健康情報ニュース.com >  健康食品  > 企業 > 2018年年頭所感 「健美和膳」の機能性を持つ農林水産物活用の切り札に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年01月12日

2018年年頭所感 「健美和膳」の機能性を持つ農林水産物活用の切り札に

(一社)日本食品安全協会
理事長  長村 洋一 氏

  日本人の平均寿命は世界のトップクラスであり、その大きな要因の1つは明らかに日本食にあると考えられています。そこでこの事実を武器にして、日本食を軸として機能性表示を行う「明らか食品」としての「健美和膳」を世界へ広めてゆく元年としたいと思っています。

 「健美和膳」とは日本薬膳学会の定義によれば、「日本風土に根ざし、日本から発信する、いつまでも健康で美しくあるための『膳』であり、この『膳』に求められるものは、『おいしさ』に加え『どのように健康に寄与するか』を示すエビデンスである」とあります。言い換えれば、食材が示すエビデンスを用いて健康に寄与する「膳」を構築していくことが重要となります。

  例えば「おいしい天ぷらうどん」などを例とすると、天ぷらを「加薬」と言い、ネギ、ショウガを「薬味」と言っているように、日本食にはもともと「薬味」、「加薬」ということにより料理を構成させる習慣があります。そこで日本食にあるこの考え方を積極的に生かし「薬味、加薬」の素材として機能性食品の利用をすることです。すなわちある食材を「加薬、薬味」として「健美和膳」に用いる場合にそこに健康機能に関するエビデンスが必要であるが、法律的な観点からそのエビデンスをうたえる食品は、日本においては特別用途食品と保健機能食品のみであります。実際に私たちは保健機能食品を用いて既に100を超えるおいしいメニューを開発しました。“薬臭くない薬膳”の「健美和膳」として既に鈴鹿市民へ向けて発信を行い、好評を博しています。

  実際の機能性食品で料理の素材候補としての保健機能食品には、サバ缶、イワシ缶、麺、おかゆ、納豆、ヨーグルト、スープ、シリアル、ソーセージ、豆腐、ハム、ミカン、モヤシ、大麦、パンなどの一般食品が相当数存在しますので、地元の食材と併せてメニューを作るとなかなかおいしいメニューができます。

 昨年11月に鈴鹿医療科学大学で行った日本薬膳学会には、谭兴贵世界中医薬学会聨合会薬膳食療研究専業委員会会長をはじめ、20人の中国からの参加者がありました。谭会長は「(前述のような保健機能食品を用いて作成した)『健美和膳』こそ中国の薬膳にも不足している『科学的思考に基づいた薬膳』であるので積極的にこの学会を支援し薬膳の世界の中心的な存在にしていきたい」と絶賛されました。そして本年の薬膳学会には近隣のアジア諸国にも呼びかけることを提案しておられます。以上のような状況を生かし、「健美和膳」を機能性農林水産物の世界進出のための切り札とする元年にしたいと考えています。

 

おススメ記事

キッコーマン飲料、豆乳飲料シリーズの3商品発売

 キッコーマン飲料(株)(本社:東京都港区、藤村公苗社長、TEL:0120-1212-88)は2月19日、『キッコーマン 豆乳飲料』シリーズから「チョコミント」「ココナッツ」「シナモン」(各200ml)の3商品を新発売す […]

2018年01月23日

【3/6】東京都、講演「薬と健康食品との賢い付き合い方」

 東京都は3月6日、おくすり講座「薬と健康食品との賢い付き合い方」を東京都健康安全研究センター本館(東京都新宿区)で開催する。定員50人、参加費は無料。  講師は薬剤師・サプリメントアドバイザーの千葉一敏氏。食品と薬の違 […]

東京都、花粉飛散数 昨春の2倍程度と予測

 東京都はこのほど、今春のスギ・ヒノキの花粉飛散開始が2月10日~14日ごろになるとの予測を発表した。過去10年の平均は16日ごろで、やや早めの開始となる見込み。飛散花粉の総数については昨春の2倍程度で、過去10年の平均 […]

新・大手食品営業マンの告白~山笠太郎リターンズ(前)

SCMから5年ぶりに営業復帰  新年早々、「社長がお呼びです。社長室へお越しください」と秘書室の美樹ちゃんから内線電話が入った。いつもどおり、可憐なトーンとは裏腹に、実に事務的・機械的な言葉使いである。  あと1年は今の […]

2018年01月23日

コカ・コーラシステム、機能性表示食品『からだ巡茶 アドバンス』リニューアル

 全国のボトリング会社や日本コカ・コーラ(株)(本社:東京都渋谷区、ホルヘ・ガルドゥニョ社長、TEL:0120-308509)で構成するコカ・コーラシステムは29日、機能性表示食品の清涼飲料水『からだ巡茶 アドバンス』( […]