健康情報ニュース.com >  健康食品  > 学術 > 健康食品フォーラム、プロバイオティクスによる小児アレルギー予防など報告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年01月16日

健康食品フォーラム、プロバイオティクスによる小児アレルギー予防など報告

<複数菌の投与が効果的>

 特定非営利活動法人健康食品フォーラムは15日、健康食品セミナー「アレルギー予防と食品・栄養素」を都内で開催した。あいち小児保健医療総合センター副センター長の伊藤浩明氏は、小児アレルギーに対するプロバイオティクスを用いた予防について、単独よりも複数の菌の投与が効果的であると説明した。

業界関係者など約60人が参加

 同氏は「食物アレルギーを予防する食品・栄養素~子どもをアレルギーにしないために~」をテーマに講演。研究で、生後1カ月時の腸内細菌叢を(1)ビフィズス菌が多い群、(2)Lachnospiraceaeが多い群、(3)ビフィズス菌やラクトバチルスなどフェカリバクテリウムが少ない群の3群に分類し、アレルギーとの相関性を調べたという。その結果、(3)の群では、2歳時アトピーと4歳児喘息が多く、2歳児でアレルゲン感作が強まることがわかったと述べた。

 また、プロバイオティクスのアトピー性皮膚炎に対する予防効果について、各論文を解析した結果も報告した。ラクトバチルスやビフィズス菌など、1種類の菌種を用いた研究では予防効果が弱く、複数の菌種を用いた研究では総じて予防効果が高かったと指摘。同氏は「異なる菌種を複数配合することで有効性が高くなる」と話した。

 プロバイオティクスを用いた小児アレルギー予防の今後の方向性についても言及。私見として、腸内細菌叢を最初にスクリーニングして離乳食指導を行うことや、医療現場では多種類の菌を投与することなどを挙げた。

【越中 矢住子】

おススメ記事

2018年06月29日

【7/18】消費者行政新未来創造オフィスシンポジウム

 消費者庁は7月18日、「消費者行政新未来創造オフィス・愛媛県・愛媛大学シンポジウム」を愛媛大学・南加記念ホール(愛媛県松山市)で開催する。定員250人、参加費は無料。  プログラムは「食べきり侍 参上!」、「学生が運営 […]

伊藤園、ポケモンパッケージの『ポケットべジ』発売

 (株)伊藤園(東京都渋谷区、本庄大介社長、TEL:0800-100-1100)は7月2日、(株)ポケモン(東京都港区、石原恒和社長)とタイアップし、パッケージにポケモンたちをデザインした野菜・果実ミックス飲料『充実野菜 […]

永谷園、黄金しじみエキス配合のみそ汁を数量限定発売

 (株)永谷園(東京都港区、飯塚弦二朗社長)は7月から、黄金しじみエキスを配合した『1杯でしじみ70個分のちから みそ汁』『――塩分控えめ』を数量限定で順次発売する。黄金しじみは、台湾の花蓮にある水産養殖専業区で育てられ […]

ル・パティシエヨコヤマ、洋菓子を自主回収

 消費者庁のリコール情報サイトは28日、(有)ル・パティシエヨコヤマ(千葉県習志野市)による洋菓子の自主回収情報を掲載した。  対象商品は『谷津干潟の卵』。アレルゲン(小麦)の記載漏れのため、自主回収している。連絡先はT […]

2018年06月29日

ビフィズス菌が産生する酸に新たな作用

 協同乳業(株)(東京都中央区、尾崎玲社長)は28日、腸内ポリアミンが複数の腸内細菌の代謝経路を経由して生合成され、その生合成経路はビフィズス菌などが産生する酸によって作動することを確認したと発表した。研究成果は学術誌『 […]