健康情報ニュース.com >  健康食品  > 企業 > 問題が指摘された「塗るグルコサミン」の広告を全国紙でも
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年05月16日

問題が指摘された「塗るグルコサミン」の広告を全国紙でも

<問い合わせ窓口では「痛みを抑える商品」と説明>

 肌に塗るグルコサミン『ふし自慢 塗るタイプ』の山陽新聞に掲載された広告をめぐり、適格消費者団体の消費者ネットおかやまから、広告掲載の中止を求められている(有)野草酵素(東京都渋谷区、金井貴義代表)は16日、東京新聞(朝刊)にも同様の広告を掲載した。

 東京新聞に掲載された広告では、膝に同商品を塗っている写真とともに、「塗るだけでスーッとかる~く」、「歩いたり、立ち上がるだけでも感じる、その悩みに。」などの文言が躍る。

 また、75歳女性の写真とともに、「動かすだけでもきついのに」、「えっ?塗るだけで本当!?」と記載している。さらに、この女性の体験談として、「階段でつまずいてからです。一歩目を踏み出すのが怖くて、『えい!』と気合いを入れないと歩き出せない。(中略)『もう歳だし、そろそろ支えが必要かな…』と、あきらめていました」と歩くのがつらい状況を説明。同商品を使用した結果、「ぽかぽか温かくなって気持ちいいんです。試しにそ~っと動かしてみると、あの違和感を感じない。『これは本物だ!』と思いました。数日後にはすーっと立ち上がれるくらい楽になったんですよ!」と効果を強調している。

 記者は新聞広告に記載されている問い合わせ先に電話し、所属先・氏名などを伝えた上で、同商品について質問した。対応に出た女性は、同商品は医薬品ではないと説明。「温感成分で血流がよくなって、痛みを抑える商品」、「痛みを完全に取れるというわけではなく、(痛みを)抑える」と話した。

 医薬品でない商品について、「痛みを抑える」などの医薬品的な効能効果を告げることは、口頭であっても医薬品医療機器等法に抵触すると考えられる。

 同社は(公社)日本通信販売協会(JADMA)の加盟企業。問い合わせ窓口での口頭による説明について、JADMAに確認したところ、「(一般論として)口頭も表示に当たるため、医薬品的効能効果を話すことは薬機法上NGとなることは明らか」と話している。

 同社のホームページにある電話番号も問い合わせ先と同じであるため、前述の窓口対応者を通じて、同社に取材を申し入れたが、担当者につながらなかった。

【木村 祐作】

おススメ記事

消費者志向自主宣言企業、キッコーマンなど2社が参加

 消費者庁は18日、消費者志向自主宣言企業の第2次募集の結果、キッコーマン(株)と日本電気(株)の2社から自主宣言が届け出されたと発表した。  これは、企業が自主的に消費者志向経営を行うことを宣言し、宣言内容に沿った取り […]

キューサイ、粉末タイプの青汁を期間限定販売

 キューサイ(株)(本社:福岡市中央区、神戸聡社長、TEL:0120-327-831)は6月27日、粉末タイプ青汁『Kale de Kale Fiber』(3.5g×6本)をウェブサイトと都内2店舗で、期間限定で販売する […]

富士フイルム、馬用サプリメントを発売

 富士フイルム(株)(本社:東京都港区、助野健児社長、TEL:042-339-8920)は21日、馬用サプリメント『ピュア サラシア』(480g)を代理店経由で新発売する。  サラシノールを配合し、サラシア抽出物中の苦み […]

2018年05月18日

野菜ジュースの継続摂取で健康被害

 (国研)医薬基盤・健康・栄養研究所は17日、「カロテン」に関する安全性情報を公表した。  それによると、日本国内で47歳の男性が、1日当たり900mlの野菜ジュースを3年間にわたって摂取したところ、柑皮症を発症した。野 […]

2018年05月18日

米国でタンパク質高含有のホエイ製品が拡大

 アメリカ乳製品輸出協会(USDEC)日本事務所は18日、米国産乳由来プロテインセミナー「アクティブな毎日を支える乳由来たんぱく質―日常の食生活で手軽にホエイ摂取ができる商品提案―」を開催した。  同協会のジェフリー・マ […]