健康情報ニュース.com >  健康食品  > 行政・政治

行政・政治 一覧

千葉県、個人輸入のサプリ形状製品で重篤な健康被害

 千葉県はきょう(18日)、個人輸入したサプリメント形状の製品を摂取した県内の20代女性が、重篤な健康被害を起こした発表した。  女性は昨年11月、『ホスピタルダイエット』(カプセルと錠剤の8種類)という製品をインターネ […]

食安委、クルクミンの情報収集・提供など了承

 食品安全委員会は16日、「自ら行う食品健康影響評価の案件」について、アレルギー物質を含む食品などを評価案件候補とすることを了承した。クルクミンの情報収集と情報提供を積極的に行うことについても了承した。  また、「加熱時 […]

米国、健康食品4製品から医薬品成分を検出

 国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所は15日、米国FDAが医薬品成分を含む健康食品4製品について、使用しないように求める注意喚起を行ったことをホームページ上で公表した。  4製品は『Bull』、『Bull’s G […]

「トクホ制度の見直し」はどうあるべきか(後)

 消費者委員会の審査で判断基準が科学的であったとは言い難い例として、コーラがある。コーラだからという理由で議論が繰り返され、最終的には親委員会で、食品形態だけを理由に不許可にはできないとの判断により許可された。しかし、そ […]

東京都、健康食品の「上手な利用」で普及啓発

<サプリメントの「夾雑物の濃縮も伝える」>  東京都は9日、東京都食品安全情報評価委員会を開催し、「健康食品」を上手に利用し、健康被害を出さないための普及啓発の効果的な手法について検討した。都では動画やリーフレット、都民 […]

「トクホ制度の見直し」はどうあるべきか(中)

<「データで判断できないこと」は判断基準に入れない>  1月15日に、消費者委員会の特定保健用食品(トクホ)審査を行う調査(部)会と「特定保健用食品等の在り方に関する専門調査会」が合同会議を開いた。急遽開かれた背景には、 […]

農水省、「日本食の機能性」解明に本腰

 (一財)医療経済研究・社会保険福祉協会は5日、健康食品フォーラム「世界を見据えた日本の『食』~農産物、日本食、健康食品~」を全社協・瀬尾ホール(東京都区)で開催した。約120人が参加。我が国の生鮮食品や日本食の機能性な […]

「トクホ制度の見直し」はどうあるべきか(前)

 昨年6月に閣議決定された規制改革実施計画で、特定保健用食品(トクホ)の審査手続きの見直しについて、いくつかの施策が決定された。これを受けて消費者委員会と消費者庁は、対応策を公表。また、消費者委員会に「特定保健用食品等の […]

トクホ調査会、消費者はキャッチコピーに過大な期待

<使用方法「従っている」、3割に止まる>  消費者委員会事務局は4日開催の「特定保健用食品の在り方に関する専門調査会」で、特定保健用食品(トクホ)に関する消費者意識調査の結果を公表した。調査結果から、トクホを正しく理解し […]

食安委・企画専門調査会、「クルクミン」情報収集・提供へ

 食品安全委員会・企画等専門調査会は4日、アレルギー物質を含む食品を「自ら行う食品健康栄養評価」案件の候補に決定した。人工甘味料やウコンについて積極的に情報収集し、情報提供などを行う方針。候補に上がった案件について食品安 […]