健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 「葛の花」機能性表示食品で16社に措置命令(前)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年11月07日

「葛の花」機能性表示食品で16社に措置命令(前)

説明する消費者庁の担当官(7日)

<機能性表示食品で初の景表法違反>

 葛の花由来イソフラボンを配合した機能性表示食品の広告で、事実と異なる痩身効果をうたったとして、消費者庁は7日、販売業者16社に対し、景品表示法に基づく措置命令を出した。機能性表示食品で措置命令が出されたのは初のケース。また、一挙に16社を対象としたことも食品分野では初めてという。

 措置命令が出されたのは次の16社・19商品。

(株)太田胃散(『葛の花イソフラボン貴妃』など2商品)

(株)オンライフ(『slimfor(スリムフォー)』)

(株)CDグローバル(『葛の花イソフラボン青汁』)

(株)全日本通教(『葛の花減脂粒』)

ありがとう通販(株)(『青汁ダイエットン』)

(株)ECスタジオ(『イージースムージーグリーン』)

(株)協和(『ウエストシェイプ』)

(株)スギ薬局(『葛の花ウエストケアタブレット』など3商品)

(株)ステップワールド(『ヘラスリム』)

(株)テレビショッピング研究所(『葛の花サプリメント』)

(株)Nalelu(『葛の花ヘルスリム27』)

(株)ニッセン(『メディスリム(12粒)』)

日本第一製薬(株)(『お腹の脂肪に葛の花イソフラボンスリム』)

(株)ハーブ健康本舗(『シボヘール』)

ピルボックスジャパン(株)(『onaka(おなか)』)

(株)やまちや(『葛の花由来イソフラボン入り きょうの青汁』)

 各社では、インターネット上の販売サイトなどで、運動や食事制限を行わなくても、誰でも容易に痩身効果が得られると消費者を誤認させる表示を行っていた。消費者庁はこれらの広告が景表法で禁止している「優良誤認表示」に該当すると判断。各社に表示の根拠となる資料の提出を求めたが、合理的な根拠は認められなかった。

 16社のうち、太田胃散、オンライフ、CDグローバル、全日本通教の4社については、現在のところ、社告などによる周知を行っていないとし、消費者庁は広告が景表法に違反していた事実を一般消費者へ周知することや、再発防止策の構築などを命令。残りの12社については、既に全国紙などで周知しているため、再発防止策を講じることなどを命じた。

(つづく)

【木村 祐作】

おススメ記事

2018年01月22日

健商、自社商品の臨床試験を開始

 健康食品通販業の健商(株)(本社:福岡市博多区、伊藤智章社長)は2月から、自社商品『サイレントナイト』を用いた臨床試験を開始する。  同品はリンゴ酸マグネシウム、還元型コエンザイムQ10を主原料に、ギャバ、イミダペプチ […]

2018年01月22日

厚労省、食品衛生規制の見直し骨子案でパブコメ

<HACCP制度、健康食品対策など>  厚生労働省は19日、食品衛生規制の見直しに関する骨子案について、パブリック・コメントの募集を開始した。2月7日に締め切る。  骨子案は「HACCPによる衛生管理の制度化」、「特別の […]

2018年01月22日

インフォームドチョイス認証、2社・6製品が取得

 (有)バイオヘルス リサーチ リミテッド(本社:東京都文京区、池田秀子社長)は19日、国際的アンチドーピング認証プログラム「インフォームドチョイス認証」を2社・6製品が取得したと発表した。これにより、国内の認証取得は9 […]

2018年01月22日

【2/19】GNG、健食通販ビジネスセミナー

 (株)グローバルニュートリショングループ(GNG、本社:東京都豊島区、武田猛代表)は2月19日、セミナー「健食通販ビジネスの機会と商品開発――生活者に望まれる商品とは」をあうるすぽっと(東京都豊島区)で開催する。  講 […]

続・健康食品の広告問題、「業界紙」の広告を問う(前)

<大きな反響を呼んだ連載記事>  健康情報ニュースは昨年11月、「健康食品の広告問題、『業界紙』の広告を問う」を6回にわたって報じた。健康食品の業界紙に掲載される原料広告を中心に、医薬品医療機器等法(薬機法)との関係を検 […]