健康情報ニュース.com >  介護・病者用食品  > 行政・政治 > 「液体ミルク」追加で特別用途食品制度の改正案を了承
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「液体ミルク」追加で特別用途食品制度の改正案を了承

きょう(15日)開催された特別用途食品の許可等に関する委員会の様子

 乳児用液体ミルクを特別用途食品として販売できるようにするため、消費者庁の特別用途食品の許可等に関する委員会は15日、特別用食品制度の改正案を審議し、了承した。これを受けて、消費者庁はパブリックコメントを経て、改正告示・通知を出す計画だ。

 現行制度では、「乳児用調製粉乳」の区分が設けられている。この日、消費者庁が示した案によると、告示を改正して現行の区分を「乳児用調製乳」に変更し、その下に「乳児用調製粉乳」と「乳児用調製液状乳」を置く。

 成分組成の基準については、新たに「セレン」を追加し、100キロカロリー当たりの組成を1~5.5マイクログラムとする案が示された。また、液体ミルクは薄められていることから、食品表示基準の分析法による定量が困難な場合には、「誘導結合プラズマ質量分析法」を用いることも可能とする。消費者庁の担当官は「かつてビオチンを追加したときに猶予期間を設けたように、事業者が困らないように対応したい」(食品表示企画課)と説明した。 

 液体ミルクは個別審査型となり、事業者が申請した案件ごとに消費者庁が審査し、許可を与えることになる。許可された製品には、「母乳は赤ちゃんの発育に最良の栄養です。母乳が足りないときや与えられないときに、母乳の代わりに安心してお使いください」の旨を表示できる。

 液体ミルクは常温で長期保存が可能なため、粉乳と比べて利便性が高く、母乳の代替として新たな選択肢となる。既に海外では流通されている。

【木村 祐作】

おススメ記事

消費者志向自主宣言企業、キッコーマンなど2社が参加

 消費者庁は18日、消費者志向自主宣言企業の第2次募集の結果、キッコーマン(株)と日本電気(株)の2社から自主宣言が届け出されたと発表した。  これは、企業が自主的に消費者志向経営を行うことを宣言し、宣言内容に沿った取り […]

キューサイ、粉末タイプの青汁を期間限定販売

 キューサイ(株)(本社:福岡市中央区、神戸聡社長、TEL:0120-327-831)は6月27日、粉末タイプ青汁『Kale de Kale Fiber』(3.5g×6本)をウェブサイトと都内2店舗で、期間限定で販売する […]

富士フイルム、馬用サプリメントを発売

 富士フイルム(株)(本社:東京都港区、助野健児社長、TEL:042-339-8920)は21日、馬用サプリメント『ピュア サラシア』(480g)を代理店経由で新発売する。  サラシノールを配合し、サラシア抽出物中の苦み […]

2018年05月18日

野菜ジュースの継続摂取で健康被害

 (国研)医薬基盤・健康・栄養研究所は17日、「カロテン」に関する安全性情報を公表した。  それによると、日本国内で47歳の男性が、1日当たり900mlの野菜ジュースを3年間にわたって摂取したところ、柑皮症を発症した。野 […]

2018年05月18日

米国でタンパク質高含有のホエイ製品が拡大

 アメリカ乳製品輸出協会(USDEC)日本事務所は18日、米国産乳由来プロテインセミナー「アクティブな毎日を支える乳由来たんぱく質―日常の食生活で手軽にホエイ摂取ができる商品提案―」を開催した。  同協会のジェフリー・マ […]