健康情報ニュース.com >  健康食品  > 行政・政治 > 食衛法改正懇談会、「健康食品対策」など取りまとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

食衛法改正懇談会、「健康食品対策」など取りまとめ

<厚労省、健康食品の安全性確保対策を強化へ>

 15年ぶりとなる食品衛生法の改正に向けて、厚生労働省の「食品衛生法改正懇談会」(川西徹座長)は8日、法改正の方向性について検討結果を取りまとめた。これを受けて厚労省は、HACCP制度の導入、営業届出制の創設などを柱とする改正法案の作成に入る。健康食品の安全性確保対策の強化にも乗り出す構えだ。

取りまとめを行った食品衛生法改正懇談会(8日)

 健康食品の安全性確保対策は、(1)通知「錠剤、カプセル状等食品の適正な製造に係る基本的考え方について」と「錠剤、カプセル状等食品の原材料の安全性に関する自主点検ガイドライン」の順守の徹底、(2)健康食品による健康被害情報を事業者から国へ報告させる体制の構築、(3)健康食品製造業者を行政が把握する仕組みの導入――などが中心となる。

 健康食品GMPに基づく製造工程管理については、ガイドラインの順守の徹底から、義務化までの考え方が明記された。厚労省では今後、実効性がある仕組みの“落としどころ”を模索する。プエラリア・ミリフィカ健康食品で浮上した安全性・品質管理の問題などを防止できる対策を打ち出す考えだ。

 行政が健康食品企業を把握する仕組みは、製造業者を対象とする方向にある。健康食品製造業者の把握は、新たに創設する営業届出制によって行う。営業届出制の創設は、HACCP制度の導入にともなうもの。HACCPによる衛生管理を全ての食品製造業者に義務付ける際に、営業許可の対象である34業種以外の業種についても、自治体が把握できるようにする必要があるためだ。

 その一環として、健康食品製造業者も営業届出制に組み込まれる方向にある。一方、健康食品の販売業者については、「すべからく健康食品販売業者も対象とすることは難しいところもある」(生活衛生・食品安全企画課)と慎重な姿勢を示している。

 長期的な課題として、食経験がない食品や摂取方法(濃縮など)について、発売前にリスクを評価する仕組みの検討を挙げた。これはEU(欧州連合)のノーベルフーズ制度を想定したもの。今回の法改正には反映されない。

 このほか、食品衛生法に基づく「暫定流通禁止措置」の柔軟な運用や、健康食品の正しい情報を消費者に伝えるためのリスクコミュニケーション強化なども盛り込まれた。

【木村 祐作】

おススメ記事

2018年02月19日

JHNFA、GMPで1製造所を認定

 (公財)日本健康・栄養食品協会(JHNFA)は16日、7日付で日健栄協GMP適合認定工場として1製造所を認定したと発表した。認定工場は合計136件となった。  認定されたのは、富士宮通運(株)南陵本社工場(静岡県富士宮 […]

日本マクドナルド、初のトクホ飲料導入

 日本マクドナルド(株)(本社:東京都新宿区、サラ・エル・カサノバ社長兼CEO、TEL:0120-010-916)は20日、サントリー食品インターナショナル(株)がファストフード店向けに提供する特定保健用食品(トクホ)の […]

2018年02月19日

L&K、薬機法に抵触する歯磨き粉を自主回収

 (独)医薬品医療機器総合機構(PMDA)は16日、(株)L&K(東京都新宿区)による歯磨き粉の自主回収情報を掲載した。  対象商品は『VTG歯磨き粉 ホワイト』『――ブラック』。2製品ともに出荷時期は2017年12月と […]

2018年02月19日

消費者庁、機能性表示食品で新たに届出2件

 消費者庁は16日、機能性表示食品の届出2件を公表した。公表されている届出件数は合計1,303件に上る。  (株)テクノフーズのサプリメント『テクノHMB』は、3-ヒドロキシ-3-メチルブチレートを配合。「筋肉量や筋力の […]

GM表示制度検討会、新たな表示ルールを導入

<公定検査法の確立など今後の課題に>  消費者庁の「遺伝子組み換え表示制度に関する検討会」(座長・湯川剛一郎氏)は16日、遺伝子組み換え(GM)表示制度の見直しの方向性を示した報告書(素案)について議論した。3月14日に […]