健康情報ニュース.com >  健康食品  > 学術 > 古賀杏林大名誉教授、PS研究会で脳機能の評価法を提案
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年11月06日

古賀杏林大名誉教授、PS研究会で脳機能の評価法を提案

質問に答える古賀良彦氏

 健康・長寿研究談話会(矢澤一良会長)は2日、第16回ホスファチジルセリン(PS)研究会を都内で開催した。

 杏林大学の古賀良彦名誉教授は、「脳機能画像による食品の効果の精神生理学的評価」と題して講演し、食品の機能性評価法を提案した。食品による脳機能への作用を検証するには主観に依存したり、テストのパフォーマンス測定では不十分とし、近赤外線スペクトロスコピーや高解像度脳波測定による評価を推奨した。医療機関で使用されているPETやSPECTによる血流測定はコストが高過ぎるとし、前述の測定法を提案した。

 講演ではスライドを交えながら測定方法を詳しく紹介。今後の課題として、「被験者の選択」、「脳機能画像の知識の修得と習熟」、「保険の加入」を挙げた。古賀氏は「優れた被験者とそれを見極めるスキルが大事」とし、いくつかの測定方法を組み合わせることが機能性評価で有効と説明した。

 ビーエイチエヌ(株)の野崎勉氏は、「続報:大豆由来ホスファチジルセリン(PS)の機能性表示について」と題して講演し、日本における機能性表示食品への取り組みと、PSの届出について消費者庁とのやり取りを報告。野崎氏は、7回目の届出資料を10月に提出したとし、12月の公開に期待していると述べた。

おススメ記事

2018年01月18日

【2/8】データ・マックス取材報告会 「葛の花」事件

 (株)データ・マックスは2月8日、取材報告会「『葛の花』機能性表示食品の景表法違反事件~広告のどの点が問題となったのか?措置命令後の各社の動向は?」を同社の東京支店(東京都港区)で開催する。  消費者庁は昨年11月、葛 […]

ファンケル、『DHA&EPA』を刷新

 (株)ファンケル(本社:横浜市中区、島田和幸社長、TEL:0120-750-210)は2月20日、『DHA&EPA』(150粒)をリニューアル発売する。通信販売と直営店舗で展開する。  DHAとEPAの含有量を […]

2018年01月18日

【2/7】鳥取県、食品表示研修会を開催

 鳥取県は2月7日、「食品表示研修会」を米子コンベンションセンター・小ホール(米子市)で開催する。参加対象は西部地区の食品関連事業者、定員は200人。  講師は(株)わきあいあいの立原隆義社長が務める。「食品表示法に基づ […]

マルコメ、「プラス糀 糀甘酒」に大容量タイプ

 マルコメ(株)(本社:長野市安茂里、青木時男社長、TEL:0120-85-5420)は3月上旬から、『プラス糀 糀甘酒 LL1000ml 豆乳ブレンド』、『――生姜ブレンド』(1,000ml)の大容量タイプ2品を全国で […]

2018年01月18日

【1/30】ノビレチン研究会、都内でプレスセミナー開催

 ノビレチン研究会(矢澤一良会長)は30日、ノビレチンの機能性に関するプレスセミナーを都内で開催する。  ノビレチンは、シークヮーサーに豊富に含まれる機能性成分。中部大学応用生物学部の禹済泰教授と国立長寿医療研究センター […]