健康情報ニュース.com >  その他関連情報  > 学術

学術 一覧

ライザップ、東海大学と共同で「結果にコミット」を立証

 RIZAP(株)(本社:東京都新宿区、瀬戸健社長)はこのほど、東海大学との共同研究により、低糖質食と短期間トレーニングの組み合わせに脂肪肝(肝臓に脂肪がたまった状態)を改善する作用があることを確認し、研究成果を日本肥満 […]

ライフスタイル改善プログラムで脳の健康維持(後)

インタビュー:UCLAデビッド・ゲフィン医科大学院教授 ゲイリー・スモール医学博士   <認知症領域に悪影響を与える要因とは>   ――ライフスタイルのどういった要因が認知症領域に悪影響を与えているのでしょうか […]

ライフスタイル改善プログラムで脳の健康維持(前)

インタビュー:UCLAデビッド・ゲフィン医科大学院教授 ゲイリー・スモール医学博士    ハーバーライフ・オブ・ジャパン(株)の招聘で、先ごろゲイリー・スモール医学博士が来日した。スモール博士は米国のUCLAデビッド・ゲ […]

アルコール依存症の腸内細菌、通性嫌気性菌が多い傾向に

 東北大学は14日、アルコール依存症患者の腸内フローラでは、健常者よりも通性嫌気性菌(酸素の有無に関わらず生育できる微生物)が多いことを見出したと発表した。久里浜医療センターや東京大学などとの共同研究によるもの。  試験 […]

記憶力に関する香り成分を確認

 (株)ファンケル(本社:横浜市中区、宮島和美社長)は13日、記憶力に関与する香り成分を確認したと発表した。  試験では、「テルピネオール」「カンファー」「1,8シネオール」「無臭のジプロピレングリコール」の4成分を使用 […]

ホリスティック医学セミナーを開催

 日本ホリスティック医学協会は29日、「エネルギー医学とホリスティック医学」をテーマに、演者に赤坂溜池クリニックの降矢英成院長を迎え、福岡市内でセミナーを開催した。医師・看護師・気功師・一般サラリーマンなど約20名が参加 […]

日本糖尿病学会学術集会、機能性素材の研究成果など報告

 第59回日本糖尿病学会年次学術集会が19日~21日まで、国立京都国際会館(京都市左京区)など3会場で開催される。テーマは「知の融合が拓くあたらしい糖尿病学」。糖尿病専門医だけでなく、骨代謝・認知症・老年医学などの関連領 […]

第70回日本栄養・食糧学会大会が開催

 (公社)日本栄養・食糧学会は13~15日、第70回日本栄養・食糧学会大会を神戸ポートピアホテル(兵庫県神戸市)と、武庫川女子大学(兵庫県西宮市)で開催する。特別講演をはじめ、シンポジウム15セッション、一般講演636題 […]

GI/GL値と大腸がんリスクは関連なし

 国立研究開発法人国立がん研究センター予防研究グループはこのほど、食事のGI・GL(グリセミック指数・グリセミック負荷)と大腸がんリスクとの関連性は見られないとする研究結果を発表した。多目的コホート研究(JPHC研究)に […]

欧米型食事が多い女性で乳がんリスクが32%上昇

 国立がん研究センターの社会と健康研究センターはこのほど、多目的コホート研究により、欧米型の食事を多く取る女性で、乳がんにかかるリスクが高くなることを突き止めたと発表した。  全国9地域に在住の45~74歳までの約5万人 […]