健康情報ニュース.com >  健康食品  > 行政・政治

行政・政治 一覧

サプリメント摂取で健康被害の疑い

 国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所はこのほど、海外で発生した健康食品との因果関係が疑われる健康被害情報をホームページ上で公表した。  それによると、降圧薬を服用中の52歳女性(米国)が、減量を目的に断食を行った […]

消費者委員会、トクホ4品で答申

 消費者委員会は13日、特定保健用食品(トクホ)に申請されたガム商品『リカルデント グレープミントガム』(モンデリーズ・ジャパン(株))などの4品について、「トクホとして認めることとして差し支えない」と答申したと発表した […]

ノーステック財団、助成事業で18件採択

 (公財)北海道科学技術総合振興センター(ノーステック財団)は11日、「イノベーション創出研究支援事業」の助成対象となる研究課題として、18件のプロジェクトを採択したと発表した。合計98件の応募のなかから選ばれた。  ス […]

カナダ、ビタミンD含む健康食品で注意喚起

 国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所の国立健康・栄養研究所は7日、カナダ保健省が過剰な量のビタミンDを含む健康食品について注意喚起したことをホームページ上で公表した。  問題の商品は、『L’il Cr […]

事故情報データバンク、ダイエットサプリによる健康被害も

 消費者庁は6日、7月27日~8月2日までに消費者庁に通知された事故情報16件(食中毒を除く)を事故情報データバンクに登録した。健康食品による健康被害に関する情報(1件)も含まれている。  消費者庁の担当課によると、ダイ […]

厚労省、健康食品の2成分で注意喚起

 厚生労働省は4日付の事務連絡で、重篤な健康被害を引き起こす可能性がある健康食品の2成分について、関係事業者や消費者へ情報提供するように、都道府県などに対して要請した。  問題の成分は「イボガイン」と「2,4-ジニトロフ […]

機能性表示食品とトクホの”すみ分け”検討へ

<消費者委員会・トクホ専門調査会が初会合> 特定保健用食品(トクホ)の制度・運用の見直しや、健康食品の表示・広告のあり方を提言するため、消費者委員会は5日、「特定保健用食品等の在り方に関する専門調査会」の初会合を開き、検 […]

条件付きトクホ『大麦若葉粉末』、安全性審査をクリア

 食品安全委員会は4日、条件付き特定保健用食品(トクホ)として申請された加工食品『大麦若葉粉末』(山本漢方製薬(株))の安全性について、「問題はない」と判断した。  同商品は、大麦若葉由来食物繊維を関与成分とする。1日摂 […]

6月家計調査、「サプリ」は回復傾向

 総務省が31日に発表した家計調査結果によると、6月の全国・1世帯あたりの「健康保持用摂取品」(サプリメント形状の健康食品)に支出した平均金額は、前年比3.2%増の1,208円となった。  健康保持用摂取品とは、栄養成分 […]

東京都、ネット上の不当表示398件を指導

 東京都は29日、2014年度中に改善を指導したインターネット上の不当表示などが398件(336事業者)に上ったと発表した。内訳は「優良誤認の恐れ」が256件、「有利誤認の恐れ」が270件、「過大な景品類の提供の恐れ」が […]