健康情報ニュース.com >  健康食品  > 企業 > EU新ノーベルフード制度、食経験は25年以上~AIFNセミナー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年05月11日

EU新ノーベルフード制度、食経験は25年以上~AIFNセミナー

10日に開催された記念セミナーの様子

 (一社)国際栄養食品協会(AIFN)が10日都内で開催した記念セミナーで、インターテック ヘルス サイエンシズ 日本オフィスの鏑木菜保子氏がEU(欧州連合)の「新ノーベルフード制度」をテーマに講演した。

 旧ノーベルフード制度は1997年に発効。1975年5月以前にEU域内で広く摂取されていなかった食品を対象に、安全性を評価する仕組み。評価に時間がかかることや、ほかの制度と重複することなどが問題視されていたという。

 新たな制度は今年1月1日に施行。鏑木氏は、主な変更点として規格型の認可となったことを挙げた。「旧制度の認可の対象は事業者ごと、製品ごとだったが、新制度では、当局が公的な成分規格を設定し、それに沿ったものであれば、どの企業でも販売できるようにした。日本の食品添加物の制度をイメージすればよい」と話した。

 鏑木氏は、新たな区分として『EU域外の伝統食品』を導入したことも、重要な変更点に挙げた。EU域外の伝統食品とは、EU域内で新規食品であっても、EU域外で十分な食経験があり、安全と考えられる食品をいう。「届出時に安全性データが不要となり、食経験が十分にある根拠を提出する。このため、通常の申請よりも速く認可を得られると考えられる」と述べた。 

 認可で求められる食経験の内容については、「少なくとも25年間としている。しかも、少なくとも国単位で見て国民の3分の1以上が食べていて、習慣的に摂取しているもの」と説明した。

【木村 祐作】

おススメ記事

レミスティック東京、お詫び広告を掲載

 (独)国民生活センターは22日、小顔矯正施術の表示で、景品表示法に基づく措置命令を受けたレミスティック東京が、新聞などに「お詫び広告」を掲載したと発表した。  レミスティック東京は、例えば2015年7月7日~16年1月 […]

2018年06月25日

消費者庁、機能性表示食品の届出4件公表

 消費者庁は22日、機能性表示食品の届出4件を公表した。公表件数は合計1,392件となった。  大正製薬(株)はサプリメント3件の届出が公表された。『中性脂肪やコレステロールが気になる方のタブレット』と『コレス&ミドルケ […]

2018年06月22日

【7/13】食安委「みんなのための食品安全勉強会」

 食品安全委員会は7月13日、一般消費者を対象とした基礎講座「みんなのための食品安全勉強会」をUMEDAI大阪梅田(大阪市北区)で開催する。定員は50人程度。参加費は無料。  食品安全の基本や、食中毒の原因となる細菌やウ […]

2018年06月22日

インデナジャパン、『ベルガモットエキス』を発売

 インデナジャパン(株)は21日、健康食品素材の『ベルガモットエキス』を発売すると発表した。  ベルガモットは、イタリア・カラブリア地方の柑橘類に属する植物であるシトラスベルガミアで、紅茶のアールグレイの香料などに使用さ […]

豪州、3製品から医薬品成分を検出

 (国研)医薬基盤・健康・栄養研究所はこのほど、オーストラリア保健省薬品・医薬品行政局(TGA)が医薬品成分を含む健康食品について注意喚起したことを公表した。  『Bulbao Male Enhancer tablets […]