健康情報ニュース.com >  介護・病者用食品  > 行政・政治 > 消費者庁、特別用途食品で初の措置命令
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

消費者庁、特別用途食品で初の措置命令

<たんぱく質含有量が規格値を超過>

 国の基準を満たさずに「消費者庁許可特別用途食品」などと表示し、乾麺を販売したとして、消費者庁は19日、キッセイ薬品工業(株)(長野県松本市、両角正樹代表)に対し、景品表示法に基づく措置命令を出した。特別用途食品の表示に対する措置命令は、今回が初のケースという。

 同社は2000年に『げんたそうめん』、10年に『げんたうどん』で「病者用低たんぱく質食品」として国の許可を取得。商品パッケージに「消費者庁許可特別用途食品」、「病者用 低たんぱく質食品」、「腎不全患者などに適しています」などと表示して販売していた。

 ところが、昨秋の特定保健用食品(トクホ)をめぐる日本サプリメント事件を受けて、消費者庁が特別用途食品の許可を受けた16社に調査を求めた結果、『げんたそうめん』について規格値を超えるたんぱく質が含まれていることが判明。その後、同社が過去のデータを精査したところ、『げんたうどん』でも同様の問題点が確認された。『げんたそうめん』で100g当たり2.2~2.8gの製品規格値に対し、0.1~0.4gの超過。『げんたうどん』では、同1.5~2.3gの規格値を0.1~0.2g上回っていた。

 消費者庁では、「(同社には)そもそもチェックするための手順書もなかった。また、個人(担当者)に任されていて、許容値について理解していない状況にあった」(表示対策課)と指摘。この日、同社に対し、再発防止対策の構築や社員への周知徹底などを求める措置命令を出した。

 同社はホームページ上で、「特別用途食品としての許可の要件を満たしてない製品を販売していました」とし、消費者や取引先に対して謝罪している。

【木村 祐作】

 

おススメ記事

2018年05月25日

【6/1】農水省、日本農林規格調査会(第1回)

 農林水産省は6月1日、「日本農林規格調査会(2018年度第1回)」を同省本館(東京都千代田区)で開催する。  議題はJAS制度の今後の展開、試験方法分科会報告など。傍聴人数は30人程度を予定している。

カネボウ化粧品、美容液『カネボウ リフト セラム』を発売

 (株)カネボウ化粧品(本社:東京都中央区、村上由泰社長)は9月7日、美容液『カネボウ リフト セラム』(医薬部外品)と『カネボウ AW マッサージ クリーム』を新発売する。  『カネボウ リフト セラム』は、年齢を重ね […]

森永乳業、タニタ食堂監修のパンナコッタ風プリン発売

 森永乳業(株)(本社:東京都港区、宮原道夫社長、TEL:0120-369-744)は6月5日、(株)タニタ(本社:東京都板橋区、谷田千里社長)とコラボレーションした『タニタ食堂監修のデザート パンナコッタ風プリン ベリ […]

オーストラリア、医薬品成分を含む健康食品で注意喚起

 (国研)医薬基盤・健康・栄養研究所は24日、オーストラリア保健省薬品・医薬品行政局(TGA)が医薬品成分を含む健康食品『Hypnotic poisom capsules』について、国民へ注意喚起を行ったことを公表した。 […]

ノエビア、有胞子性乳酸菌のサプリメント発売

 (株)ノエビア(本社:東京都港区、海田安夫社長、TEL:0120-401-001)は7月5日、有胞子性乳産菌を配合したサプリメント『ノエビア 乳酸菌 BC』(1.5g×30包)を全国の販売店と通信販売で発売する。  有 […]