健康情報ニュース.com >  健康食品  > 学術

学術 一覧

2017年10月05日

キューサイとメタジェン、ケールを使った青汁の研究開始

 キューサイ(株)(本社:福岡市中央区、神戸聡社長)は4日、バイオベンチャーの(株)メタジェン(本社:山形県鶴岡市、福田真嗣社長)と共同で、ケールを原料に使用した青汁による腸内環境への影響について研究を開始したと発表した […]

2017年10月04日

酒粕と米麹の併用摂取で腸内環境改善

 森永製菓(株)(本社:東京都港区、新井徹社長)は3日、東京大学大学院農学生命科学研究科と(独法)神奈川県立産業技術総合研究所との共同研究により、酒粕と米麹の摂取で腸内環境が改善される可能性が示唆されたと発表した。  研 […]

2017年10月03日

ヨーグルト摂取が高齢者の健康に寄与

 (株)明治(本社:東京都中央区、川村和夫社長)と社会福祉法人吉祥会・特別養護老人ホーム「寒川ホーム」の共同研究グループは2日、ヨーグルトの長期摂取によって、高齢者施設の入居者の健康状態が改善する可能性が示唆されたとする […]

2017年09月29日

日東薬品工業、日本農芸化学会技術賞を受賞

 日東薬品工業(株)(本社:京都府向日市、北尾哲郎社長)はこのほど、「新たな乳酸菌コーティング技術の開発と食品への応用展開」で2017年度日本農芸化学会関西支部技術賞を受賞したと発表した。研究は(株)ロッテ、京都大学と共 […]

2017年09月28日

アマニフォーラム実行委員会、セミナーを開催

 アマニフォーラム実行委員会は27日、「第2回アマニフォーラムセミナー」を都内で開催した。  九州中央病院医療技術部栄養管理科総括の渡辺啓子氏は「低栄養・摂食嚥下機能低下に対する栄養管理」をテーマに講演した。高齢者の死亡 […]

2017年09月27日

DHA・EPA摂取でうつ病リスクが低減

 (国研)国立がん研究センターは27日、魚介類とDHA・EPAの摂取がうつ病リスクを低減させるという研究結果を発表した。  1990年に長野県南佐久郡の8町村に在住していた40~59歳のうち、14~15年に行った「こころ […]

2017年09月22日

オリーブ葉エキス配合食品に体脂肪低減作用

 サンスター(株)(本社:大阪府高槻市、吉岡貴司社長)はこのほど、ヒト試験により、オリーブ葉エキス配合食品に体脂肪率の低減作用があることを確認したと発表した。  試験はBMI が 25 以上の男女28人(男性17人・女性 […]

2017年09月21日

ビフィズス菌がインスリン感受性を改善

 江崎グリコ(株)(本社:大阪市西淀川区、江崎勝久社長)は20日、東京農工大学の木村郁夫特任准教授との共同研究により、ビフィズス菌にインスリン感受性改善作用があることを確認したと発表した。  研究グループは血糖値が正常高 […]

2017年09月20日

麹菌発酵大豆胚芽抽出物がLIF受容体のmRNA発現を増加

 ニチモウバイオティックス(株)(本社:東京都品川区、天海智博社長、TEL:03-3458-4180)はこのほど、アグリコン型イソフラボン発酵大豆胚芽抽出物が、着床関連因子LIFの情報を受け取る受容体であるヒト子宮内膜上 […]

2017年09月20日

クルクミン、糖尿病患者でHDLコレステロール濃度上昇

 (国研)医薬基盤・健康・栄養研究所が19日公表した素材情報データベースの更新情報によると、イランの2型糖尿病患者100人を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験で、クルクミノイド500mgとピペリン5mgを1日に2 […]