健康情報ニュース.com > イベントニュース > 【12/15】セミナー「詳細解説!最新事例から学ぶ健康食品広告のあり方」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年11月10日

【12/15】セミナー「詳細解説!最新事例から学ぶ健康食品広告のあり方」

 (株)データ・マックスは12月15日、健康食品業界の関係者を対象に、プレミアムセミナー「詳細解説!最新事例から学ぶ健康食品広告のあり方」を都内で開催する。

 講師を務める薬事法広告研究所の稲留万希子代表が、健康食品広告の留意点について詳細に解説する。具体的な事例を挙げながら、医薬品医療機器等法・景品表示法・健康増進法上のそれぞれの留意点を説明。また、取り締まり行政の動向や、広告をめぐる直近のトピックスなどについても取り上げる。

 葛の花由来イソフラボンを配合した機能性表示食品の広告で、16社が一斉に行政処分を受けるなど、健康食品広告は社会的な関心を集めている。行政処分を受けると、消費者や取引先の信頼を失うなど企業が受けるダメージは大きく、広告表現に対する最新の情報収集がいっそう重要となっている。

本セミナーでは、年間100件を超えるセミナー・勉強会の講師をこなす健康食品広告の専門家である稲留氏が、企業コンプライアンスの向上に欠かせない最新情報を提供する。


■プレミアムセミナー「詳細解説!最新事例から学ぶ健康食品広告のあり方」

<日 時>
12月15日(金)
午後4時~6時15分(開場:3時30分)
※質疑応答あり

<会 場>
(株)データ・マックス 東京支店 セミナールーム
(東京都港区新橋4-25-6 鈴仙ビル2F)
※JR新橋駅、東京メトロ銀座線新橋駅、都営浅草線新橋駅から徒歩6分

<講演者>
薬事法広告研究所(DCアーキテクト株式会社内)
代表 稲留 万希子 氏

<プログラム>
・健康食品広告と医薬品医療機器等法上の留意点
・健康食品広告と景品表示法、健康増進法上の留意点
・直近の事例で学ぶ健康食品広告の問題点
・取り締まり行政の動向
・健康食品広告をめぐる最近のトピックス
・その他

<募集人数>
20人限定

<受講料>
一般:2万円(税込み)  I.B会員:1万円(税込み)

◆FAXでのお申し込みはこちら>>


 

おススメ記事

森永乳業、国連「グローバル・コンパクト」に署名

 森永乳業(株)(本社:東京都港区、宮原道夫社長)は26日、CSRの取り組みを推進するため、「国連グローバル・コンパクト(UNGC)」に署名したと発表した。  UNGCは、各企業・団体が社会の一員として行動し、持続可能な […]

テモナ、IT導入支援事業者に2年連続で認定

 サブスクリプションビジネス支援サービスを提供するテモナ(株)(本社:東京都渋谷区、佐川隼人社長、TEL:03-6635-6452)は25日、経済産業省のIT導入支援事業で、IT導入支援事業者に認定されたと発表した。これ […]

国内EC市場、16.5兆円市場に成長

 国内の消費者向け電子商取引(BtoC-EC)の市場規模が16兆5,054億円(前年比9.1%増)に拡大したことが、経済産業省が26日に発表した電子商取引に関する市場調査の結果からわかった。  物販系分野では「衣類・服飾 […]

モンテール、コラーゲン入りケーキを期間限定発売

 洋生菓子を製造・販売する(株)モンテール(本社:東京都足立区、鈴木徹哉代表、TEL:0120-46-8823)は5月9~13日までの期間限定で、コラーゲン入りスイーツ『母の日ストロベリーケーキ』を発売する。コラーゲンを […]

トマト減塩食が減塩評価指標を改善

 カゴメ(株)(本社:名古屋市中区、寺田直行社長)は25日、女子栄養大学との共同研究により、トマト減塩食を摂取することで、減塩効果指標(尿中ナトリウム/カリウム比)が大幅に改善することを確認したと発表した。  試験は、健 […]