健康情報ニュース.com >  健康食品  > 企業 > AIFN、食の安全テーマに記者向けセミナー開く
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年05月21日

AIFN、食の安全テーマに記者向けセミナー開く

約20人の関係者が参加

 国際栄養食品協会(AIFN)は18日、「食の安全を考える記者向け連続セミナー」の第1回目を都内で開催した。「食の安全もガラパゴス化?有機食品、食品添加物、健康食品の海外比較」をテーマに、AIFN関係者などが講演した。

 AIFNの天ケ瀬晴信理事長は、「食品と健康食品の現状」をテーマに講演。「日本の食品は安心と広く認識されているが、国際的な食の安全基準であるHACCPの導入が遅れるなど、安全を担保するための制度が諸外国に後れを取っている。健康食品については、欧米では日本より厳しい製造管理が義務づけられており、ガラパゴス化で多くの日本製品が海外輸出の制限を受けている状況も生まれている」と危機感を募らせた。

 AIFNの池川均理事は、「食品添加物の安全性と有用性」について講演した。「食品添加物は豊かな食生活には必要不可欠。食品添加物の指定には、膨大な量の安全性資料が要求されるが、既に指定されていても定期的に検査が行われ、問題発生を未然に防ぐための方策が取られている。仮に問題が発生しても、早急な対策が取れるような仕組みも構築されている」と説明した。

 また、日本農林規格協会の島﨑眞人専務理事は、「JAS有機食品の日本の現状~海外と比較を交えて~」をテーマに講演。「世界貿易機関(WTO)のTBT協定(貿易の技術的障害に関する協定)で、自国の規格と異なる他国の規格を同等なものとして受け入れることが、各国に求められている。日本が同等性を認めている国は現在、米国・アルゼンチン・オーストラリア・カナダ・スイス・ニュージーランド・EU加盟国となっているが、文化も風習も異なる外国の制度を同等と判断することは容易ではない」と報告した。

【藤田 勇一】

おススメ記事

レミスティック東京、お詫び広告を掲載

 (独)国民生活センターは22日、小顔矯正施術の表示で、景品表示法に基づく措置命令を受けたレミスティック東京が、新聞などに「お詫び広告」を掲載したと発表した。  レミスティック東京は、例えば2015年7月7日~16年1月 […]

2018年06月25日

消費者庁、機能性表示食品の届出4件公表

 消費者庁は22日、機能性表示食品の届出4件を公表した。公表件数は合計1,392件となった。  大正製薬(株)はサプリメント3件の届出が公表された。『中性脂肪やコレステロールが気になる方のタブレット』と『コレス&ミドルケ […]

2018年06月22日

【7/13】食安委「みんなのための食品安全勉強会」

 食品安全委員会は7月13日、一般消費者を対象とした基礎講座「みんなのための食品安全勉強会」をUMEDAI大阪梅田(大阪市北区)で開催する。定員は50人程度。参加費は無料。  食品安全の基本や、食中毒の原因となる細菌やウ […]

2018年06月22日

インデナジャパン、『ベルガモットエキス』を発売

 インデナジャパン(株)は21日、健康食品素材の『ベルガモットエキス』を発売すると発表した。  ベルガモットは、イタリア・カラブリア地方の柑橘類に属する植物であるシトラスベルガミアで、紅茶のアールグレイの香料などに使用さ […]

豪州、3製品から医薬品成分を検出

 (国研)医薬基盤・健康・栄養研究所はこのほど、オーストラリア保健省薬品・医薬品行政局(TGA)が医薬品成分を含む健康食品について注意喚起したことを公表した。  『Bulbao Male Enhancer tablets […]