健康情報ニュース.com >  その他関連情報 

 その他関連情報  一覧

現代の日本医療に必要とされるもの(4)

カマチグループ 会長 蒲池 真澄 氏 九大病院第一内科 教授 赤司 浩一 氏   <チャレンジングであることが認められにくい日本>  赤司 しかし、「アイデアを実用化させるまでに時間がかかってしまう」という日本 […]

都・COJが新消費者団体訴訟制度セミナー

 東京都とNPO法人消費者機構日本(COJ)は2日、事業者セミナー「新しい消費者団体訴訟制度に事業者が備えるべきポイント」を東京都消費生活総合センター(東京都新宿区)で開催した。約90人が参加した。  COJ常任理事で弁 […]

現代の日本医療に必要とされるもの(3)

カマチグループ 会長 蒲池 真澄 氏 九大病院第一内科 教授 赤司 浩一 氏   <患者にとって必要な医療を保険適応内に>  赤司 最先端医療は、患者にとって必要な医療であることを示す事例があるごとに、国に証明 […]

特商法見直し、「事前拒否制度」見送る方向に

 消費者委員会の特定商取引法専門調査会は2日、特商法改正の焦点となっている訪問販売・電話勧誘販売の規制について議論し、勧誘を受けたくない消費者が事前に拒否できる制度の導入を見送る方向でまとまった。  訪問販売や電話勧誘販 […]

現代の日本医療に必要とされるもの(2)

カマチグループ 会長 蒲池 真澄 氏 九大病院第一内科 教授 赤司 浩一 氏   <家庭医の制度なき国で地域包括ケアを行う難しさ>  ―─医療費を削減するために、国が延命技術に長けた病院への依存度を低くしようと […]

現代の日本医療に必要とされるもの(1)

カマチグループ 会長 蒲池 真澄 氏 九大病院第一内科 教授 赤司 浩一 氏    カマチグループの蒲池真澄会長(75)と、九州大学医学研究院 病態修復内科(第1内科)の赤司浩一教授(55)はともに日本医療界に […]

日本訪販協が相談受付、「問題性あり」の割合増加

 (公社)日本訪問販売協会はこのほど、2014年度「訪問販売ホットライン受付概要」を発行した。消費者からの訪問販売に関する相談件数は前年比13.6%減の414件だったが、そのうち「問題性あり」の件数が占める割合が37.9 […]

消費者契約法専門調査会、「勧誘要件」見直しは先送り

 消費者委員会の消費者契約法専門調査会は27日、消費者契約法の見直しについて議論した。委員の間で意見が分かれていた「勧誘要件」の見直しについては合意できず、先送りとなった。  「勧誘要件」の見直しでは、不特定多数の消費者 […]

ハラル・エキスポ、化粧品メーカーの出展が増加

 ジャパン・ハラル・エキスポ2015が25~26日、幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催された。第2回目となる今年は67社・83小間が出展。ムスリムにも人気がある日本のラーメンや、化粧品メーカーの出展が増加した。 <埼玉県、 […]

特商法違反の訪問販売業者に業務の一部停止を命令

 勧誘目的を明らかにしないまま消費者宅を訪問し、浄水器や磁気通水装置などを販売していたとして、消費者庁は26日、訪問販売業者の(株)JSK(所在地:大阪市中央区、金井賢治代表)に対し、昨日、特定商取引法に基づき、26日か […]