健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 甲陽ケミカル、機能性表示食品の再届出へスタンバイ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年12月08日

甲陽ケミカル、機能性表示食品の再届出へスタンバイ

約90人が聴講

 甲陽ケミカル(株)(本社:東京都台東区、赫太郎社長)は、機能性表示食品の再届出の準備に入った。7日、都内で開催された薬業健康食品研究会のセミナーで、R&D事業戦略部の鶴田暁史部長が明らかにした。同社が公の場で撤回後の動きについて報告したのは、今回が初めて。

 同社は、最初の届出で採用した論文の1報「自転車競技者の軟骨及び骨代謝に関するバイオマーカーに対するグルコサミン投与の影響の評価」を改めて層別解析し、有意差を確認して新たに論文化した。同論文は査読を経て、「薬理と治療」(45巻11号)に「自転車競技選手の軟骨代謝に及ぼすグルコサミンの効果-軟骨・骨代謝マーカーを用いた層別解析-」のタイトルで掲載されている。  

 同社では再届出に向けてスタンバイしたとし、「既に研究レビューを作成済み」と説明した。

 同社は5月、機能性表示食品『グルコサミン』(届出番号:A139)と『コーヨーグルコサミン』(届出番号:A147)を機能性関与成分名称の変更を理由に撤回し、再届出に向けて準備を進めてきた。その後、同社の原料を使用した販社など、グルコサミン関連商品の撤回は現在まで11社18製品に上っている。

 機能性関与成分名称の変更を理由にする企業もあれば、研究レビューの見直しを理由とする企業、その両方を理由にする企業もある。また、グルコサミンの機能性関与成分名や同じ論文を根拠に研究レビューを届け出ている企業で、いまだに撤回していない企業もある。  

 鶴田氏は「変更しないと不備。機能性関与成分名の変更は撤回しか許されない」と消費者庁に強く迫られた経緯を報告。当時を振り返り、「撤回せざるを得なかった」と苦渋をにじませた。

 業界内では、撤回時期について企業ごとにばらつきのある消費者庁の対応に不満を抱く事業者もある。

 グルコサミンをめぐる一連の騒動について、データ・マックスは14日、大阪市内(大阪市西区)で報告会を開催する。

【田代 宏】

 

おススメ記事

消費者庁、SAKLIKITに景表法に基づく措置命令

 下着を着用するだけで、短期間に著しい痩身効果を得られると誤認させる広告を行ったとして、消費者庁は14日、(株)SAKLIKIT(大阪市中央区、安井由佳代表)に対し、景品表示法に基づく措置命令を出した。  同社は自社のウ […]

2017年12月14日

【2018/2/5】愛媛県が食品表示・安全講習会

 愛媛県は来年2月5日、食品表示・安全に関する講習会をテクノプラザ愛媛テクノホール(愛媛県松山市)で開催する。定員200人、参加費は無料。  プログラムは、県からの情報提供「食べ物の安全性について~リスクとうまく付き合う […]

鹿児島くみあい食品、賞味期限切れの漬物を自主回収

 (一財)食品産業センターの食品事故情報告知ネットは13日、鹿児島くみあい食品(株)による漬物の自主回収情報を掲載した。  今月9日に開催されたイベントの「屋外特設テント」で、賞味期限が切れた『寒干し かつお風味たくあん […]

2017年12月14日

大塚製薬、コーポレートサイトを刷新

 大塚製薬(株)は13日、使いやすさと見やすさを向上させるため、コーポレートサイトを全面リニューアルしたと発表した。  レスポンシブウェブデザインを採用し、パソコンやスマートフォン、タブレットなど多様なデバイスの画面サイ […]

島根県、若者のマルチ商法被害で注意喚起

 島根県消費者センターは13日、若者の間でマルチ商法による被害が広がっていることを受けて、「親しい間柄でもはっきりと断る」ことが必要とする注意喚起を行った。  相談事例として、20代の女性が大学時代の先輩に勧められて、浄 […]