健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 機能性表示食品の届出ガイドライン改正(1)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年03月28日

機能性表示食品の届出ガイドライン改正(1)

<きょう(28日)から「糖質・糖類」の届出受付開始>

 消費者庁は28日、機能性表示食品の届出ガイドラインを改正し、公表した。機能性関与成分の対象に追加した「糖質・糖類」については、28日から届出を受け付ける。一方、「エキス等」は来年3月末をめどに運用を開始する計画だ。届出ガイドライン改正にともなって、「機能性表示食品に関する質疑応答集」も見直した。

 糖質・糖類は、主にエネルギー源となるブドウ糖・果糖・ガラクトース・ショ糖・乳糖・麦芽糖などを除いたものを機能性関与成分の対象とする。届出ガイドラインで、対象となり得る糖質の事例としてキシリトール、エリスリトール、フラクトオリゴ糖、キシロオリゴ糖、ガラクトオリゴ糖、乳果オリゴ糖を記載。糖類の事例としてはL-アラビノース、パラチノース、ラクチュロースが挙がった。消費者庁では「これらは事例であり、その他のものも対象となり得る」(食品表示企画課)と説明している。

 質疑応答集にも、機能性関与成分となる糖質・糖類の要件を盛り込んだ。それによると、成分名の一部に「麦芽糖」や「乳糖」といった名称が含まれていても、エネルギー源とならない場合は排除しない。

 また機能性関与成分の糖質・糖類が、主にエネルギー源となるブドウ糖や果糖と共にシロップとして原材料となっているケースについては、糖類の過剰摂取を避けるために、摂取上の注意事項を記載しなければならない。

 届出ガイドラインには、糖質・糖類の安全性評価に関する規定も明記した。特定保健用食品(トクホ)の関与成分として安全性審査が行われていない糖質・糖類については、喫食実績による安全性評価に加えて、最終商品(または機能性関与成分)の安全性試験の既存情報によって評価する。安全性試験の既存情報が不十分な場合には、安全性試験を実施すると規定した。

 糖質・糖類の分析方法は、妥当性が検証されていることを要件とする。査読付き論文や公定法などの客観的に評価されたものが望ましいという。このため、分析方法の妥当性を示す資料(バリデーションデータ)の添付などを求めている。

(つづく)

【木村 祐作】

おススメ記事

2018年05月25日

【6/1】農水省、日本農林規格調査会(第1回)

 農林水産省は6月1日、「日本農林規格調査会(2018年度第1回)」を同省本館(東京都千代田区)で開催する。  議題はJAS制度の今後の展開、試験方法分科会報告など。傍聴人数は30人程度を予定している。

カネボウ化粧品、美容液『カネボウ リフト セラム』を発売

 (株)カネボウ化粧品(本社:東京都中央区、村上由泰社長)は9月7日、美容液『カネボウ リフト セラム』(医薬部外品)と『カネボウ AW マッサージ クリーム』を新発売する。  『カネボウ リフト セラム』は、年齢を重ね […]

森永乳業、タニタ食堂監修のパンナコッタ風プリン発売

 森永乳業(株)(本社:東京都港区、宮原道夫社長、TEL:0120-369-744)は6月5日、(株)タニタ(本社:東京都板橋区、谷田千里社長)とコラボレーションした『タニタ食堂監修のデザート パンナコッタ風プリン ベリ […]

オーストラリア、医薬品成分を含む健康食品で注意喚起

 (国研)医薬基盤・健康・栄養研究所は24日、オーストラリア保健省薬品・医薬品行政局(TGA)が医薬品成分を含む健康食品『Hypnotic poisom capsules』について、国民へ注意喚起を行ったことを公表した。 […]

ノエビア、有胞子性乳酸菌のサプリメント発売

 (株)ノエビア(本社:東京都港区、海田安夫社長、TEL:0120-401-001)は7月5日、有胞子性乳産菌を配合したサプリメント『ノエビア 乳酸菌 BC』(1.5g×30包)を全国の販売店と通信販売で発売する。  有 […]