健康情報ニュース.com >  その他関連情報  > 学術 > 成人期のBMI増加、食道扁平上皮がんリスクを低減
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

成人期のBMI増加、食道扁平上皮がんリスクを低減

 成人期の肥満度(BMI)増加が食道扁平上皮がん発症のリスク低下と関連していることが8日、(国研)国立がん研究センターの多目的コホート(JPHC)研究でわかった。

 調査は1990~93年に全国10地域に在住していた、がんや循環器疾患に罹患していない40~69歳の男女約10万人を対象に、2012年まで追跡して行った。調査開始時のアンケート調査から現在のBMIを算出し、4つのグループ(<18.5、18.5-24.9、25-29.9、≧30)に分けて、その後の食道扁平上皮がん罹患を比較した。

 追跡開始から5年以内の罹患を除き、男女342人で食道扁平上皮がんが確認された。20歳時点から調査開始時までのBMI増加率が高い群で、食道扁平上皮がんのリスクが低下する傾向(5年間当たりBMI 1%の増加で、食道扁平上皮がんリスクが15%低下)が見られたとしている。

おススメ記事

農水省、β-クリプトキサンチンの定量法で意見募集

 農水省はこのほど、「ウンシュウミカン中のβ-クリプトキサンチンの定量――高速液体クロマトグラフ法の日本農林規格(案)」について、パブリック・コメントの募集を開始した。2月15日に締め切る。

カゴメと産総研、オープンイノベーションに向け始動

 カゴメ(株)(本社:名古屋市中区、寺田直行社長)と(国研)産業技術総合研究所(産総研)は18日、昨年10月1日付で締結した包括的共同研究契約に基づき、共同研究活動を本格的にスタートさせると発表した。  カゴメは産総研生 […]

2018年01月19日

「葛の花」事件で9社に課徴金納付命令~消費者庁

<課徴金額はステップワールドの4,893万円がトップ>  消費者庁は19日、葛の花由来イソフラボンを配合した機能性表示食品の広告で、事実と異なる痩身効果を標ぼうしていた販売会社9社に対し、景品表示法に基づく課徴金納付命令 […]

データ・マックス新年会、130人の業界関係者が参加

 (株)データ・マックスは18日、「データ・マックス新年会」を都内ホテルで開催した。ヘルスケア業界を中心とする130人の業界関係者が参加。懇親会のほか、国際政治経済学者の浜田和幸氏によるセミナーも行われた。  浜田氏は「 […]

東京都、不適正計量商品の割合 過去10年で最高

 東京都計量検定所は18日、年末期の商品量目立入検査結果を発表した。検査対象となったスーパーなどの158事業所中、不適正商品率が5%を超える事業所は23件(14.6%)、対象商品6,674点のうちラベル不適正商品は150 […]