健康情報ニュース.com >  健康食品  > 学術 > オリザ油化、マキベリー抽出物で涙液分泌機能の低下抑制を確認
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年01月23日

オリザ油化、マキベリー抽出物で涙液分泌機能の低下抑制を確認

 オリザ油化(株)(本社:愛知県一宮市、村井弘道社長)はこのほど、マキベリー抽出物(総アントシアニン約35%、デルフィニジン約20%)を用いた動物試験で、涙腺の涙液分泌機能の低下抑制を確認したと発表した。

 試験では、ストレス性ドライアイマウスモデルを1日4時間、呼吸排泄可能な処置を施したポリプロピレン製遠沈管(容量約60ml)内に拘束し、顔面に風速0.5~1.0(m/s)の風を送った。拘束処置時間以外は、ケージ内で食餌の摂取は自由とした。

 涙液分泌量は、マウスの左右、外眼角に綿糸を15秒挿入し、綿糸が涙液の浸透で褐色に変色した長さを0.5mmの精度で測定した。測定はストレス負荷前(初期値)、ストレス負荷期間中は投与日の翌日(ストレス負荷前)に実施。左右の目の平均値を個体の涙液分泌量とした。

 8日間の反復投与を行ったところ、投与3・5・8日目にマキベリー抽出物20 mg/kg投与群では、コントロール群に比べて涙液分泌量が有意に多いことが確認されたという。

 また、マキベリー抽出物とその他のベリー系の抽出物(ビルベリーとカシス)も評価した結果、ほかの抽出物と比較してマキベリー抽出物が有意に涙液分泌量の低下を抑制することが確認されたとしている。

 試験の結果を受けて、臨床試験を異なる3種プロトコールで行っており、「いずれも良好な結果が出ている」とし、3回目の臨床試験の結果を近く発表する予定としている。

おススメ記事

香港衛生署、痩身効果をうたった4商品で注意喚起

 (国研)医薬基盤・健康・栄養研究所は16日、香港衛生署が医薬品成分を含む健康食品について注意喚起を行ったことをホームページ上で公表した。  『CA NI CAP Arm Slim』、『7 Days Slim hip & […]

明治、家庭用マーガリンで「部分水素添加油脂」不使用へ

 (株)明治(本社:東京都中央区、川村和夫社長、TEL:0120-370-369)は3月1日、家庭用マーガリン10商品に「部分水素添加油脂の不使用」、「トランス脂肪酸の低減」を訴求するロゴをパッケージに付け、リニューアル […]

2018年02月19日

健康食品の広告問題、「L-92乳酸菌」の広告を問う(前)

 健康情報ニュースは昨年11月に「健康食品の広告問題、『業界紙』の広告を問う」、今年1月にはその続編を報じ、業界紙が掲載する原料広告の違法性を指摘した。その最中、今度は全国紙に掲載された乳酸菌の広告をめぐる問題が持ち上が […]

2018年02月19日

【3/7・16】特別用途食品制度に関する説明会

 (公財)日本健康・栄養食品協会(JHNFA)は3月7日(大阪)と16日(東京)、事業者を対象に「特別用途食品制度に関する説明会」を開催する。定員は東京会場100人、大阪会場50人。受講料は協会会員と食品保健指導士(更新 […]

2018年02月19日

JHNFA、GMPで1製造所を認定

 (公財)日本健康・栄養食品協会(JHNFA)は16日、7日付で日健栄協GMP適合認定工場として1製造所を認定したと発表した。認定工場は合計136件となった。  認定されたのは、富士宮通運(株)南陵本社工場(静岡県富士宮 […]