健康情報ニュース.com >  健康食品  > 学術

学術 一覧

2015年09月24日

大豆イソフラボンに筋委縮抑制作用

 ニチモウバイオティックス(株)(本社:東京都品川区、天海智博社長)はこのほど、麹菌発酵大豆胚芽抽出物(大豆イソフラボン)が筋委縮を抑制する作用を、豊橋技術科学大学総合教育院での動物試験で確認したと発表した。  試験は、 […]

2015年09月10日

乳タンパク10gで栄養状態を改善

 森永乳業(株)(本社:東京都港区、宮原道夫社長)はこのほど、ヒト試験によって、乳タンパク質10gの摂取が中高年の栄養状態を改善することを確認したと発表した。食事をしっかりと取っているにもかかわらず、タンパク質やエネルギ […]

2015年09月09日

健康食品が疑われる健康被害情報を公表

 国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所はこのほど、健康食品との因果関係が疑われる海外諸国の健康被害情報をホームページ上で公表した。  それによると、心房細動患者の66歳女性(米国)が医療機関の受診を中止し、代替療法 […]

2015年09月03日

ビフィズス菌の腸内生理機能を研究

 森永乳業(株)(本社:東京都港区、宮原道夫社長)はこのほど、理化学研究所統合生命医科学研究センター(神奈川県横浜市)などとの共同研究により、ビフィズス菌BB536の生理機能の機序解析を行い、腸内細菌叢に与える影響を評価 […]

2015年09月03日

時間栄養科学研究会で快眠サプリの研究発表

 時間栄養科学研究会は2日、「第2回時間栄養科学研究会」を早稲田大学国際会議場(東京都新宿区)で開催した。第10回ニュートリズム検討会、早稲田大学重点領域研究機構持続型食・農・バイオ研究所との共催。約300人が参加した。 […]

2015年09月03日

生よりもジュースでβ-カロテン吸収率向上

 カゴメ(株)(本社:愛知県名古屋市、寺田直行社長)はこのほど、生のニンジンよりも野菜・果実ミックスジュースを摂取する方が、β-カロテンを効率良く吸収できることをヒト試験で明らかにしたと発表した。  試験は、β-カロテン […]

2015年08月27日

パッションフルーツの機能性研究を発表

 森永製菓(株)(本社:東京都港区、新井徹社長)は27~29日に京都大学で開催される「日本食品科学工学会第62回大会」で、パッションフルーツ種子由来の機能性素材「パセノール」の研究成果(6題)を報告すると発表した。  同 […]

2015年08月25日

乳酸菌産生の菌体外多糖が炎症性物質低減

 フジッコ(株)(本社:神戸市中央区、福井正一社長)は24日、マウスを用いた実験により、乳酸菌クレモリス菌FC株が産生する菌体外多糖(EPS)に、炎症性物質を低減させる作用があることを確認したと発表した。  試験では、ア […]

2015年08月24日

βグルカンに炎症性腸疾患の予防作用

 東京理科大学と東京大学の研究グループはこのほど、低分子βグルカンの摂取により、炎症性腸疾患の発症を抑制できることを見出し、そのメカニズムを解明したと発表した。  研究グループは、βグルカンの受容体である「デクチン1」の […]

2015年08月17日

n-3脂肪酸と乳がん、「関連せず」

 国立がん研究センターの研究グループはこのほど、n-3不飽和脂肪酸やn-6不飽和脂肪酸の摂取量と乳がん発生に関連性がないとするコホート研究の結果を公表した。  研究対象の3万8,234人を約14年間にわたって追跡したとこ […]