健康情報ニュース.com >  その他関連情報  > 行政・政治 > 農水省の来年度予算案、「産地偽装対策」「GI活用推進」など
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

農水省の来年度予算案、「産地偽装対策」「GI活用推進」など

 農林水産省の2018年度予算案は、前年並みの2兆3,021億円となった。新たな原料原産地表示制度の円滑な導入と適切な表示の確保に向けて、「産地偽装取締強化等対策」として3億円を計上。科学的な分析による産地判別を強化し、効果的な監視を行う。

 また、地理的表示(GI)保護制度の活用により、地域産品のブランド化を進めるため、「地理的表示保護制度活用総合推進事業」に2億円を当てる。

おススメ記事

2018年01月22日

健商、自社商品の臨床試験を開始

 健康食品通販業の健商(株)(本社:福岡市博多区、伊藤智章社長)は2月から、自社商品『サイレントナイト』を用いた臨床試験を開始する。  同品はリンゴ酸マグネシウム、還元型コエンザイムQ10を主原料に、ギャバ、イミダペプチ […]

2018年01月22日

厚労省、食品衛生規制の見直し骨子案でパブコメ

<HACCP制度、健康食品対策など>  厚生労働省は19日、食品衛生規制の見直しに関する骨子案について、パブリック・コメントの募集を開始した。2月7日に締め切る。  骨子案は「HACCPによる衛生管理の制度化」、「特別の […]

2018年01月22日

インフォームドチョイス認証、2社・6製品が取得

 (有)バイオヘルス リサーチ リミテッド(本社:東京都文京区、池田秀子社長)は19日、国際的アンチドーピング認証プログラム「インフォームドチョイス認証」を2社・6製品が取得したと発表した。これにより、国内の認証取得は9 […]

2018年01月22日

【2/19】GNG、健食通販ビジネスセミナー

 (株)グローバルニュートリショングループ(GNG、本社:東京都豊島区、武田猛代表)は2月19日、セミナー「健食通販ビジネスの機会と商品開発――生活者に望まれる商品とは」をあうるすぽっと(東京都豊島区)で開催する。  講 […]

続・健康食品の広告問題、「業界紙」の広告を問う(前)

<大きな反響を呼んだ連載記事>  健康情報ニュースは昨年11月、「健康食品の広告問題、『業界紙』の広告を問う」を6回にわたって報じた。健康食品の業界紙に掲載される原料広告を中心に、医薬品医療機器等法(薬機法)との関係を検 […]