健康情報ニュース.com >  健康食品  > 学術 > オリザ油化、マキベリー抽出物で涙液分泌機能の低下抑制を確認
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年01月23日

オリザ油化、マキベリー抽出物で涙液分泌機能の低下抑制を確認

 オリザ油化(株)(本社:愛知県一宮市、村井弘道社長)はこのほど、マキベリー抽出物(総アントシアニン約35%、デルフィニジン約20%)を用いた動物試験で、涙腺の涙液分泌機能の低下抑制を確認したと発表した。

 試験では、ストレス性ドライアイマウスモデルを1日4時間、呼吸排泄可能な処置を施したポリプロピレン製遠沈管(容量約60ml)内に拘束し、顔面に風速0.5~1.0(m/s)の風を送った。拘束処置時間以外は、ケージ内で食餌の摂取は自由とした。

 涙液分泌量は、マウスの左右、外眼角に綿糸を15秒挿入し、綿糸が涙液の浸透で褐色に変色した長さを0.5mmの精度で測定した。測定はストレス負荷前(初期値)、ストレス負荷期間中は投与日の翌日(ストレス負荷前)に実施。左右の目の平均値を個体の涙液分泌量とした。

 8日間の反復投与を行ったところ、投与3・5・8日目にマキベリー抽出物20 mg/kg投与群では、コントロール群に比べて涙液分泌量が有意に多いことが確認されたという。

 また、マキベリー抽出物とその他のベリー系の抽出物(ビルベリーとカシス)も評価した結果、ほかの抽出物と比較してマキベリー抽出物が有意に涙液分泌量の低下を抑制することが確認されたとしている。

 試験の結果を受けて、臨床試験を異なる3種プロトコールで行っており、「いずれも良好な結果が出ている」とし、3回目の臨床試験の結果を近く発表する予定としている。

おススメ記事

2018年05月25日

【6/1】農水省、日本農林規格調査会(第1回)

 農林水産省は6月1日、「日本農林規格調査会(2018年度第1回)」を同省本館(東京都千代田区)で開催する。  議題はJAS制度の今後の展開、試験方法分科会報告など。傍聴人数は30人程度を予定している。

カネボウ化粧品、美容液『カネボウ リフト セラム』を発売

 (株)カネボウ化粧品(本社:東京都中央区、村上由泰社長)は9月7日、美容液『カネボウ リフト セラム』(医薬部外品)と『カネボウ AW マッサージ クリーム』を新発売する。  『カネボウ リフト セラム』は、年齢を重ね […]

森永乳業、タニタ食堂監修のパンナコッタ風プリン発売

 森永乳業(株)(本社:東京都港区、宮原道夫社長、TEL:0120-369-744)は6月5日、(株)タニタ(本社:東京都板橋区、谷田千里社長)とコラボレーションした『タニタ食堂監修のデザート パンナコッタ風プリン ベリ […]

オーストラリア、医薬品成分を含む健康食品で注意喚起

 (国研)医薬基盤・健康・栄養研究所は24日、オーストラリア保健省薬品・医薬品行政局(TGA)が医薬品成分を含む健康食品『Hypnotic poisom capsules』について、国民へ注意喚起を行ったことを公表した。 […]

ノエビア、有胞子性乳酸菌のサプリメント発売

 (株)ノエビア(本社:東京都港区、海田安夫社長、TEL:0120-401-001)は7月5日、有胞子性乳産菌を配合したサプリメント『ノエビア 乳酸菌 BC』(1.5g×30包)を全国の販売店と通信販売で発売する。  有 […]