健康情報ニュース.com >  健康食品  > 企業 > 海産物のきむらや、JHFA規格基準の設定に貢献
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年10月30日

海産物のきむらや、JHFA規格基準の設定に貢献

 (株)海産物のきむらや(本社:鳥取県境港市、木村隆之社長)は、もずく製品をはじめとした水産物の加工と販売を行っている。また、島根大学や鳥取大学との共同研究で高分子もずくフコイダン開発・製造にも取り組む。

 売上上位の製品は、『味付もずく 三杯酢』、『味付糸もずく三杯酢』、『高分子フコイダン』など。今年7月、(公財)日本健康・栄養食品協会(JHNFA)が公示したフコイダン食品のJHFA規格の策定に当たっては専門部会の副会長を務め、規格基準の設定に貢献した。

 規格基準の設定について同社は、「フコイダン食品では国内外を通じて初めてのことであり、機能性表示食品への展開でもこの規格は大きな意味を持つ。消費者の立場から見ても、フコイダンと称する多種多様の商品が出回るなか、安心・安全を保証するものとしての目安となる」と話している。

 また同社は社会貢献活動にも熱心で、木村社長は10月、沖縄タイムス地域貢献賞を受賞した。

本社社屋

おススメ記事

母乳中のオステオポンチン濃度、産後日数にともない低下

<日本・中国・韓国・デンマークの4カ国による共同研究>  雪印ビーンスターク(株)(本社:東京都新宿区、平田公孝社長)は21日、日本・中国・韓国・デンマークの4カ国間の共同研究で、母乳中のオステオポンチン(OPN)濃度が […]

2018年05月22日

25-ヒドロキシビタミンD3摂取で風邪の症状軽減

 (株)ファンケル(本社:横浜市中区、島田和幸社長)は21日、「25OHDを考える会」との共同研究で、ビタミンDの代謝物である25-ヒドロキシビタミンD3(25OHD)の摂取により、風邪(上気道感染症)の症状が軽減する可 […]

2018年05月22日

イチョウ葉エキスと抗うつ薬で昏睡状態に

 (国研)医薬基盤・健康・栄養研究所は21日、素材情報データベースに、イチョウ葉エキスの安全性情報を掲載した。  イタリアでアルツハイマー型認知症の女性(80歳)が、イチョウ葉エキス(80mgを1日2回)を摂取中に、抗う […]

エバラ食品工業、「エ・バ・ラ、焼肉のたれ」のサウンドが音商標に

 エバラ食品工業(株)(本社:神奈川県横浜市、宮崎遵社長)は21日、テレビCMなどで使用している「エ・バ・ラ、焼肉のたれ」のサウンドを「音商標」として登録出願し、特許庁から許可されたと発表した。  音商標は2015年4月 […]

組み換え表示の見直しでしょうゆメーカーに公開質問状

 食の安全・監視市民委員会は21日、遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーンなどと共同でしょうゆメーカーに送った「遺伝子組み換え表示」に関する公開質問状の結果を公表した。  6社はキッコーマン(株)、ヤマサ醤油(株)、正 […]