健康情報ニュース.com >  健康食品  > 学術

学術 一覧

2018年06月29日

ビフィズス菌が産生する酸に新たな作用

 協同乳業(株)(東京都中央区、尾崎玲社長)は28日、腸内ポリアミンが複数の腸内細菌の代謝経路を経由して生合成され、その生合成経路はビフィズス菌などが産生する酸によって作動することを確認したと発表した。研究成果は学術誌『 […]

2018年06月26日

ビタミンDサプリ、心血管疾患や脳卒中への予防効果「認められず」

 (国研)医薬基盤・健康・栄養研究所は25日、ビタミンDのサプリメントには、心血管疾患や脳卒中などに対する予防効果は認められないとする研究成果を素材情報データベースに掲載した。  2017年10月までを対象に、3種類のデ […]

2018年06月25日

日本黒酢研究会、柿野氏が機能性表示食品で講演

 第5回日本黒酢研究会(矢澤一良会長)が22日、都内で開催された。招待講演を含む7演題が発表された。  (有)健康栄養評価センターの柿野賢一代表は、「機能性表示食品制度における中小企業者から見たビジネス展開」をテーマに講 […]

2018年06月22日

森下仁丹、「難培養性腸内細菌」の培養技術開発で共同研究を開始

 森下仁丹(株)(大阪市中央区、駒村純一社長)は21日、慶応義塾大学先端生命科学研究所、神奈川県立産業技術総合研究所と共同で、培養が困難な「難培養性腸内細菌」の培養技術の開発に向けた共同研究を開始したと発表した。  難培 […]

2018年06月22日

伊藤園など3社、抹茶の認知症予防効果に関する臨床試験を実施へ

 (株)伊藤園(東京都渋谷区、本庄大介社長)は21日、(株)島津製作所、(株)MCBIと、軽度認知障害の人を対象とした臨床試験「抹茶の認知機能低下抑制効果を評価する試験」を行うことで合意したと発表した。  試験では、軽度 […]

2018年06月21日

【7/25】「健全な市場流通を考える会」が公開討論会

 「健康食品・サプリメントの健全な市場流通を考える会」(唐木英明会長)は7月25日(午前10時から午後0時30分)、公開討論会「健康食品の健全な発展のために我々は何をしたらいいのか?」を東京ビッグサイト・西ホール会場内( […]

2018年06月06日

韓国でカンゾウ摂取による健康被害

 (国研)医薬基盤・健康・栄養研究所は5日、素材情報データベースに、カンゾウ摂取による健康被害情報を掲載した。  韓国の前立腺がんの既往歴を持つ男性(79歳)が、カンゾウを含むハーブ製強壮剤を2カ月間にわたって摂取したと […]

2018年05月31日

ケールジュースの長期摂取で子供の成長が促進

 (株)ファンケル(本社:横浜市中区、島田和幸社長)は30日、ベトナム国立栄養研究所との共同研究により、ケールジュースの長期摂取で子供の身体発育に好影響を与えることを確認したと発表した。  試験は、ベトナムハノイ市内の小 […]

2018年05月30日

イミダゾールジペプチドに持久力向上作用

 日本ハム(株)(本社:大阪市北区、畑佳秀社長)は29日、環太平洋大学との共同研究により、イミダゾールジペプチドの摂取で中長距離選手の持久力向上が確認されたと発表した。研究成果は、学術誌「ランニング学研究」に掲載される予 […]

2018年05月30日

魚油由来n-3系脂肪酸、ドライアイへの影響「認められず」

 (国研)医薬基盤・健康・栄養研究所は29日、素材情報データベースに、魚油の有効性情報を掲載した。  米国のドライアイ患者535人を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験で、1日にビタミンE3mgと魚油由来n-3系脂 […]