健康情報ニュース.com >  介護・病者用食品  > 行政・政治

行政・政治 一覧

厚労省「配食事業検討会」、4事業者からヒアリング

<宅配食の啓蒙活動を求める声も>  在宅高齢者の低栄養やフレイルなどを予防する配食事業の普及に向けて、厚生労働省の「地域高齢者等の健康支援を推進する配食事業の栄養管理の在り方検討会」(武見ゆかり座長・女子栄養大学大学院研 […]

消費者庁、えん下困難者用食品の調査研究事業で公募

 消費者庁は22日、えん下困難者用食品の分析方法の妥当性に関する調査研究事業について、実施者の公募を開始した。昨年度の同事業で積み残しとなった新たな分析方法の妥当性を検討するとともに、物性が異なるものを寄せ合わせたような […]

そしゃく配慮食品JAS規格、来月16日に施行~農水省

 農林水産省は9月16日、「そしゃく配慮食品JAS規格」を施行する。17日に告示した。そしゃく配慮食品を「容易にかめる食品」「歯ぐきでつぶせる食品」「舌でつぶせる食品」「かまなくてよい食品」の4つに分類し、品質や表示方法 […]

消費者庁・増田氏、「とろみ調整用食品」の表示基準など説明

<6項目の適用範囲を設定する方針>   ウェルネスフードジャパン(東京ビッグサイト、東京都江東区)内で3日開催された(一社)医療経済研究・社会保険福祉協会主催のセミナー「健康長寿のための『食』~高齢者食に求められるもの~ […]

厚労省、高齢者向け配食事業のガイドライン策定へ

<検討会の初会合開催、来年3月に報告書を取りまとめ>  在宅の高齢者の低栄養やフレイル(筋力・活動の低下)を予防できる配食事業を普及させるため、厚生労働省は19日、「地域高齢者等の健康支援を推進する配食事業の栄養管理の在 […]

農水省、「そしゃく配慮食品」JAS規格を制定へ

 農林水産省は29日、農林物資規格調査会を開催し、部会で取りまとめた「そしゃく配慮食品」のJAS規格(案)を了承した。これを受けて、農水省は8月中の制定を目指す。JASマーク付きの製品の流通は、来年以降となる通しだ。 < […]

消費者庁、特別用途食品制度に関する検討会を開催

 消費者庁は17日、「第2回特別用途食品制度に関する検討会」を都内で開催し、特別用途食品制度に「糖尿病食品」といった新たな食品区分を追加する仕組みについて検討に入った。中村丁次座長(神奈川県立保健福祉大学学長)は、「○○ […]

農水省、「そしゃく配慮食品」JAS規格(案)を公表

 農林水産省は19日、そしゃく配慮食品の日本農林規格(JAS規格)(案)を公表した。6月17日までパブリックコメントを募集する。案では、そしゃく配慮食品の定義を「通常の食品に比してそしゃくに要する負担が小さい性状、固さそ […]

農水省の部会、新JAS規格「そしゃく配慮食品(仮称)」(案)で合意

<5月までにパブコメ実施>  農林水産省の農林物資規格調査会部会は6日、介護食品JAS規格「そしゃく配慮食品(仮称)」(案)について大枠で合意した。同省は5月までに、案についてパブリックコメントを募集する予定だ。  前回 […]

消費者庁、特別用途食品で1件を許可

 消費者庁は24日、特別用途食品として申請された1件を許可したと発表した。許可されたのは、乳児用調整粉乳『和光堂レーベンスミルクはいはい』(販売元:アサヒグループ食品(株))。  表示内容は、「赤ちゃんにとってはお母さん […]