健康情報ニュース.com >  その他関連情報  > 企業 > 国センのジャパンライフ専用ダイヤル、契約額「1億円超」が15人
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国センのジャパンライフ専用ダイヤル、契約額「1億円超」が15人

 (独)国民生活センターは6日、ジャパンライフ事件の被害者に助言するため、昨年12月29日~今年1月3日までの期間に実施した「ジャパンライフ専用ダイヤル」の結果を公表した。

 寄せられた相談件数は合計273件。性別で見ると男性が27%、女性が72%、団体などが1%だった。年代別では60代が16%、70代が28%、80代27%で、60歳以上が全体の7割を占めた。

 契約購入金額は、1,000~2,500万円が68人で最多。次いで500~1,000万円が56人、2,500~5,000万円が50人で続いた。1億円超も15人を数えた。

 主な相談事例として、「磁気治療器のレンタルオーナー契約が複数あるが、事実上倒産というニュースがあり、契約先と連絡が取れない。返金してほしいが、どうすればよいか」、「家族の紹介でネックレスなどのレンタルオーナー契約をしている。事業者が倒産という噂が流れ、心配だ」などがある。

おススメ記事

香港衛生署、痩身効果をうたった4商品で注意喚起

 (国研)医薬基盤・健康・栄養研究所は16日、香港衛生署が医薬品成分を含む健康食品について注意喚起を行ったことをホームページ上で公表した。  『CA NI CAP Arm Slim』、『7 Days Slim hip & […]

明治、家庭用マーガリンで「部分水素添加油脂」不使用へ

 (株)明治(本社:東京都中央区、川村和夫社長、TEL:0120-370-369)は3月1日、家庭用マーガリン10商品に「部分水素添加油脂の不使用」、「トランス脂肪酸の低減」を訴求するロゴをパッケージに付け、リニューアル […]

2018年02月19日

健康食品の広告問題、「L-92乳酸菌」の広告を問う(前)

 健康情報ニュースは昨年11月に「健康食品の広告問題、『業界紙』の広告を問う」、今年1月にはその続編を報じ、業界紙が掲載する原料広告の違法性を指摘した。その最中、今度は全国紙に掲載された乳酸菌の広告をめぐる問題が持ち上が […]

2018年02月19日

【3/7・16】特別用途食品制度に関する説明会

 (公財)日本健康・栄養食品協会(JHNFA)は3月7日(大阪)と16日(東京)、事業者を対象に「特別用途食品制度に関する説明会」を開催する。定員は東京会場100人、大阪会場50人。受講料は協会会員と食品保健指導士(更新 […]

2018年02月19日

JHNFA、GMPで1製造所を認定

 (公財)日本健康・栄養食品協会(JHNFA)は16日、7日付で日健栄協GMP適合認定工場として1製造所を認定したと発表した。認定工場は合計136件となった。  認定されたのは、富士宮通運(株)南陵本社工場(静岡県富士宮 […]