「特別用途食品制度検討会」が初会合(前)

 病者用食品やえん下困難者用食品などの表示を許可する特別用途食品制度の見直しに向けて、消費者庁は9日、「特別用途食品制度に関する検討会」の初会合を開催し、検討に着手した。えん下困難者用食品の許可表示の見直しや、とろみ調整 […]

特別用途食品制度改正へ検討会を設置~消費者庁

<今秋メドに報告書を取りまとめ>  病者用食品やえん下困難者用食品などの表示を国が許可する特別用途食品制度の改正に向けて、消費者庁は13日、「特別用途食品制度に関する検討会」を立ち上げると発表した。2月9日に初会合を開催 […]

消費者庁、特別用途食品で1件を許可

 消費者庁は25日、特別用途食品として雪印メグミルク(株)の乳児用調製粉乳『雪印メグミルクぴゅあ』を許可した。  表示内容は「母乳は赤ちゃんの発育に最良の栄養素です。母乳が足りないときや与えられないときに、母乳の代わりに […]

新たな介護食品「スマイルケア食」で大筋合意

 農林水産省は25日、新しい介護食品(スマイルケア食)普及促進会議の「スマイルケア食の選び方ワーキンググループ」合同会議を都内で開催した。マークの使用条件や使用方法について、大筋で合意した。「噛むことが困難な人向けの食品 […]