健康情報ニュース.com >  健康食品  > 行政・政治

行政・政治 一覧

地域資源活用で事業計画38件を認定

 中小企業庁は21日、中小企業地域資源活用促進法に基づく事業計画として、38件のプロジェクトを認定したと発表した。認定されると、専門家によるハンズオン支援や金融面の支援を受けることができる。  認定されたプロジェクトには […]

TPP交渉結果、ビタミンサプリや亜麻仁油の関税撤廃

 政府は20日、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)で大筋合意した農産物や加工食品などの交渉結果を発表した。  「天然はちみつ」の現在の関税率は25.5%だが、これを段階的に削減し、8年目に撤廃する。TPP参加国からの […]

消費者委員会に健康食品表示の規制など要望

<いわゆる健康食品の淘汰、「改善されていない」の声> 「消費者委員会委員と消費者団体ほか関係団体等との意見交換会」がきょう(20日)開催され、6つの消費者団体が健康食品表示の規制、特定商取引法の見直しなどについて、消費者 […]

食安委WG、消費者向け「健康食品のメッセージ」を議論

<脂溶性ビタミンやミネラルの摂取で注意呼びかけ> 食品安全委員会のいわゆる健康食品に関する検討ワーキンググループ(WG)は19日、健康食品に対する正しい理解を深めてもらうために、一般消費者に向けて発信する「『健康食品』に […]

消費者庁、トクホで3件諮問

 消費者庁は19日、特定保健用食品(トクホ)として申請された3件について、消費者委員会へ諮問したと発表した。  3件は、日本コカ・コーラ(株)の清涼飲料水2品と花王(株)の粉末清涼飲料1品。清涼飲料水は2品とも難消化性デ […]

豪州・NZ、アレルゲン表示でプロテインを自主回収

 国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所は16日、オーストラリア・ニュージーランド食品基準局(FSANZ)が未表示のアレルゲンを含む栄養補助食品10商品について、注意喚起を行ったことをホームページ上で公表した。  対 […]

米国、トリヨードサイロニンサプリメントで健康被害

 国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所は15日、海外諸国で報告された健康食品による健康被害事例をホームページ上で公表した。  それによると、米国で24歳の男性が減量目的でトリヨードサイロニンサプリメントを約1カ月間 […]

センシンレンを含む食品でアレルギー症状

 国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所はこのほど、オーストラリアTGAがハーブの1種であるセンシンレンを含む食品について、アレルギー症状を発症するリスクがあるとして注意喚起を行ったことをホームページ上で公表した。 […]

消費者庁、トクホ制度で6件許可

 消費者庁は9日、特定保健用食品(トクホ)制度に申請していた6件を許可した。内訳はトクホ3件、規格基準型トクホ1件、再許可等トクホ2件。  トクホとして許可されたのは、紅茶飲料『キリン 午後の紅茶 ヘルシーストレート』( […]

熊本県、地元食材の機能性を首都圏にアピール

 熊本県と熊本県健康サービス産業協議会は6日、熊本県「食と健康」産業チャレンジセミナーを早稲田大学日本橋キャンパス(東京都中央区)で開催した。第2回目となる今回は、県内企業6社が参加。首都圏のバイヤーに、自社商品や地場産 […]