健康情報ニュース.com >  その他関連情報  > 行政・政治 > 消費者庁の来年度予算案、届出DB改修や原料原産地表示対策
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

消費者庁の来年度予算案、届出DB改修や原料原産地表示対策

<消費者団体訴訟制度の機能強化、悪質商法に対応>

 政府は22日、2018年度政府予算案を閣議決定した。消費者庁の予算案(一般会計)は前年比2%減の119億3,000万円。地方消費者行政の強化、消費者の財産被害の防止・救済、食品表示の対策などを重視した。

 食品表示の対策として、9月1日に施行された新たな原料原産地表示制度の普及・啓発を行う。理解度調査や説明会開催などを予定している。特定保健用食品(トクホ)制度と機能性表示食品制度では、商品買い上げ調査を実施する。新規施策として、機能性表示食品制度の運用体制の強化を盛り込んだ。届出書類の簡素化や「エキス等」の追加に対応し、届出データベースを改修する。

 悪質商法による消費者被害の増加を受けて、消費者団体訴訟制度の機能を強化する。消費者被害の実態調査を行い、特定適格消費者団体が起こす訴訟の支援や、行政が行う注意喚起などに役立てる方針だ。

 

<特商法の大型案件に対応、担当6人増員>

 定員については、14人増員する(純増は12人)。特定商取引法関連で大型案件が増えていることを受けて、特商法等特別調査担当を6人増員。このほか、景表法端緒処理業務担当1人、消費者団体訴訟制度推進担当1人を増員する。

 また、特商法等特別調査担当の6人のうち、1人を「検事」定員とし、法務省からの出向を予定している。

【木村 祐作】

おススメ記事

2018年01月22日

健商、自社商品の臨床試験を開始

 健康食品通販業の健商(株)(本社:福岡市博多区、伊藤智章社長)は2月から、自社商品『サイレントナイト』を用いた臨床試験を開始する。  同品はリンゴ酸マグネシウム、還元型コエンザイムQ10を主原料に、ギャバ、イミダペプチ […]

2018年01月22日

厚労省、食品衛生規制の見直し骨子案でパブコメ

<HACCP制度、健康食品対策など>  厚生労働省は19日、食品衛生規制の見直しに関する骨子案について、パブリック・コメントの募集を開始した。2月7日に締め切る。  骨子案は「HACCPによる衛生管理の制度化」、「特別の […]

2018年01月22日

インフォームドチョイス認証、2社・6製品が取得

 (有)バイオヘルス リサーチ リミテッド(本社:東京都文京区、池田秀子社長)は19日、国際的アンチドーピング認証プログラム「インフォームドチョイス認証」を2社・6製品が取得したと発表した。これにより、国内の認証取得は9 […]

2018年01月22日

【2/19】GNG、健食通販ビジネスセミナー

 (株)グローバルニュートリショングループ(GNG、本社:東京都豊島区、武田猛代表)は2月19日、セミナー「健食通販ビジネスの機会と商品開発――生活者に望まれる商品とは」をあうるすぽっと(東京都豊島区)で開催する。  講 […]

続・健康食品の広告問題、「業界紙」の広告を問う(前)

<大きな反響を呼んだ連載記事>  健康情報ニュースは昨年11月、「健康食品の広告問題、『業界紙』の広告を問う」を6回にわたって報じた。健康食品の業界紙に掲載される原料広告を中心に、医薬品医療機器等法(薬機法)との関係を検 […]