健康情報ニュース.com >  その他関連情報  > 学術 > 抗加齢医学会・抗加齢協会、遠隔医療をテーマにセミナー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

抗加齢医学会・抗加齢協会、遠隔医療をテーマにセミナー

関係者約50人が参加

 日本抗加齢医学会と日本抗加齢協会は1日、遠隔医療をテーマとする「eHealthセミナー」を都内で開催した。関係者ら約50人が参加した。

 経済産業省商務情報政策局ヘルスケア産業課課長補佐の岡崎慎一郎氏が、「次世代ヘルスケア産業の創出」をテーマに講演。「健康寿命と平均寿命の差が約10年あると言われているが、その差を縮めることが医療費の削減につながる。病気予防のための取り組みが必要と考えている。健康経営優良法人認定制度もその一環で、今後は新たな産業の創出のための投資が必要だ」と話した。

 同学会・同協会の副理事長を務める森下竜一氏、慶応義塾大学薬学部薬物治療学教授の齋藤英胤氏、(株)リンケージ代表の木村大地氏、帝京大学医療情報システム研究センター教授の澤智博氏による「日本の遠隔医療の現在と将来(禁煙指導)」についてパネルディスカッションが行われた。

 木村氏は「喫煙はニコチン依存症と言う病気だ。禁煙外来は現在、医師による対面での診察が中心だが、禁煙を成功させるには定期的なフォローが必要で、そういう意味では遠隔医療による禁煙指導は効果的だと感じている。禁煙指導で経験を重ねることで遠隔医療の可能性を高めていきたい」と話した。

 澤氏は「禁煙に無関心だった人でも、会社から促されたことで外来を受けている。また、診察だけではなく、メールや電話などで定期的にフォローすることが成功の秘訣」と説明。また、遠隔医療の課題について齋藤氏は、「診察を受ける患者の個人情報管理の方法や、診察を行う医師の本人確認方法をルール化する必要がある」と話した。

【藤田 勇一】

 

おススメ記事

原料原産地表示の消費者理解度、「55%」目標に

 消費者委員会本会議は24日、消費者庁が行う食品表示制度の周知活動について議論した。加工食品の原料原産地表示制度について消費者庁は、経過措置期間が終了する2022年3月末時点で、消費者の理解度(制度の中身まで理解している […]

フォーデイズに特商法違反で取引停止命令~消費者庁

<「ガンが治った」「目が治る」など告げて勧誘>  「ガンが治った人もいる」などと事実と異なる効能効果を告げて、健康飲料を販売したとして、消費者庁は24日、連鎖販売取引業者のフォーデイズ(株)(東京都中央区、和田桂子代表) […]

富士フィルム、新たな皮膚感作性試験法を開発

 富士フィルム(株)(本社:東京都港区、助野健児社長)はこのほど、新たな皮膚感作性試験代替法「Amino acid Derivative Reactivity Assay(ADRA)」を開発したと発表した。  皮膚感作性 […]

2017年11月24日

【2018/2/8】飲食店向け「食物アレルギー対策講習会」

 東京都は来年2月8日、飲食店向け「食物アレルギー対策講習会」を銀座ブロッサム(東京都中央区)で開催する。定員900人、参加費は無料。  プログラム内容は「知らないではすまされない、食物アレルギーとアナフィラキシー」(昭 […]

2017年11月24日

ネムノキ樹皮抽出物に睡眠の質改善作用

 コンビ(株)(本社:東京都台東区、五嶋啓伸社長)ファンクショナルフーズ事業部はこのほど、臨床試験によって、ネムノキ樹皮抽出物に睡眠の質を改善する作用があることを確認したと発表した。  25~46歳の男女5人を対象に、ク […]