健康情報ニュース.com >  健康食品  > 学術

学術 一覧

2017年11月29日

コーヒー多量飲用で小細胞肺がんのリスク上昇

 コーヒーを多く飲用することで小細胞肺がんのリスクが上昇することが28日、(国研)国立がん研究センターが発表した多目的コホート研究の結果からわかった。  研究グループは、1990年と93年に全国9地域に在住していた40~ […]

2017年11月29日

抗酸化ビタミン摂取量と脳卒中リスク「関連せず」

 抗酸化ビタミンの摂取量と脳卒中の発症リスクは関連しないことが28日、(国研)国立がん研究センターが公表した多目的コホート研究の結果からわかった。  研究グループは、1990年と93年に全国9地域に在住し、5年後の調査時 […]

2017年11月28日

アマニフォーラム実行委員会、セミナーを開催

 アマニフォーラム実行委員会は28日、「第3回アマニフォーラムセミナー」を都内で開催した。  慶應義塾大学の有田誠教授は「オメガ3脂肪酸の体内での働き 最新の研究結果」をテーマに講演した。食生活の欧米化で日本人が摂取する […]

2017年11月24日

ネムノキ樹皮抽出物に睡眠の質改善作用

 コンビ(株)(本社:東京都台東区、五嶋啓伸社長)ファンクショナルフーズ事業部はこのほど、臨床試験によって、ネムノキ樹皮抽出物に睡眠の質を改善する作用があることを確認したと発表した。  25~46歳の男女5人を対象に、ク […]

2017年11月20日

麹菌発酵大豆抽出物の不妊に対する有効性を確認、学会で発表

 ニチモウバイオティックス(株)(本社:東京都品川区、天海智博社長、TEL:03-3458-4180)はこのほど、医療法人小塙医院(茨城県小美玉市)の協力を得て、麹菌発酵大豆抽出物の難治性不妊症患者に対する有効性を確認し […]

2017年11月20日

愛媛県、河内晩柑果汁の認知機能に関する研究成果を報告

 愛媛県は17日、産官学で進めてきた河内晩柑果汁の認知機能に関する研究の成果報告会を都内で開催した。愛媛大学大学院老年神経総合診療内科の伊賀瀬道也氏は、河内晩柑の果皮ペーストと果汁を使用した飲料が、認知機能の低下を予防す […]

2017年11月17日

フジッコ、黒大豆種皮抽出物で臨床試験終了

 フジッコ(株)(本社:兵庫県神戸市、福井正一社長、TEL:078-303-5925)は、黒大豆種皮ポリフェノールを豊富(58%以上)に含む『クロノケアSP』で、機能性表示食品制度への届出準備に入った。  今年3月に開催 […]

2017年11月14日

大豆イソフラボンに抗肥満作用なし

 (国研)医薬基盤・健康・栄養研究所の素材情報データベースによると、「大豆」や「大豆イソフラボン」には抗肥満作用が認められなかったという研究成果が、このほど報告された。  2016年8月までの期間を対象に、5種類のデータ […]

2017年11月07日

スパイスエキスに冷えとむくみの改善作用

 ハウスウェルネスフーズ(株)(本社:兵庫県伊丹市、白井一夫社長)は6日、スパイスエキスに冷えやむくみの自覚症状を改善する作用があることを臨床試験で確認したと発表した。  試験は、20~49歳までの女性で、漢方における虚 […]

2017年11月07日

ココアに便通・便臭改善作用

 森永製菓(株)(本社:東京都港区、新井徹社長)は6日、臨床試験により、ココア摂取による便通・便臭の改善作用を確認したと発表した。  試験は、20~60歳の健康で便秘傾向の男女22人を対象に実施。ココア10g(リグニン含 […]