健康情報ニュース.com >  自然食品  > 行政・政治 > 豪州産スーパー大麦から基準値超の殺菌剤
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

豪州産スーパー大麦から基準値超の殺菌剤

<日清シスコ、自主回収を開始>

 輸入された豪州産大麦から食品衛生法上の基準値を超える殺菌剤が検出されたことを受けて、農林水産省は3日、輸入した伊藤忠商事(株)に対し、米麦の輸入業務に関する指名停止処分を行うと発表した。最終商品メーカーの日清シスコ(株)が、同大麦を使用したシリアル商品の自主回収に乗り出す事態に発展している。

 輸入された豪州産大麦は「スーパー大麦」とも言われ、健康志向食品などに利用される。伊藤忠商事(株)が輸入し、西田精麦(株)や帝人(株)を経て、食品メーカーなどに販売されている。 

 農水省によると、3月26日に伊藤忠商事(株)から、西田精麦(株)が加工した大麦フレーク加工品を販売前のサンプルとして提供された企業が自主検査したところ、基準値を超える殺菌剤「アゾキシストロビン」が検出されたとの報告があった(基準値の0.5mg/㎏に対して2.0mg/㎏)。

 豪州産大麦の輸入は、農水省・伊藤忠商事(株)・西田精麦(株)のSBS契約に基づいて実施された。今回の事態を受けて、農水省は伊藤忠商事(株)に対し、米麦の輸入業務に関する指名停止処分を行う方針としている。農水省では「2社に対しては指示書を出したが、その先の取引企業については権限が及ばない」(政策統括官付貿易業務課)と説明。このため、最終商品の自主回収について各社の判断に委ねられる。

 原料供給会社からの報告を受けて、日清シスコ(株)は3日、シリアル『1日分のスーパー大麦グラノーラ4種の彩り果実』、『――3種のまるごと大豆』の2商品を自主回収すると発表。西田精麦も同日、ホームページ上で原因究明と再発防止策の検討などに取り組むことを発表した。また、帝人では「まず原因究明を進めるとともに、お詫びの文書を近く公表する」(広報)と話している。

 アゾキシストロビンが混入した原因については、「現在のところ不明」(政策統括官付貿易業務課)。伊藤忠商事(株)は農水省に対し、船積み前に現地の種子会社に委託したクリーニングが原因の可能性があると報告しているという。

【木村 祐作】

おススメ記事

香港衛生署、健康食品から医薬品成分検出

 (国研)医薬基盤・健康・栄養研究所は18日、香港衛生署が医薬品成分を含む健康食品について注意喚起したことを公表した。  香港衛生署が買い上げ調査を実施した結果、インターネット上で痩身効果を標ぼうして販売されていた『マッ […]

山田養蜂場、『はちみつバーモントドリンク』発売

 (株)山田養蜂場(岡山県苫田郡、山田英生代表、TEL:0120-38-38-38)は18日、健康飲料『はちみつバーモントドリンク』(125ml×24本)を直営店と通信販売サイトで発売した。  完熟ハチミツを発酵させたハ […]

2018年06月19日

天真堂、『sakuraim オールインワンクール美容液』キャンペーン実施

 医薬部外品・化粧品OEM事業の(株)天真堂(本社:東京都江東区、児玉和之社長)は29日~7月8日の期間、『sakuraim オールインワンクール美容液』のプレゼントキャンペーンを実施する。  インスタグラムで「アカウン […]

「お試し」定期購入トラブル、改正特商法の施行後も一向に減らず

<18年度は前年度を上回るペース>  昨年12月1日の改正特定商取引法の施行後も、健康食品などの「お試し」定期購入トラブルに関する消費者相談件数が一向に減少していないことが19日、健康情報ニュースの取材でわかった。  健 […]

秋田県、「あきた発酵ツーリズムロゴマーク」の使用規程を発表

 秋田県は18日、県内の発酵食品のPRを目的とする「あきた発酵ツーリズムロゴマーク」の商品使用規程を制定したと発表した。発酵食文化を誘客に活用する「あきた発酵ツーリズム」と連動した取り組みとしている。  規程によると、ロ […]