健康情報ニュース.com >  健康食品  > 行政・政治 > 食衛法改正懇談会、「健康食品対策」など取りまとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

食衛法改正懇談会、「健康食品対策」など取りまとめ

<厚労省、健康食品の安全性確保対策を強化へ>

 15年ぶりとなる食品衛生法の改正に向けて、厚生労働省の「食品衛生法改正懇談会」(川西徹座長)は8日、法改正の方向性について検討結果を取りまとめた。これを受けて厚労省は、HACCP制度の導入、営業届出制の創設などを柱とする改正法案の作成に入る。健康食品の安全性確保対策の強化にも乗り出す構えだ。

取りまとめを行った食品衛生法改正懇談会(8日)

 健康食品の安全性確保対策は、(1)通知「錠剤、カプセル状等食品の適正な製造に係る基本的考え方について」と「錠剤、カプセル状等食品の原材料の安全性に関する自主点検ガイドライン」の順守の徹底、(2)健康食品による健康被害情報を事業者から国へ報告させる体制の構築、(3)健康食品製造業者を行政が把握する仕組みの導入――などが中心となる。

 健康食品GMPに基づく製造工程管理については、ガイドラインの順守の徹底から、義務化までの考え方が明記された。厚労省では今後、実効性がある仕組みの“落としどころ”を模索する。プエラリア・ミリフィカ健康食品で浮上した安全性・品質管理の問題などを防止できる対策を打ち出す考えだ。

 行政が健康食品企業を把握する仕組みは、製造業者を対象とする方向にある。健康食品製造業者の把握は、新たに創設する営業届出制によって行う。営業届出制の創設は、HACCP制度の導入にともなうもの。HACCPによる衛生管理を全ての食品製造業者に義務付ける際に、営業許可の対象である34業種以外の業種についても、自治体が把握できるようにする必要があるためだ。

 その一環として、健康食品製造業者も営業届出制に組み込まれる方向にある。一方、健康食品の販売業者については、「すべからく健康食品販売業者も対象とすることは難しいところもある」(生活衛生・食品安全企画課)と慎重な姿勢を示している。

 長期的な課題として、食経験がない食品や摂取方法(濃縮など)について、発売前にリスクを評価する仕組みの検討を挙げた。これはEU(欧州連合)のノーベルフーズ制度を想定したもの。今回の法改正には反映されない。

 このほか、食品衛生法に基づく「暫定流通禁止措置」の柔軟な運用や、健康食品の正しい情報を消費者に伝えるためのリスクコミュニケーション強化なども盛り込まれた。

【木村 祐作】

おススメ記事

原料原産地表示の消費者理解度、「55%」目標に

 消費者委員会本会議は24日、消費者庁が行う食品表示制度の周知活動について議論した。加工食品の原料原産地表示制度について消費者庁は、経過措置期間が終了する2022年3月末時点で、消費者の理解度(制度の中身まで理解している […]

フォーデイズに特商法違反で取引停止命令~消費者庁

<「ガンが治った」「目が治る」など告げて勧誘>  「ガンが治った人もいる」などと事実と異なる効能効果を告げて、健康飲料を販売したとして、消費者庁は24日、連鎖販売取引業者のフォーデイズ(株)(東京都中央区、和田桂子代表) […]

富士フィルム、新たな皮膚感作性試験法を開発

 富士フィルム(株)(本社:東京都港区、助野健児社長)はこのほど、新たな皮膚感作性試験代替法「Amino acid Derivative Reactivity Assay(ADRA)」を開発したと発表した。  皮膚感作性 […]

2017年11月24日

【2018/2/8】飲食店向け「食物アレルギー対策講習会」

 東京都は来年2月8日、飲食店向け「食物アレルギー対策講習会」を銀座ブロッサム(東京都中央区)で開催する。定員900人、参加費は無料。  プログラム内容は「知らないではすまされない、食物アレルギーとアナフィラキシー」(昭 […]

2017年11月24日

ネムノキ樹皮抽出物に睡眠の質改善作用

 コンビ(株)(本社:東京都台東区、五嶋啓伸社長)ファンクショナルフーズ事業部はこのほど、臨床試験によって、ネムノキ樹皮抽出物に睡眠の質を改善する作用があることを確認したと発表した。  25~46歳の男女5人を対象に、ク […]