健康情報ニュース.com >  その他関連情報  > 学術 > 抗加齢医学会・抗加齢協会、遠隔医療をテーマにセミナー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

抗加齢医学会・抗加齢協会、遠隔医療をテーマにセミナー

関係者約50人が参加

 日本抗加齢医学会と日本抗加齢協会は1日、遠隔医療をテーマとする「eHealthセミナー」を都内で開催した。関係者ら約50人が参加した。

 経済産業省商務情報政策局ヘルスケア産業課課長補佐の岡崎慎一郎氏が、「次世代ヘルスケア産業の創出」をテーマに講演。「健康寿命と平均寿命の差が約10年あると言われているが、その差を縮めることが医療費の削減につながる。病気予防のための取り組みが必要と考えている。健康経営優良法人認定制度もその一環で、今後は新たな産業の創出のための投資が必要だ」と話した。

 同学会・同協会の副理事長を務める森下竜一氏、慶応義塾大学薬学部薬物治療学教授の齋藤英胤氏、(株)リンケージ代表の木村大地氏、帝京大学医療情報システム研究センター教授の澤智博氏による「日本の遠隔医療の現在と将来(禁煙指導)」についてパネルディスカッションが行われた。

 木村氏は「喫煙はニコチン依存症と言う病気だ。禁煙外来は現在、医師による対面での診察が中心だが、禁煙を成功させるには定期的なフォローが必要で、そういう意味では遠隔医療による禁煙指導は効果的だと感じている。禁煙指導で経験を重ねることで遠隔医療の可能性を高めていきたい」と話した。

 澤氏は「禁煙に無関心だった人でも、会社から促されたことで外来を受けている。また、診察だけではなく、メールや電話などで定期的にフォローすることが成功の秘訣」と説明。また、遠隔医療の課題について齋藤氏は、「診察を受ける患者の個人情報管理の方法や、診察を行う医師の本人確認方法をルール化する必要がある」と話した。

【藤田 勇一】

 

おススメ記事

2018年06月29日

【7/18】消費者行政新未来創造オフィスシンポジウム

 消費者庁は7月18日、「消費者行政新未来創造オフィス・愛媛県・愛媛大学シンポジウム」を愛媛大学・南加記念ホール(愛媛県松山市)で開催する。定員250人、参加費は無料。  プログラムは「食べきり侍 参上!」、「学生が運営 […]

伊藤園、ポケモンパッケージの『ポケットべジ』発売

 (株)伊藤園(東京都渋谷区、本庄大介社長、TEL:0800-100-1100)は7月2日、(株)ポケモン(東京都港区、石原恒和社長)とタイアップし、パッケージにポケモンたちをデザインした野菜・果実ミックス飲料『充実野菜 […]

永谷園、黄金しじみエキス配合のみそ汁を数量限定発売

 (株)永谷園(東京都港区、飯塚弦二朗社長)は7月から、黄金しじみエキスを配合した『1杯でしじみ70個分のちから みそ汁』『――塩分控えめ』を数量限定で順次発売する。黄金しじみは、台湾の花蓮にある水産養殖専業区で育てられ […]

ル・パティシエヨコヤマ、洋菓子を自主回収

 消費者庁のリコール情報サイトは28日、(有)ル・パティシエヨコヤマ(千葉県習志野市)による洋菓子の自主回収情報を掲載した。  対象商品は『谷津干潟の卵』。アレルゲン(小麦)の記載漏れのため、自主回収している。連絡先はT […]

2018年06月29日

ビフィズス菌が産生する酸に新たな作用

 協同乳業(株)(東京都中央区、尾崎玲社長)は28日、腸内ポリアミンが複数の腸内細菌の代謝経路を経由して生合成され、その生合成経路はビフィズス菌などが産生する酸によって作動することを確認したと発表した。研究成果は学術誌『 […]