健康情報ニュース.com >  自然食品  > 行政・政治 > 遺伝子組み換え表示検討会が最終結論(後)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

遺伝子組み換え表示検討会が最終結論(後)

【解説】

<鍵握る再現性のある検査法の確立>

 「遺伝子組み換え表示制度に関する検討会」は昨年4月に発足。10回の会合を重ね、結論を導き出した。当初、表示義務対象品目の拡大などが焦点だった。検討会では多数の委員が、不適正な表示を監視するために事後チェックを重視。そのなかで、追加品目として挙がったのが「コーンフレーク」だった。

14日開催の最終会合では報告書(案)について議論

 調査の結果、コーンフレークについては最新の分析技術を用いれば、DNAを検出できることが判明。ところが、国立医薬品食品衛生研究所が分析法の再現性を確認するために、別の2つの分析機関で検査したところ、結果にばらつきが見られた。分析法に再現性がないことから、コーンフレークの追加が見送られたという経緯がある。

 複数の消費者代表委員は、「表示義務の対象範囲が拡大されずに残念」と悔しさを隠さない。今後、対象品目が追加されるかどうかは、再現性のある検査法の確立が鍵を握っていると言える。

 「遺伝子組み換えでない」表示のルール変更にともなって、消費者庁は国立医薬品食品衛生研究所に依頼し、新たな公定検査法を開発する。「だれがどこで実施しても、同じ結果が出る検査法を想定している」(湯川座長)という。再現性で安定感のある検査法を目指す考えだ。開発には半年~1年程度かかると予想される。

 

<「遺伝子組み換えでない」表示が激減?>

 検討会の議論を振り返ると、制度の枠組みを維持する方向性が早々と固まったため、会議を傍聴した関係者からは冷めた声も出ていた。しかし、大詰めを迎えた頃に「遺伝子組み換えでない」表示の見直しが本格化し、再び関心が高まったとみられる。現在、多数の商品で記載されている「遺伝子組み換えでない」表示が困難となるためだ。

 とくに、輸入トウモロコシを原材料に使用する企業の多くで、表示内容を改める動きが相次ぐと予想される。14日の会合後に行われた記者レクで、湯川座長は「輸入トウモロコシの場合は意図せざる混入があり、『不検出』のものは少ないと思う」との見解を述べた。

 新たな制度の下では、トウモロコシや大豆を使用した商品で「遺伝子組み換えでない」表示を行うためには、従来よりも厳格なIPハンドリングが求められそうだ。

 

<施行時期は未定>

 施行に向けて、消費者庁は説明会の開催、食品表示基準の改正、通知やQ&Aによる対応などを進める。「遺伝子組み換えでない」表示の要件などは、食品表示基準の改正で対応すると考えられる。

 今のところ、施行の時期は未定。消費者庁の担当官は「具体的な案はまだない。方向性の整理が付いたので、具体的に落とし込む作業に入り、そのなかで施行時期なども決める」(食品表示企画課)と話す。また、「経過期間を置くという方法だと、現行ルールと新ルールで『遺伝子組み換えでない』の意味合いが異なる」とし、新制度への移行の仕方も検討課題に挙げる。

 施行後、消費者庁はモニタリング調査を実施し、新たな制度の運用状況を確認する計画だ。モニタリング調査は定期的に行い、表示に対する消費者意識を把握する。「調査の結果、必要があれば(制度を再び)見直すが、順調に制度が運用されていれば見直す必要はない」(同)と説明している。

(了)

【木村 祐作】

おススメ記事

2018年06月29日

【7/18】消費者行政新未来創造オフィスシンポジウム

 消費者庁は7月18日、「消費者行政新未来創造オフィス・愛媛県・愛媛大学シンポジウム」を愛媛大学・南加記念ホール(愛媛県松山市)で開催する。定員250人、参加費は無料。  プログラムは「食べきり侍 参上!」、「学生が運営 […]

伊藤園、ポケモンパッケージの『ポケットべジ』発売

 (株)伊藤園(東京都渋谷区、本庄大介社長、TEL:0800-100-1100)は7月2日、(株)ポケモン(東京都港区、石原恒和社長)とタイアップし、パッケージにポケモンたちをデザインした野菜・果実ミックス飲料『充実野菜 […]

永谷園、黄金しじみエキス配合のみそ汁を数量限定発売

 (株)永谷園(東京都港区、飯塚弦二朗社長)は7月から、黄金しじみエキスを配合した『1杯でしじみ70個分のちから みそ汁』『――塩分控えめ』を数量限定で順次発売する。黄金しじみは、台湾の花蓮にある水産養殖専業区で育てられ […]

ル・パティシエヨコヤマ、洋菓子を自主回収

 消費者庁のリコール情報サイトは28日、(有)ル・パティシエヨコヤマ(千葉県習志野市)による洋菓子の自主回収情報を掲載した。  対象商品は『谷津干潟の卵』。アレルゲン(小麦)の記載漏れのため、自主回収している。連絡先はT […]

2018年06月29日

ビフィズス菌が産生する酸に新たな作用

 協同乳業(株)(東京都中央区、尾崎玲社長)は28日、腸内ポリアミンが複数の腸内細菌の代謝経路を経由して生合成され、その生合成経路はビフィズス菌などが産生する酸によって作動することを確認したと発表した。研究成果は学術誌『 […]