健康情報ニュース.com >  健康食品  > 学術 > 健康食品フォーラム、プロバイオティクスによる小児アレルギー予防など報告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年01月16日

健康食品フォーラム、プロバイオティクスによる小児アレルギー予防など報告

<複数菌の投与が効果的>

 特定非営利活動法人健康食品フォーラムは15日、健康食品セミナー「アレルギー予防と食品・栄養素」を都内で開催した。あいち小児保健医療総合センター副センター長の伊藤浩明氏は、小児アレルギーに対するプロバイオティクスを用いた予防について、単独よりも複数の菌の投与が効果的であると説明した。

業界関係者など約60人が参加

 同氏は「食物アレルギーを予防する食品・栄養素~子どもをアレルギーにしないために~」をテーマに講演。研究で、生後1カ月時の腸内細菌叢を(1)ビフィズス菌が多い群、(2)Lachnospiraceaeが多い群、(3)ビフィズス菌やラクトバチルスなどフェカリバクテリウムが少ない群の3群に分類し、アレルギーとの相関性を調べたという。その結果、(3)の群では、2歳時アトピーと4歳児喘息が多く、2歳児でアレルゲン感作が強まることがわかったと述べた。

 また、プロバイオティクスのアトピー性皮膚炎に対する予防効果について、各論文を解析した結果も報告した。ラクトバチルスやビフィズス菌など、1種類の菌種を用いた研究では予防効果が弱く、複数の菌種を用いた研究では総じて予防効果が高かったと指摘。同氏は「異なる菌種を複数配合することで有効性が高くなる」と話した。

 プロバイオティクスを用いた小児アレルギー予防の今後の方向性についても言及。私見として、腸内細菌叢を最初にスクリーニングして離乳食指導を行うことや、医療現場では多種類の菌を投与することなどを挙げた。

【越中 矢住子】

おススメ記事

2018年05月25日

【6/1】農水省、日本農林規格調査会(第1回)

 農林水産省は6月1日、「日本農林規格調査会(2018年度第1回)」を同省本館(東京都千代田区)で開催する。  議題はJAS制度の今後の展開、試験方法分科会報告など。傍聴人数は30人程度を予定している。

カネボウ化粧品、美容液『カネボウ リフト セラム』を発売

 (株)カネボウ化粧品(本社:東京都中央区、村上由泰社長)は9月7日、美容液『カネボウ リフト セラム』(医薬部外品)と『カネボウ AW マッサージ クリーム』を新発売する。  『カネボウ リフト セラム』は、年齢を重ね […]

森永乳業、タニタ食堂監修のパンナコッタ風プリン発売

 森永乳業(株)(本社:東京都港区、宮原道夫社長、TEL:0120-369-744)は6月5日、(株)タニタ(本社:東京都板橋区、谷田千里社長)とコラボレーションした『タニタ食堂監修のデザート パンナコッタ風プリン ベリ […]

オーストラリア、医薬品成分を含む健康食品で注意喚起

 (国研)医薬基盤・健康・栄養研究所は24日、オーストラリア保健省薬品・医薬品行政局(TGA)が医薬品成分を含む健康食品『Hypnotic poisom capsules』について、国民へ注意喚起を行ったことを公表した。 […]

ノエビア、有胞子性乳酸菌のサプリメント発売

 (株)ノエビア(本社:東京都港区、海田安夫社長、TEL:0120-401-001)は7月5日、有胞子性乳産菌を配合したサプリメント『ノエビア 乳酸菌 BC』(1.5g×30包)を全国の販売店と通信販売で発売する。  有 […]