健康情報ニュース.com >  健康食品  > 行政・政治 > 食衛法改正懇談会、「健康食品対策」など取りまとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

食衛法改正懇談会、「健康食品対策」など取りまとめ

<厚労省、健康食品の安全性確保対策を強化へ>

 15年ぶりとなる食品衛生法の改正に向けて、厚生労働省の「食品衛生法改正懇談会」(川西徹座長)は8日、法改正の方向性について検討結果を取りまとめた。これを受けて厚労省は、HACCP制度の導入、営業届出制の創設などを柱とする改正法案の作成に入る。健康食品の安全性確保対策の強化にも乗り出す構えだ。

取りまとめを行った食品衛生法改正懇談会(8日)

 健康食品の安全性確保対策は、(1)通知「錠剤、カプセル状等食品の適正な製造に係る基本的考え方について」と「錠剤、カプセル状等食品の原材料の安全性に関する自主点検ガイドライン」の順守の徹底、(2)健康食品による健康被害情報を事業者から国へ報告させる体制の構築、(3)健康食品製造業者を行政が把握する仕組みの導入――などが中心となる。

 健康食品GMPに基づく製造工程管理については、ガイドラインの順守の徹底から、義務化までの考え方が明記された。厚労省では今後、実効性がある仕組みの“落としどころ”を模索する。プエラリア・ミリフィカ健康食品で浮上した安全性・品質管理の問題などを防止できる対策を打ち出す考えだ。

 行政が健康食品企業を把握する仕組みは、製造業者を対象とする方向にある。健康食品製造業者の把握は、新たに創設する営業届出制によって行う。営業届出制の創設は、HACCP制度の導入にともなうもの。HACCPによる衛生管理を全ての食品製造業者に義務付ける際に、営業許可の対象である34業種以外の業種についても、自治体が把握できるようにする必要があるためだ。

 その一環として、健康食品製造業者も営業届出制に組み込まれる方向にある。一方、健康食品の販売業者については、「すべからく健康食品販売業者も対象とすることは難しいところもある」(生活衛生・食品安全企画課)と慎重な姿勢を示している。

 長期的な課題として、食経験がない食品や摂取方法(濃縮など)について、発売前にリスクを評価する仕組みの検討を挙げた。これはEU(欧州連合)のノーベルフーズ制度を想定したもの。今回の法改正には反映されない。

 このほか、食品衛生法に基づく「暫定流通禁止措置」の柔軟な運用や、健康食品の正しい情報を消費者に伝えるためのリスクコミュニケーション強化なども盛り込まれた。

【木村 祐作】

おススメ記事

2018年06月20日

美容で「ナッツ類・ドライフルーツ」が人気

 挙式の経験がある、または予定している20~30代女性では、美容のために「ナッツ類・ドライフルーツ」を食べる人が多いことが、ワタベウェディング(株)(京都市下京区、花房伸晃代表)の調査で浮かび上がった。  調査は今年5月 […]

亀田製菓、『柿の種』を自主回収

 亀田製菓(株)(佐藤勇社長、新潟市江南区)は19日、『亀田の柿の種』2品を自主回収すると発表した。  対象製品は『86g 亀田の柿の種』(JOY PACK)(賞味期限2018年9月26日と9月27日)、『90g 亀田の […]

えひめ消費者ネット、18団体目の適格消費者団体に認定

 消費者庁は19日、特定非営利活動法人えひめ消費者ネット(愛媛県松山市、野垣康之理事長)を適格消費者団体として新たに認定した。適格消費者団体は合計18団体となった。  適格消費者団体は一般消費者の利益を守るために、不当な […]

2018年06月20日

ファンケル、機能性表示食品『歩くサプリ』を発売

 (株)ファンケル(神奈川県横浜市、島田和幸社長、TEL:0120-750-210)は7月19日、機能性表示食品のサプリメント『歩くサプリ』を発売する。  機能性関与成分はロイシン40%配合必須アミノ酸。「足の曲げ伸ばし […]

2018年06月20日

機能性表示食品の届出4件を撤回

 消費者庁は19日、(株)栗山米菓と(株)東洋新薬による機能性表示食品の撤回届4件を公表した。  (株)栗山米菓は、菓子『大麦のチカラ まろやか塩味』と『――まろやか醤油味』の撤回届が公表された。2件とも、終売となったこ […]