健康情報ニュース.com >  健康食品  > 学術

学術 一覧

2018年06月06日

韓国でカンゾウ摂取による健康被害

 (国研)医薬基盤・健康・栄養研究所は5日、素材情報データベースに、カンゾウ摂取による健康被害情報を掲載した。  韓国の前立腺がんの既往歴を持つ男性(79歳)が、カンゾウを含むハーブ製強壮剤を2カ月間にわたって摂取したと […]

2018年05月31日

ケールジュースの長期摂取で子供の成長が促進

 (株)ファンケル(本社:横浜市中区、島田和幸社長)は30日、ベトナム国立栄養研究所との共同研究により、ケールジュースの長期摂取で子供の身体発育に好影響を与えることを確認したと発表した。  試験は、ベトナムハノイ市内の小 […]

2018年05月30日

イミダゾールジペプチドに持久力向上作用

 日本ハム(株)(本社:大阪市北区、畑佳秀社長)は29日、環太平洋大学との共同研究により、イミダゾールジペプチドの摂取で中長距離選手の持久力向上が確認されたと発表した。研究成果は、学術誌「ランニング学研究」に掲載される予 […]

2018年05月30日

魚油由来n-3系脂肪酸、ドライアイへの影響「認められず」

 (国研)医薬基盤・健康・栄養研究所は29日、素材情報データベースに、魚油の有効性情報を掲載した。  米国のドライアイ患者535人を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験で、1日にビタミンE3mgと魚油由来n-3系脂 […]

2018年05月24日

オリザ油化、パッションフラワーエキスのQOL改善作用を確認

 オリザ油化(株)(本社:愛知県一宮市、村井弘道社長、TEL:0586-86-5141)はこのほど、臨床試験により、パッションフラワーエキスのQOL改善作用を確認したと発表した。  健常な日本人成人男女を対象に、ランダム […]

2018年05月23日

麹菌発酵大豆抽出物に子宮内膜症間質細胞増殖抑制作用

 ニチモウバイオティックス(株)(本社:東京都品川区、天海智博社長、TEL:03-3458-3510)はこのほど、京都府立医科大学産婦人科学教室(北脇城教授)との共同研究で、麹菌発酵大豆抽出物の子宮内膜症間質細胞増殖抑制 […]

2018年05月23日

セラバリューズ、メディア向けイベントを開催

 (株)セラバリューズ(本社:東京都紀尾井町、長田太一郎社長)は22日、メディア向けイベント「MCIとアルツハイマー病予防の最前線~脳の認知機能改善に関する最新の研究結果を解説~」を都内で開催した。  UCLAのゲイリー […]

2018年05月22日

25-ヒドロキシビタミンD3摂取で風邪の症状軽減

 (株)ファンケル(本社:横浜市中区、島田和幸社長)は21日、「25OHDを考える会」との共同研究で、ビタミンDの代謝物である25-ヒドロキシビタミンD3(25OHD)の摂取により、風邪(上気道感染症)の症状が軽減する可 […]

2018年05月22日

イチョウ葉エキスと抗うつ薬で昏睡状態に

 (国研)医薬基盤・健康・栄養研究所は21日、素材情報データベースに、イチョウ葉エキスの安全性情報を掲載した。  イタリアでアルツハイマー型認知症の女性(80歳)が、イチョウ葉エキス(80mgを1日2回)を摂取中に、抗う […]

2018年05月21日

ミドリムシ粉末に筋委縮症状抑制作用の可能性

 (株)ユーグレナ(本社:東京都港区、出雲充社長)は18日、九州大学・立花宏文教授と行った動物実験により、ミドリムシ粉末に筋委縮症状の抑制作用があることが示唆されたと発表した。  ミドリムシ粉末を摂取させたマウス(ミドリ […]