健康情報ニュース.com >  その他関連情報  > 学術

学術 一覧

現代の日本医療に必要とされるもの(2)

カマチグループ 会長 蒲池 真澄 氏 九大病院第一内科 教授 赤司 浩一 氏   <家庭医の制度なき国で地域包括ケアを行う難しさ>  ―─医療費を削減するために、国が延命技術に長けた病院への依存度を低くしようと […]

現代の日本医療に必要とされるもの(1)

カマチグループ 会長 蒲池 真澄 氏 九大病院第一内科 教授 赤司 浩一 氏    カマチグループの蒲池真澄会長(75)と、九州大学医学研究院 病態修復内科(第1内科)の赤司浩一教授(55)はともに日本医療界に […]

緑茶を多く飲む人で胆道がんリスクが低下

 緑茶を多く飲むと胆道がんの発生リスクが低下することが、国立研究開発法人国立がん研究センターの研究班が19日に公表したコホート研究の結果からわかった。  全国10地域の約9万人の男女を12年以上追跡し、緑茶やコーヒーの摂 […]

抗疲労作用に関わる嗅覚受容体6種を特定

 花王(株)(本社:東京都中央区、澤田道隆社長)の感性科学研究所は20日、大阪市立大学大学院医学研究科との共同研究で、香りによる抗疲労作用機構の一端を明らかにしたと発表した。約400種類存在するヒトの嗅覚受容体から、抗疲 […]

血中活性酸素の濃度、胃がんと関連せず

 国立研究開発法人国立がん研究センターの研究班は9日、血中活性酸素種(ROS)の濃度と胃がん発生率の関連はみられないとするコホート研究結果を公表した。  研究班は1990年と93年に全国10地域に在住していた人のうち、ア […]

九大名誉教授の藤野氏、認知症関連の研究で講演

 (株)ブックマン社は3日、同社の新刊書籍『認知症はもう不治の病ではない!脳内プラズマローゲンが神経細胞を新生する』の出版記念講演会を都内で開催した。著者である九州大学名誉教授の藤野武彦氏らが講演した。  藤野氏は、プラ […]

健康寿命延ばす食事をテーマに市民講座

 日本臨床栄養学会総会・日本臨床栄養協会総会・大連合大会は2日、市民公開講座「高齢社会を迎えてのわが国の食事摂取のあり方~何を食べて健康寿命を延ばそうか~」を都内で開催した。約300人の一般市民などが参加した。  名古屋 […]

免疫細胞の誘導メカニズムを解明

 (株)ヤクルト本社(本社:東京都港区、根岸孝成社長)中央研究所は24日、慶応義塾大学医学部と理化学研究所との共同研究により、免疫細胞であるTh17細胞が腸内細菌によって誘導されるメカニズムを解明したと発表した。  Th […]

日本栄養改善学会学術総会を福岡で開催

 日本栄養改善学会は9月24~26日、「第62回日本栄養改善学会学術総会」を福岡国際会議場(福岡市博多区)、福岡サンパレスホテル(同)で開催する。テーマは「実践栄養の連携と展開~食べることは生きること、繋がること~」。 […]

新制度後の「消費者の心をつかむ」戦略

 (株)宣伝会議(本社:東京都港区、東英弥代表)は18日、ヘルスケアビジネスのマーケティング体験セミナーを都内で開催した。100人の定員がほぼ満席となった。  第1次・2次と続けて厚生労働省の「健康日本21」に関わるなど […]