健康情報ニュース.com >  健康食品  > 学術

学術 一覧

2018年01月15日

少量のイソフラボン摂取による筋萎縮軽減を確認

 ニチモウバイオティックス(株)(本社:東京都品川区、天海智博社長、TEL:03-3458-3510)はこのほど、少量の大豆イソフラボン摂取が筋萎縮を軽減させることを確認したと発表した。  同社は東京工業大学リベラルアー […]

2018年01月15日

n‐3系脂肪酸と虚血性心疾患、関連性なし

 日本人ではEPA・DHAなどのn—3系脂肪酸の血中濃度と虚血性心疾患の発症リスクに関連性がないことが12日、(国研)国立がん研究センターが実施した多目的コホート研究の結果からわかった。  研究グループは、1990年と9 […]

2018年01月11日

パスツール研究所と明治、乳酸菌の共同研究結果を発表

 フランス・パスツール研究所のジェラール・エベール博士は10日、(株)明治(本社:東京都中央区、川村和夫社長)が都内で開催した乳酸菌に関するマスコミセミナーで講演し、同社との共同研究により、特定の乳酸菌が産生する多糖体が […]

2018年01月10日

JHNFA学術誌、カゴメ(株)荒川氏の投稿論文を掲載

 (公財)日本健康・栄養食品協会(JHNFA)は9日、JHNFAが発行する学術誌「健康・栄養食品研究」にカゴメ(株)の荒川千夏氏による投稿論文を掲載したと発表した。  論文のタイトルは「Lactobacillus bre […]

2017年12月26日

ノビレチンとDHA、神経突起伸長活性を増強

 ロート製薬(株)(本社:大阪市生野区、吉野俊昭社長)は25日、フラボノイドの1種であるノビレチンとDHAの組み合わせにより、神経細胞の突起伸長活性を高めることを見出したと発表した。  神経細胞分化のモデルのPC12細胞 […]

2017年12月22日

乳酸菌にインフルエンザウイルス防御機能

 雪印メグミルク(株)(本社:東京都新宿区、西尾啓治社長)は21日、乳酸菌の摂取により、インフルエンザウイルスに対する防御機能が高まることをヒト試験で確認したと発表した。研究の成果は専門書籍『Immunity and I […]

2017年12月22日

ミドリムシにクルマエビの肉質改善効果

 (株)ユーグレナ(本社:東京都港区、出雲充社長)は21日、(株)ヒガシマルとの共同研究により、ミドリムシ粉末を与えることにより、クルマエビの肉質を改善できることが示唆されたと発表した。  研究では、クルマエビの稚エビを […]

2017年12月11日

近大と大塚製薬、PMSによるパフォーマンス障害とエクオール産生能の関連を研究

 近畿大学東洋医学研究所と大塚製薬(株)佐賀栄養製品研究所は8日、女性アスリートを対象とした研究により、月経前症候群(PMS)によるパフォーマンス障害とエクオール産生能の関連を明らかにしたと発表した。研究成果は産婦人科領 […]

2017年12月05日

ノーベル生理学・医学賞で、関連市場の研究促進に期待

 2017年のノーベル生理学・医学賞に、概日時計(サーカディアン・リズム)を調節する分子メカニズムの解明の研究で、ジェフリー C.ホール博士、マイケル・ロスバッシュ博士、マイケル・W・ヤング博士が共同受賞したことで、健康 […]

2017年11月30日

健康食品フォーラム、「脳腸相関」テーマにセミナー

 NPO法人健康食品フォーラムは29日、健康食品セミナー「脳腸相関~食品・栄養からのアプローチを考える~」を都内で開催した。  東北大学大学院医学系研究科行動医学分野の福土審教授は、「ストレスと脳腸相関」のテーマに講演し […]