健康情報ニュース.com >  健康食品  > 企業 > 穀物・雑穀系スーパーフードが躍進
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年01月30日

穀物・雑穀系スーパーフードが躍進

<定番化へ向けた課題とは?>

 チアシードやココナッツなどが地盤を形成し、消費者間に定着しつつあるスーパーフード市場。昨年はもち麦・大麦・アマランサス・キヌアといった穀物・雑穀系の勢いがみられた。今年、スーパーフード市場はどう進化するか。

 昨年、コンビニエンスストアでは、もち麦入りのおにぎりがヒット。大麦を加工したシリアルやグラノーラも人気商品となった。

 原料販売各社では、推奨量や必要量を消費者が手軽に取れるように、粉体にしたスーパーフードを用いたシリアルや麺などの加工食品を開発。また中食・外食で、もち麦ご飯や雑穀サラダとして提供するなど裾野を拡大している。

 穀類・雑穀系スーパーフードは食物繊維を豊富に含むことから、糖質を低減する商品の設計に使用されることも多い。東京・丸の内に今月16日~2月24日までの期間限定でオープンしたローソンの実験店舗「ローソンMC FOREST(エムシーフォレスト)店」を覗いてみた。

 店内には『ブランパン』をはじめとしたロカボマーク付き商品、もち麦入りおにぎり、糖質量を記載したサラダ、スムージーなど250商品が並ぶ。もち麦やチアシード、キヌア入りのサラダなどもあり、スーパーフードが健康的な食材として使用されている様子がうかがえる。

 今後の課題として挙がるのが、定番素材へ脱皮できるかどうか。このためには機能性成分の特定と、必要量を取るための調理方法などの情報提供が必要とされている。

 

<盛り上がる沖縄、動き始めた機能性研究>

 沖縄地域では、スーパーフードの普及・啓発に地域を挙げて取り組んでいる。シークワーサーやもずくなどが、地場のスーパーフードの代表格だ。

 沖縄スーパーフード協会(沖縄県中頭群、西大八重子理事長)は、「沖縄スーパーフード」の普及に向けた課題に、(1)毎日の食卓に届けるための食提案、(2)機能性に関する科学的根拠の整備――の2点を挙げる。

 日頃の食生活にスーパーフードを浸透させようと、琉球大学医学部による研究で示された伝統的な沖縄型食事のレシピデザインに基づき、レシピの開発を進めている。「レシピ集」を作成し、消費者への普及・啓発に取り組む考えだ。

 機能性の研究については、㈱沖縄TLOと琉球大学が連携して取り組む。機能性を確認するための臨床試験のプラットフォーム構築に向けた活動をスタートさせた。この仕組みを活用して、沖縄スーパーフードの機能性を明らかにしていくことも視野に入れる。

【越中 矢住子】

※詳細は「I.Bヘルスケア 53号」に掲載

おススメ記事

香港衛生署、痩身効果をうたった4商品で注意喚起

 (国研)医薬基盤・健康・栄養研究所は16日、香港衛生署が医薬品成分を含む健康食品について注意喚起を行ったことをホームページ上で公表した。  『CA NI CAP Arm Slim』、『7 Days Slim hip & […]

明治、家庭用マーガリンで「部分水素添加油脂」不使用へ

 (株)明治(本社:東京都中央区、川村和夫社長、TEL:0120-370-369)は3月1日、家庭用マーガリン10商品に「部分水素添加油脂の不使用」、「トランス脂肪酸の低減」を訴求するロゴをパッケージに付け、リニューアル […]

2018年02月19日

健康食品の広告問題、「L-92乳酸菌」の広告を問う(前)

 健康情報ニュースは昨年11月に「健康食品の広告問題、『業界紙』の広告を問う」、今年1月にはその続編を報じ、業界紙が掲載する原料広告の違法性を指摘した。その最中、今度は全国紙に掲載された乳酸菌の広告をめぐる問題が持ち上が […]

2018年02月19日

【3/7・16】特別用途食品制度に関する説明会

 (公財)日本健康・栄養食品協会(JHNFA)は3月7日(大阪)と16日(東京)、事業者を対象に「特別用途食品制度に関する説明会」を開催する。定員は東京会場100人、大阪会場50人。受講料は協会会員と食品保健指導士(更新 […]

2018年02月19日

JHNFA、GMPで1製造所を認定

 (公財)日本健康・栄養食品協会(JHNFA)は16日、7日付で日健栄協GMP適合認定工場として1製造所を認定したと発表した。認定工場は合計136件となった。  認定されたのは、富士宮通運(株)南陵本社工場(静岡県富士宮 […]