健康情報ニュース.com >  健康食品  > 企業 > ネスレ日本とファンケル、コーヒーマシーン専用カプセルを共同開発
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年10月12日

ネスレ日本とファンケル、コーヒーマシーン専用カプセルを共同開発

握手を交わすネスレ日本の高岡社長(左)とファンケルの池森会長

<共同プロジェクト・新製品発表会を開催>

 ネスレ日本(株)(本社:神戸市中央区、高岡浩三社長)と(株)ファンケル(本社:横浜市中区、島田和幸社長)は12日、共同プロジェクト発表会を都内で開催した。両社は健康寿命延伸への貢献に向けて、それぞれの強みを生かした共同プロジェクトを始動する。第1弾として、栄養を強化したコーヒーマシーン専用カプセル『ネスレ ウェルネス 抹茶カロリミット』、『ネスレ ウェルネス 抹茶 イエロー』など8製品を共同開発した。

 8製品は、コーヒーマシーン「ネスカフェドルチェグスト」の専用カプセル。ネスレ日本が今年3月に開始した「ネスレ ウェルネス アンバサダー」の販路を通じて販売する。商品選択のためにアドバイスするソフト「食事チェック」「生活チェック」なども、ネスレ日本のホームページで提供する。

新製品の専用カプセルとネスカフェドルチェグスト

 「ネスレ ウェルネス アンバサダー」の会員数は現在1万5,000人に上る。コラボレーションした新製品の投入による会員増を見越して、ネスレ日本では新規に国内製造2ラインを設置し、製造能力を拡大している。

 ネスレ日本の高岡浩三社長は、「売上目標を重視しているわけではないが、共同開発したカプセル製品の投入により、年末までに販路となる『ネスレ ウェルネス アンバサダー』会員数を最低4万人獲得する見込み」と話した。

おススメ記事

消費者庁長官、ビワ種子の健康茶を引き続き注視

 ビワの種子を使った健康茶や健康食品について、消費者庁の岡村和美長官は20日の定例記者会見で、「現時点で重大事故の報告はないが、引き続き事故情報の収集を行う」と述べた。  (独)国民生活センターが14日に、ビワの種子を含 […]

日清オイリオグループ、鮮度のオイルシリーズ『スヌーピーボトル』発売

 日清オイリオグループ(株)(東京都中央区、久野貴久社長)は7月1日、「鮮度のオイルシリーズ」のラベルにスヌーピーのイラストを施した『スヌーピーボトル』を発売する。  同シリーズには、『日清アマニ油145gフレッシュキー […]

2018年06月20日

美容で「ナッツ類・ドライフルーツ」が人気

 挙式の経験がある、または予定している20~30代女性では、美容のために「ナッツ類・ドライフルーツ」を食べる人が多いことが、ワタベウェディング(株)(京都市下京区、花房伸晃代表)の調査で浮かび上がった。  調査は今年5月 […]

亀田製菓、『柿の種』を自主回収

 亀田製菓(株)(佐藤勇社長、新潟市江南区)は19日、『亀田の柿の種』2品を自主回収すると発表した。  対象製品は『86g 亀田の柿の種』(JOY PACK)(賞味期限2018年9月26日と9月27日)、『90g 亀田の […]

えひめ消費者ネット、18団体目の適格消費者団体に認定

 消費者庁は19日、特定非営利活動法人えひめ消費者ネット(愛媛県松山市、野垣康之理事長)を適格消費者団体として新たに認定した。適格消費者団体は合計18団体となった。  適格消費者団体は一般消費者の利益を守るために、不当な […]