健康情報ニュース.com >  その他関連情報  > 行政・政治

行政・政治 一覧

都、ダイオキシン類など摂取状況を調査

 東京都は7月31日、2014年度「都民の化学物質等摂取状況」の調査結果を公表し、都民が取る食事や東京湾の魚類などに含まれるダイオキシン類の量が基準値を下回っていたと報告した。  都民の通常の食事から取り込まれるダイオキ […]

14年度の消費者相談8,003件、連鎖販売取引で増加

 経済産業省が7月31日に公表した消費者相談概況によると、2014年度中に寄せられた消費者相談は前年度並みの8,003件に上った。60代以上の相談者が31.9%を占めるなど、高齢者からの相談が増加する傾向がみられた。   […]

水飲み健康法訴訟、日テレ側が「個人の責任」主張

 日本テレビの情報番組「午後は〇〇おもいッきりテレビ」で紹介された「毎日2リットルの水を飲む」という健康法を続け、うっ血性心不全などを発病したとする87歳の女性が、この番組の司会者を務めたタレントのみのもんた氏に対し、約 […]

脳の健康に対する影響評価で提案募集

 内閣府の革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)の提案募集がこのほど始まった。脳の健康に与える影響を評価する「Healthcare Brainチャレンジ」がテーマ。例えば、ダイエット効果を目的とした運動が、認知機能 […]

電話勧誘販売に「過量販売」規制導入

<増加する消費者トラブル、被害者の多くが高齢者> 消費者委員会の特定商取引法専門調査会は31日、電話勧誘販売の「過量販売」や通信販売のFAX広告など、積み残しとなっていた課題を検討した。8月中に中間取りまとめを行う。 電 […]

消費者契約法改正の中間取りまとめ(案)を提示

 消費者委員会の消費者契約法専門調査会は28日、消費者契約法の改正ポイントを整理した中間取りまとめ(案)を提示した。8月7日の次回会合で中間取りまとめを行う。  中間取りまとめ(案)では、「勧誘要件のあり方」「断定的判断 […]

神奈川県、3大学で「ヘルスケア・ニューフロンティア講座」

 健康寿命日本一と新産業の創出を目指す取り組みを普及させるため、神奈川県は慶応義塾大学・早稲田大学・東京工業大学との連携による「神奈川県ヘルスケア・ニューフロンティア講座」を開催する。  慶応義塾大学では10月から来年1 […]

北海道ヘルスケア産業振興協議会が始動

 経済産業省北海道経済産業局はこのほど、北海道ヘルスケア産業振興協議会の活動を開始すると発表した。「医・農商工連携」などの北海道の強みを生かした新たなヘルスケア産業の創出を目指す。  同協議会の最初の取り組みとして、「全 […]

特商法改正、規制強化策を求める声相次ぐ

 消費者委員会の特定商取引法専門調査会は22日、訪問販売・電話勧誘販売に対する特定商取引法の新たな規制策について検討した。具体的な施策については、9月以降に議論を深める方針だ。  訪問販売に関する消費者の苦情相談件数は年 […]

新潟県、減塩運動で日本心臓財団から受賞

 新潟県は13日、県の高血圧・胃がん対策である「にいがた減塩ルネサンス運動」が、日本心臓財団の2015年度「第11回日本心臓財団小林太刀夫」賞を受賞したと発表した。  「にいがた減塩ルネサンス運動」は、高血圧・胃がん対策 […]