健康情報ニュース.com >  その他関連情報  > 学術 > 富士フィルム、新たな皮膚感作性試験法を開発
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

富士フィルム、新たな皮膚感作性試験法を開発

 富士フィルム(株)(本社:東京都港区、助野健児社長)はこのほど、新たな皮膚感作性試験代替法「Amino acid Derivative Reactivity Assay(ADRA)」を開発したと発表した。

 皮膚感作性とは、皮膚と接触した化学物質により、アレルギー反応が誘発されて炎症を引き起こす現象。新規化学物質などの安全性評価のために行われる皮膚感作性試験では、従来、モルモットやマウスなどの実験動物が用いられていたが、近年、動物愛護の観点から「3Rの原則」と呼ばれる「できる限り動物を供する方法に代わり得るものを利用すること(Replacement)」、「できる限りその利用に供される動物の数を少なくすること(Reduction)」、「できる限り動物に苦痛を与えないこと(Refinement)」を遵守する流れにあり、動物を使用しない新たな試験方法の開発が進められている。

 「ADRA」は、化学合成力や分子設計力で新規開発した検出感度が高い反応試薬を用いるための試験方法。紫外線による高感度検出が可能なナフタレン環を有した新規アミノ酸誘導体を反応試薬に用いることで、化学物質の使用量を大幅に低減。バリデーション(妥当性検証)試験を実施した結果、従来方法の「Direct Peptide Reactivity Assay (DPRA:タンパク質の代わりとなるペプチドを反応試薬に用いた皮膚感作性試験代替法)」と比べ、約100分1の化学物質の使用量でも高精度に皮膚感作性を評価できることを確認。また、医薬品に使用されるサリチル酸など、従来の方法では反応液を分析する際にペプチドと化学物質が溶出して試験が困難だった化学物質についても評価できるとしている。

おススメ記事

日清ヨーク、アルギニン配合の『ピルクルGOLD』登場

 日清ヨーク(株)(本社:東京都中央区、前田健二社長)は5月8日、乳酸菌飲料『ピルクルGOLD』(450g)を新発売する。  乳酸菌「カゼイ菌」を使用し、ローヤルゼリー・マルチビタミン・アルギニンを配合。金色のパッケージ […]

2018年04月25日

肌の生まれ変わりに重要な酵素を確認

 (株)資生堂(本社:東京都港区、魚谷雅彦代表)は24日、医師との共同研究により、コレステロール合成酵素のDHCR7(7-デヒドロコレステロール還元酵素)が肌の生まれ変わりに重要な役割を果たしていることを突き止めるととも […]

特定適格消費者団体を新たに認定、3団体に~消費者庁

 消費者庁は24日、消費者に代わって被害回復を求める権限を持つ特定適格消費者団体として、埼玉消費者被害をなくす会(池本誠司理事長)を認定したと発表した。特定適格消費者団体の認定は3件目となった。  特定適格消費者団体には […]

2018年04月25日

JHNFA、研究レビュー受託 3年間で26件に

 (公財)日本健康・栄養食品協会(JHNFA)は24日、メディア懇談会を開き、機能性表示食品の支援事業について、開始後の3年間で研究レビューの受託件数が合計26件に上ると発表した。  支援事業は「分野別相談」と「届出支援 […]

2018年04月25日

キッコーマン飲料、機能性表示食品の野菜ジュースなど発売

 キッコーマン飲料(株)(本社:東京都港区、藤村公苗社長、TEL:0120-120358)は5月中旬から、機能性表示食品として『デルモンテ 食塩無添加トマトジュース』『――食塩無添加野菜ジュース』の2品を発売する。従来品 […]