健康情報ニュース.com >  健康食品  > 学術 > 古賀杏林大名誉教授、PS研究会で脳機能の評価法を提案
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年11月06日

古賀杏林大名誉教授、PS研究会で脳機能の評価法を提案

質問に答える古賀良彦氏

 健康・長寿研究談話会(矢澤一良会長)は2日、第16回ホスファチジルセリン(PS)研究会を都内で開催した。

 杏林大学の古賀良彦名誉教授は、「脳機能画像による食品の効果の精神生理学的評価」と題して講演し、食品の機能性評価法を提案した。食品による脳機能への作用を検証するには主観に依存したり、テストのパフォーマンス測定では不十分とし、近赤外線スペクトロスコピーや高解像度脳波測定による評価を推奨した。医療機関で使用されているPETやSPECTによる血流測定はコストが高過ぎるとし、前述の測定法を提案した。

 講演ではスライドを交えながら測定方法を詳しく紹介。今後の課題として、「被験者の選択」、「脳機能画像の知識の修得と習熟」、「保険の加入」を挙げた。古賀氏は「優れた被験者とそれを見極めるスキルが大事」とし、いくつかの測定方法を組み合わせることが機能性評価で有効と説明した。

 ビーエイチエヌ(株)の野崎勉氏は、「続報:大豆由来ホスファチジルセリン(PS)の機能性表示について」と題して講演し、日本における機能性表示食品への取り組みと、PSの届出について消費者庁とのやり取りを報告。野崎氏は、7回目の届出資料を10月に提出したとし、12月の公開に期待していると述べた。

おススメ記事

消費者庁長官、ビワ種子の健康茶を引き続き注視

 ビワの種子を使った健康茶や健康食品について、消費者庁の岡村和美長官は20日の定例記者会見で、「現時点で重大事故の報告はないが、引き続き事故情報の収集を行う」と述べた。  (独)国民生活センターが14日に、ビワの種子を含 […]

日清オイリオグループ、鮮度のオイルシリーズ『スヌーピーボトル』発売

 日清オイリオグループ(株)(東京都中央区、久野貴久社長)は7月1日、「鮮度のオイルシリーズ」のラベルにスヌーピーのイラストを施した『スヌーピーボトル』を発売する。  同シリーズには、『日清アマニ油145gフレッシュキー […]

2018年06月20日

美容で「ナッツ類・ドライフルーツ」が人気

 挙式の経験がある、または予定している20~30代女性では、美容のために「ナッツ類・ドライフルーツ」を食べる人が多いことが、ワタベウェディング(株)(京都市下京区、花房伸晃代表)の調査で浮かび上がった。  調査は今年5月 […]

亀田製菓、『柿の種』を自主回収

 亀田製菓(株)(佐藤勇社長、新潟市江南区)は19日、『亀田の柿の種』2品を自主回収すると発表した。  対象製品は『86g 亀田の柿の種』(JOY PACK)(賞味期限2018年9月26日と9月27日)、『90g 亀田の […]

えひめ消費者ネット、18団体目の適格消費者団体に認定

 消費者庁は19日、特定非営利活動法人えひめ消費者ネット(愛媛県松山市、野垣康之理事長)を適格消費者団体として新たに認定した。適格消費者団体は合計18団体となった。  適格消費者団体は一般消費者の利益を守るために、不当な […]