健康情報ニュース.com >  健康食品  > 学術 > 健全な市場流通を考える会、健康食品の定義を議論
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年05月08日

健全な市場流通を考える会、健康食品の定義を議論

 「健康食品・サプリメントの健全な市場流通を考える会」(唐木英明会長)は7日、2回目の会合を都内で開催した。前回から持ち越された議題「健康食品・サプリメントの定義をめぐる問題」について引き続き討議した。定義するまでには至らなかったが、「方向性は見えてきた」(唐木会長)としている。

 定義に当たっては、国際的なハーモナイゼーションは不可欠との考え方から、米国のダイエタリーサプリメント制度、EUのフードサプリメント制度、ASEANのヘルスサプリメント制度などの主要国・地域における定義を参考に議論が進められた。米国とEUを参考にして制度化されたとされるASEANのヘルスサプリメント制度の定義が、我が国の現状に合うのではないかとの見解が示された。

 東京農業大学の清水誠教授は、「食生活の形態も我が国に比較的似ているし、最も新しいASEANの定義がフィットするのではないかと思う」と述べた。

 剤形や形状も含めた健康食品の分類、いわゆる健康食品の範囲、定義を規定する名称の問題などについては今後の課題とされた。一般加工食品については定義に含まないことにした。

 また、ASEANの定義にある「合成品由来のビタミン、ミネラル、アミノ酸、脂肪酸、酵素、プロバイオティクス、その他の生理活性物質、動物、鉱物、植物由来を含む天然由来成分の抽出物、単離成分、濃縮物、代謝産物などの合成品由来の成分については、安全性が証明されたもののみが使用可」とするという点については、「安全性が証明できたら非常に強力だが、そのためには法律が必要なのではないか。現実的な問題として法制化が無理だとすれば、我々はどうしたらよいのか」と唐木会長が注文を付けた。

 次回は7月25日、東京ビッグサイトで開催されるウェルネスフードジャパン(WFJ)展で公開討論会を行う。テーマは「健康食品の健全な発展のために我々は何をしたらいいのか?」。機能性表示食品制度の改正ガイドラインについても討論する予定。

おススメ記事

消費者志向自主宣言企業、キッコーマンなど2社が参加

 消費者庁は18日、消費者志向自主宣言企業の第2次募集の結果、キッコーマン(株)と日本電気(株)の2社から自主宣言が届け出されたと発表した。  これは、企業が自主的に消費者志向経営を行うことを宣言し、宣言内容に沿った取り […]

キューサイ、粉末タイプの青汁を期間限定販売

 キューサイ(株)(本社:福岡市中央区、神戸聡社長、TEL:0120-327-831)は6月27日、粉末タイプ青汁『Kale de Kale Fiber』(3.5g×6本)をウェブサイトと都内2店舗で、期間限定で販売する […]

富士フイルム、馬用サプリメントを発売

 富士フイルム(株)(本社:東京都港区、助野健児社長、TEL:042-339-8920)は21日、馬用サプリメント『ピュア サラシア』(480g)を代理店経由で新発売する。  サラシノールを配合し、サラシア抽出物中の苦み […]

2018年05月18日

野菜ジュースの継続摂取で健康被害

 (国研)医薬基盤・健康・栄養研究所は17日、「カロテン」に関する安全性情報を公表した。  それによると、日本国内で47歳の男性が、1日当たり900mlの野菜ジュースを3年間にわたって摂取したところ、柑皮症を発症した。野 […]

2018年05月18日

米国でタンパク質高含有のホエイ製品が拡大

 アメリカ乳製品輸出協会(USDEC)日本事務所は18日、米国産乳由来プロテインセミナー「アクティブな毎日を支える乳由来たんぱく質―日常の食生活で手軽にホエイ摂取ができる商品提案―」を開催した。  同協会のジェフリー・マ […]