健康情報ニュース.com >  健康食品  > 企業 > 雪印メグミルク、第2四半期決算は増収増益
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年11月10日

雪印メグミルク、第2四半期決算は増収増益

説明する西尾社長

 雪印メグミルク(株)(本社:東京都新宿区、西尾啓治社長)は9日、2018年3月期第2四半期決算説明会を本社(東京新宿区)で開催した。機能性表示食品のヨーグルトなど、高付加価値商品の戦略的な販売拡大により、連結売上高が3,035億円(前期比101.4%)、連結営業利益が110億円(同101.7%)、連結経常利益が117億円(同106%)の増収増益となった。

 飲料・デザート類のセグメントの業績は1,439億円(同100.1%)、営業利益は34億円(同106.8%)。乳酸菌「ガセリ菌SP株」の機能訴求の継続的な取り組みや、ドリンクヨーグルトの販売好調を理由に挙げた。とくに、ドリンクヨーグルトは14年度の1.9倍を売り上げるなど好調に推移。同セグメントのヨーグルトの売上構成比を見ると、ドリンクヨーグルトの比率が14年度の17%から28%へと向上している。

 また、特定保健用食品(トクホ)の『毎日骨ケアMBP』などを含む機能性食品事業は、マーケティング投資による事業規模拡大や、ポイントプログラムの導入が奏功し、上期業績が21億円(同136.1% )となった。

 機能性表示食品が順調に拡大するなか、ヨーグルトへの集中的投資を推進すると説明。好調な『恵 megumi ガセリ菌SP株ヨーグルト』の小型プラボトル2ラインを京都工場に新設し、来春の稼働後には、生産能力が発売当初の約4倍になるとしている。

 西尾啓治社長は、「現在ラインはフル操業の状態で、来年は2ライン増強する。今後一層の市場拡大に努める」と話した。

【越中 矢住子】

おススメ記事

農水省、β-クリプトキサンチンの定量法で意見募集

 農水省はこのほど、「ウンシュウミカン中のβ-クリプトキサンチンの定量――高速液体クロマトグラフ法の日本農林規格(案)」について、パブリック・コメントの募集を開始した。2月15日に締め切る。

カゴメと産総研、オープンイノベーションに向け始動

 カゴメ(株)(本社:名古屋市中区、寺田直行社長)と(国研)産業技術総合研究所(産総研)は18日、昨年10月1日付で締結した包括的共同研究契約に基づき、共同研究活動を本格的にスタートさせると発表した。  カゴメは産総研生 […]

2018年01月19日

「葛の花」事件で9社に課徴金納付命令~消費者庁

<課徴金額はステップワールドの4,893万円がトップ>  消費者庁は19日、葛の花由来イソフラボンを配合した機能性表示食品の広告で、事実と異なる痩身効果を標ぼうしていた販売会社9社に対し、景品表示法に基づく課徴金納付命令 […]

データ・マックス新年会、130人の業界関係者が参加

 (株)データ・マックスは18日、「データ・マックス新年会」を都内ホテルで開催した。ヘルスケア業界を中心とする130人の業界関係者が参加。懇親会のほか、国際政治経済学者の浜田和幸氏によるセミナーも行われた。  浜田氏は「 […]

東京都、不適正計量商品の割合 過去10年で最高

 東京都計量検定所は18日、年末期の商品量目立入検査結果を発表した。検査対象となったスーパーなどの158事業所中、不適正商品率が5%を超える事業所は23件(14.6%)、対象商品6,674点のうちラベル不適正商品は150 […]