健康情報ニュース.com >  化粧品  > 企業 > ジョンマスターオーガニック、消費者機構日本の返金要請に応じる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年03月19日

ジョンマスターオーガニック、消費者機構日本の返金要請に応じる

<成分表示ミスの対応で消費者から不満>

 特定適格消費者団体の認定NPO法人消費者機構日本(東京都千代田区)は16日、成分表示のミスによりシャンプーなどを自主回収している(株)ジョンマスターオーガニックグループ(本社:東京都渋谷区、マーク・フィリップ・ワイマン代表)が、消費者からの返金要請に応じる措置を取ったと公表した。

 同社は昨年9月21日と10月5日にホームページ上で、成分表示に不備があったとして、シャンプー類やコンディショナー類などの自主回収を発表。しかし、消費者機構日本には、複数の消費者から「事業者側の対応は、正しい成分表示のラベルを貼った商品との交換のみで、現金での返金は受け付けないとしており不満。現金での返金が本来されるべきではないか」という苦情が寄せられていた。

 苦情を受けて、消費者機構日本は昨年11月1日、同社に返金措置を求める「要請・問い合わせ」を送付。そのなかで、消費者契約法上の不実告知、景品表示法上の優良誤認の問題があると説明。消費者が消費者契約法に基づき売買契約を取り消して、返金を求める場合には、返金しなければならないと指摘した。

 その後、話し合いを重ねた結果、同社の代理人からこのほど、「自主回収に関する追加対応として、クーポンへの変換または返金を追加する」との連絡が寄せられたという。同社のホームページ上でもその旨が公表された。

 消費者機構日本では一定の評価をしつつも、返金には旧ラベルのある容器が必要となる点や、返金措置の公表前に商品を交換した消費者がいる点を問題視。取材で「返金に空ボトルが必要としているが、恐らく捨てていると思われ、返金を受けられない人も出てくる。また、商品を交換した消費者のなかには、(その時点では)選択肢がなく、やむなく交換に応じた人もいると思われる」(事務局)と説明している。今後の取り組み方針については、「消費者から不満が出てきた場合、引き続き対応を求める。購入者の反応などを見て、対応を検討したい」という。

 一方、同社は「空ボトルやレシートなどが返金の条件。それ以外については個別対応となる」(担当窓口)と話している。

【木村 祐作】

おススメ記事

「全国発酵食品サミット in NAGANO」委託者を募集

 長野県食品製造業振興ビジョン推進協議会は24日、今年11月16~18日まで開催する「全国発酵食品サミット in NAGANO」の業務委託者を公募型プロポーザル方式によって募集すると発表した。5月14日に事前説明会を開く […]

北都製薬、外用炎症鎮痛剤を自主回収

 (独)医薬品医療機器総合機構は24日、北都製薬(株)(北海道札幌市)による外用炎症鎮痛剤『ネオ・パスタノーゲン』の自主回収情報を公表した。  同社のホームページによると、承認書に基づく製品試験の一部を行わずに出荷したこ […]

日清ヨーク、アルギニン配合の『ピルクルGOLD』登場

 日清ヨーク(株)(本社:東京都中央区、前田健二社長)は5月8日、乳酸菌飲料『ピルクルGOLD』(450g)を新発売する。  乳酸菌「カゼイ菌」を使用し、ローヤルゼリー・マルチビタミン・アルギニンを配合。金色のパッケージ […]

2018年04月25日

肌の生まれ変わりに重要な酵素を確認

 (株)資生堂(本社:東京都港区、魚谷雅彦代表)は24日、医師との共同研究により、コレステロール合成酵素のDHCR7(7-デヒドロコレステロール還元酵素)が肌の生まれ変わりに重要な役割を果たしていることを突き止めるととも […]

特定適格消費者団体を新たに認定、3団体に~消費者庁

 消費者庁は24日、消費者に代わって被害回復を求める権限を持つ特定適格消費者団体として、埼玉消費者被害をなくす会(池本誠司理事長)を認定したと発表した。特定適格消費者団体の認定は3件目となった。  特定適格消費者団体には […]