健康情報ニュース.com >  健康食品  > 企業 > プエラリア・ミリフィカ問題、対応に追われる関係各社
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年12月06日

プエラリア・ミリフィカ問題、対応に追われる関係各社

<販売終了も相次ぐ>

 プエラリア・ミリフィカを含む健康食品について、(独)国民生活センターは今年7月13日、健康被害が多発していることから注意喚起を行った。これを受けて厚生労働省は9月22日、事業者に対して製造管理の改善などを通知。その後、関係各社ではどう対応しているのだろうか。

 プエラリア・ミリフィカ問題のその後を追跡するため、(独)国民生活センターが商品テストの対象とした12銘柄の販売企業に対し、厚労省通知への対応を含む今後の取り組み方針を聞いた。

 そのうち(株)FORDELソリューションズ(商品名『ぷるるん女神』)、(株)ミーロード(『B-UP』)、(株)ナチュラルプランツ(『プエラリア・ハーバルサプリメント』)などの4社は、商品の販売を終了したと回答。販売終了の理由については「当社の都合」などとし、具体的な話を聞くことができなかった。

 厚労省通知で求められた製造管理の改善については、「行政からの現状報告要請に対応中であるため、回答できない」((株)ディーエイチシー)、「検討中」((株)サプライフ)といった声が聞かれた。オリヒロ(株)では「行政当局より同様の調査を受けているため、回答を差し控えたい」としている。

 厚労省通知への対応について、ある関係者は次のように話している。  

 「厚労省の通知には、デオキシミロエストロールやミロエストロールなどの成分について定量分析を行うようにとあるが、国内の検査機関ではこれらの成分が検査項目にない。原料メーカーや商品を製造するGMP認定工場なども検査を実施できず、困惑している」。

 この関係者によれば、プエラリア・ミリフィカの配合商品を通販で販売する業者が増えているという。効果効能を期待させる広告を打ち、数カ月分をまとめて販売する手法で、クレームにも応じない悪質なケースがあると指摘。「こういった業者から商品を購入した消費者が健康被害に遭っているのではないか」と話している。

 通販の商品だけでなく、店頭で販売されている商品にも、バストアップなどを暗示させる表示が見られる。引き続き、消費者トラブルや健康被害情報が後を絶たない場合は、厚労省にはさらに厳しい対策が求められそうだ。

【大原 典子】

※詳細はI.Bヘルスケア51号に掲載

おススメ記事

消費者庁、SAKLIKITに景表法に基づく措置命令

 下着を着用するだけで、短期間に著しい痩身効果を得られると誤認させる広告を行ったとして、消費者庁は14日、(株)SAKLIKIT(大阪市中央区、安井由佳代表)に対し、景品表示法に基づく措置命令を出した。  同社は自社のウ […]

2017年12月14日

【2018/2/5】愛媛県が食品表示・安全講習会

 愛媛県は来年2月5日、食品表示・安全に関する講習会をテクノプラザ愛媛テクノホール(愛媛県松山市)で開催する。定員200人、参加費は無料。  プログラムは、県からの情報提供「食べ物の安全性について~リスクとうまく付き合う […]

鹿児島くみあい食品、賞味期限切れの漬物を自主回収

 (一財)食品産業センターの食品事故情報告知ネットは13日、鹿児島くみあい食品(株)による漬物の自主回収情報を掲載した。  今月9日に開催されたイベントの「屋外特設テント」で、賞味期限が切れた『寒干し かつお風味たくあん […]

2017年12月14日

大塚製薬、コーポレートサイトを刷新

 大塚製薬(株)は13日、使いやすさと見やすさを向上させるため、コーポレートサイトを全面リニューアルしたと発表した。  レスポンシブウェブデザインを採用し、パソコンやスマートフォン、タブレットなど多様なデバイスの画面サイ […]

島根県、若者のマルチ商法被害で注意喚起

 島根県消費者センターは13日、若者の間でマルチ商法による被害が広がっていることを受けて、「親しい間柄でもはっきりと断る」ことが必要とする注意喚起を行った。  相談事例として、20代の女性が大学時代の先輩に勧められて、浄 […]