健康情報ニュース.com >  健康食品  > 企業 > 2018年年頭所感 「健美和膳」の機能性を持つ農林水産物活用の切り札に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年01月12日

2018年年頭所感 「健美和膳」の機能性を持つ農林水産物活用の切り札に

(一社)日本食品安全協会
理事長  長村 洋一 氏

  日本人の平均寿命は世界のトップクラスであり、その大きな要因の1つは明らかに日本食にあると考えられています。そこでこの事実を武器にして、日本食を軸として機能性表示を行う「明らか食品」としての「健美和膳」を世界へ広めてゆく元年としたいと思っています。

 「健美和膳」とは日本薬膳学会の定義によれば、「日本風土に根ざし、日本から発信する、いつまでも健康で美しくあるための『膳』であり、この『膳』に求められるものは、『おいしさ』に加え『どのように健康に寄与するか』を示すエビデンスである」とあります。言い換えれば、食材が示すエビデンスを用いて健康に寄与する「膳」を構築していくことが重要となります。

  例えば「おいしい天ぷらうどん」などを例とすると、天ぷらを「加薬」と言い、ネギ、ショウガを「薬味」と言っているように、日本食にはもともと「薬味」、「加薬」ということにより料理を構成させる習慣があります。そこで日本食にあるこの考え方を積極的に生かし「薬味、加薬」の素材として機能性食品の利用をすることです。すなわちある食材を「加薬、薬味」として「健美和膳」に用いる場合にそこに健康機能に関するエビデンスが必要であるが、法律的な観点からそのエビデンスをうたえる食品は、日本においては特別用途食品と保健機能食品のみであります。実際に私たちは保健機能食品を用いて既に100を超えるおいしいメニューを開発しました。“薬臭くない薬膳”の「健美和膳」として既に鈴鹿市民へ向けて発信を行い、好評を博しています。

  実際の機能性食品で料理の素材候補としての保健機能食品には、サバ缶、イワシ缶、麺、おかゆ、納豆、ヨーグルト、スープ、シリアル、ソーセージ、豆腐、ハム、ミカン、モヤシ、大麦、パンなどの一般食品が相当数存在しますので、地元の食材と併せてメニューを作るとなかなかおいしいメニューができます。

 昨年11月に鈴鹿医療科学大学で行った日本薬膳学会には、谭兴贵世界中医薬学会聨合会薬膳食療研究専業委員会会長をはじめ、20人の中国からの参加者がありました。谭会長は「(前述のような保健機能食品を用いて作成した)『健美和膳』こそ中国の薬膳にも不足している『科学的思考に基づいた薬膳』であるので積極的にこの学会を支援し薬膳の世界の中心的な存在にしていきたい」と絶賛されました。そして本年の薬膳学会には近隣のアジア諸国にも呼びかけることを提案しておられます。以上のような状況を生かし、「健美和膳」を機能性農林水産物の世界進出のための切り札とする元年にしたいと考えています。

 

おススメ記事

森永乳業、国連「グローバル・コンパクト」に署名

 森永乳業(株)(本社:東京都港区、宮原道夫社長)は26日、CSRの取り組みを推進するため、「国連グローバル・コンパクト(UNGC)」に署名したと発表した。  UNGCは、各企業・団体が社会の一員として行動し、持続可能な […]

テモナ、IT導入支援事業者に2年連続で認定

 サブスクリプションビジネス支援サービスを提供するテモナ(株)(本社:東京都渋谷区、佐川隼人社長、TEL:03-6635-6452)は25日、経済産業省のIT導入支援事業で、IT導入支援事業者に認定されたと発表した。これ […]

国内EC市場、16.5兆円市場に成長

 国内の消費者向け電子商取引(BtoC-EC)の市場規模が16兆5,054億円(前年比9.1%増)に拡大したことが、経済産業省が26日に発表した電子商取引に関する市場調査の結果からわかった。  物販系分野では「衣類・服飾 […]

モンテール、コラーゲン入りケーキを期間限定発売

 洋生菓子を製造・販売する(株)モンテール(本社:東京都足立区、鈴木徹哉代表、TEL:0120-46-8823)は5月9~13日までの期間限定で、コラーゲン入りスイーツ『母の日ストロベリーケーキ』を発売する。コラーゲンを […]

トマト減塩食が減塩評価指標を改善

 カゴメ(株)(本社:名古屋市中区、寺田直行社長)は25日、女子栄養大学との共同研究により、トマト減塩食を摂取することで、減塩効果指標(尿中ナトリウム/カリウム比)が大幅に改善することを確認したと発表した。  試験は、健 […]