健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 機能性表示食品の届出件数、「予想よりも多い」が最多
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年12月26日

機能性表示食品の届出件数、「予想よりも多い」が最多

<浮かび上がった“等身大”の制度に対する評価>

 機能性表示食品制度に対する各社の取り組み方針や問題意識を把握するため、㈱データ・マックスではアンケート調査を実施した。

 アンケート調査は18年12月4日~20日までの期間、業界関係者などを対象に実施。64の企業・団体・個人などから回答を得た。

 機能性表示食品制度に対する評価を聞いたところ、「導入されて良かった」が47件で、全体の73%を占めた。「どちらでもない」は14件、「導入されない方が良かった」は3件だった。大半の関係者が同制度を評価していることがわかった。

 調査時点で、消費者庁のホームページに公表されていた届出件数は約1,200件。この件数ついては、「予想していたよりも多い」が26件で最も多く、「予想していたよりも少ない」の20件を上回った。「予想どおり」は17件だった。業界団体などを中心に、届出公表件数が少ないとの批判が出ていたが、各社の受け止め方は異なるようだ。

 これまでに実施された制度運用改善やガイドラインの見直しなど、消費者庁の取り組みを評価しているかどうかを聞いた。最も多かったのが、「どちらでもない」の24件。次いで「評価できる」が23件、「評価できない」が14件だった。この点についても業界団体を中心に不満が根強いが、今回の調査では「評価できる」が「評価できない」を大きく上回る結果となった。

 自由記述による回答のうち、主な意見を見る。「広告表示への対応なども含め、消費者に目を向けた取り組みとして理解できる」。これは、葛の花由来イソフラボンを配合した機能性表示食品の景品表示法違反事件を指した意見と思われる。「期間が短縮された点など評価できる部分もある」、「届出に対する対応スケジュールなども徐々に改善されている」といった声が寄せられた。

 一方、批判的な意見も多数寄せられた。「当初の予定では消費者庁からの返答は1~2週間と考えられていたが、最長で130日程度となり、現在は短縮されているが、それでも長いと感じる」、「届出内容のチェックに担当者による差が大きすぎる」などがある。

【木村 祐作】

※詳細は「I.Bヘルスケア52号」に掲載

おススメ記事

2018年06月29日

【7/18】消費者行政新未来創造オフィスシンポジウム

 消費者庁は7月18日、「消費者行政新未来創造オフィス・愛媛県・愛媛大学シンポジウム」を愛媛大学・南加記念ホール(愛媛県松山市)で開催する。定員250人、参加費は無料。  プログラムは「食べきり侍 参上!」、「学生が運営 […]

伊藤園、ポケモンパッケージの『ポケットべジ』発売

 (株)伊藤園(東京都渋谷区、本庄大介社長、TEL:0800-100-1100)は7月2日、(株)ポケモン(東京都港区、石原恒和社長)とタイアップし、パッケージにポケモンたちをデザインした野菜・果実ミックス飲料『充実野菜 […]

永谷園、黄金しじみエキス配合のみそ汁を数量限定発売

 (株)永谷園(東京都港区、飯塚弦二朗社長)は7月から、黄金しじみエキスを配合した『1杯でしじみ70個分のちから みそ汁』『――塩分控えめ』を数量限定で順次発売する。黄金しじみは、台湾の花蓮にある水産養殖専業区で育てられ […]

ル・パティシエヨコヤマ、洋菓子を自主回収

 消費者庁のリコール情報サイトは28日、(有)ル・パティシエヨコヤマ(千葉県習志野市)による洋菓子の自主回収情報を掲載した。  対象商品は『谷津干潟の卵』。アレルゲン(小麦)の記載漏れのため、自主回収している。連絡先はT […]

2018年06月29日

ビフィズス菌が産生する酸に新たな作用

 協同乳業(株)(東京都中央区、尾崎玲社長)は28日、腸内ポリアミンが複数の腸内細菌の代謝経路を経由して生合成され、その生合成経路はビフィズス菌などが産生する酸によって作動することを確認したと発表した。研究成果は学術誌『 […]